Art×Nakano-アートに出会う区役所

ページID:146616331

更新日:2024年6月10日

中野区役所1階は、文化・芸術の発信拠点!
身近に文化・芸術を感じられる場所として、1階アート展示・情報発信スペース「ナカノのナカニワ」をはじめ、アートが楽しめるスポットを区役所内にご用意しています。

また、新庁舎開庁を記念し、本ページで紹介する展示をはじめ、中野区内で楽しめるアートを解説した「中野アートブック」を作成しました。こちらもあわせてご覧ください。
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。中野アートブック(PDF形式:8,377KB)
※冊子の配布は終了しました。

ナカノのナカニワ

区役所1階 ナカノのナカニワ(アート展示・情報発信スペース)では、身近に文化・芸術を感じられる空間として、常設展示と企画展示を開催しています。

赤松さん作品

2024年5月11日 開庁記念イベント ワークショップで制作

赤松さん作品

緑の昼下がり(2018)

アーティスト

赤松 加奈

解説

2024年5月7日の開庁直後から「緑の昼下がり」(2018)を展示、そして開庁記念イベントを開催した5月11日には、イベントスペース ナカノバにてワークショップを開催し、中野のまちのモチーフを思い出として残す作品をみんなで作りました。
5月25日には再びワークショップを開催し、中野の魅力を詰め込んだコラージュ作品を参加者が制作。その内容や作品をもとに、赤松さんが新作を制作し、7月下旬以降に展示予定です。

パーゴラ企画展示1

パーゴラ企画展示2

アーティスト

西尾 美也

作品名

花柄/花

展示期間

2024年7月末頃まで

解説

布や服を通して、たくさんの人と交流を重ねてきたアーティストの西尾美也。本作は、中野区新庁舎の開庁を祝す作品です。花びらの中を歩き、祝祭ある空間を体験することができます。使われている布は古着を素材にしたものです。色とりどりの布が花びらとなり、空間を彩り豊かに変容させています。かつて誰かが着ていた服にも様々な思い出が宿っていることでしょう。暮らしに思いを寄せる時間を生み出します。

社会福祉法人 愛成会(中野5丁目)のご協力により、アール・ブリュット作品を展示しています。

展示作品

  • 勝部 翔太/無題

アール・ブリュット勝部さん作品

  • 澤田 真一/無題

澤田さん作品

  • 渡邊 義紘/マンモス ほか

渡邊さん作品

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。アール・ブリュット展示ポスター(PDF形式:3,380KB)

定期的に展示替えも予定しています。今後の展示もどうぞお楽しみに。

1階区民利用会議室と、6階会議室の壁面でもアートを展示しています。
会議室利用者以外の方は普段ご覧いただけませんが、不定期に見学会を開催します。開催時にはこちらのページでご案内します。
【見学会開催予定】
現在、開催予定はありません。

1階 ミーティングルームA(区民利用会議室)

助け合い

アーティスト

佐藤 朱美

作品名

助け合い

解説

佐藤は、自宅のアトリエスペースで、ほぼ毎日朝から夕方まで制作に向かっています。モチーフは、象、鳥、魚、恐竜、花などさまざま。絵の大枠を象るモチーフは、図鑑などから自由に選びます。絵のなかに現れる不思議なかたちと混じりけのない配色は、佐藤いわく「頭のなかに見えてくるイメージに従い、描いている」といいます。色の配色は、佐藤が"考えて"決めるのではなく、"(色が)見える"瞬間まで絵を眺めながら待っているそうです。
色は一瞬で"見える"こともあれば、半月程かかる場合もあります。興味深いのは、佐藤自身にも、どの部分から色がついていくかわからないとうこと。佐藤の描画は"見える"というリレーを繰り返しながら、完成へと向かっていきます。

1階 ミーティングルームB(区民利用会議室)

SOKODOKO-Nakano-

アーティスト

丸 倫徳

作品名

SOKODOKO-Nakano-

解説

神奈川県藤沢市出身のアーティスト、ペインター。
ペインティング、ドローイング、壁画、サインペイントなどの表現メディアを用い、ストリート、ギャラリー、店舗、ビーチなど国内外を問わずどこにでも出向いて制作。旅の足跡を残しながら、時にサイトスペシフィックな制作活動を行う。

6階 606会議室

交錯する街

アーティスト

omi

作品名

交錯する街

解説

熊本県出身。イラストレーター&グラフィックデザイナー。
イラストレーションを軸に、ロゴデザイン、ビジュアルデザイン、壁面へのペイント、ペーパーアイテム制作などのグラフィックデザイン全般を手がける。
音楽・アパレル・飲食・美容など様々な業種へのイラストやロゴデザイン等トータルデザインを行っている。

6階 607会議室

風に花

アーティスト

WHOLE9

作品名

風に花

解説

大阪を拠点に国内外で活動する二人組のアーティストユニット。ライブペイントと壁画制作を得意とし、経験とセンスを活かしてハイクオリティな作品を作り上げてきた。人物や動物など具象的モチーフを描くhitchと、自然からのインスピレーションを抽象的に描くsimoにより、二人で1枚の世界を描く。

6階 608会議室

ビー玉、湖、羊、ショートケーキ

アーティスト

国保 幸宏

作品名

ビー玉、湖、ひつじ、ショートケーキ

解説

国保は、京都市伏見区にある「アトリエやっほぅ!!」で長年制作しています。アトリエ内の一畳ほどの半個室が、彼専用の制作スペースです。スタッフがいくつかの写真を用意すると、その中から描きたいものを選び、それを見ながら制作します。1点あたりの制作期間は3日から1週間ほど。その制作過程の中で、具象とも抽象とも捉えられるような、独特なイメージができ上がっていきます。作品は、オイルパステルや絵具を何層にも塗り重ねることで生まれます。その手つきは、描くというよりも、塗り込むというような制作スタイルです。画面を隙間なく描き込むことにこだわりがあるのかもしれません。幾度とない塗り重ねは力強く、彼の作品にずっしりとした重厚さをもたらしています。

6階 609会議室

Sketch

アーティスト

小田 佑二

作品名

Sketch

解説

秩序ある即興のパターン化をテーマに、見聞きしたこと、コミュニケーションの中から受けたインスピレーションや情景を線や面の構成で表現している。
国内外での壁画制作や作品発表をはじめ、フェスやイベントでのライブペイント、ペイントワークショップのほか、書籍、音楽、ファッションなど様々なジャンルのアートワークを手がける。

6階 610会議室(プレゼンテーションルーム)

温故知新

アーティスト

emi tanaji

作品名

温故知新

解説

職業として舞台や音楽に携わってきた経験から、鑑賞者と表現者の間に生まれる心の交流を意識し、生命力溢れるダイナミックな作風からやわらかい線のゆるいタッチやタイルアートに至るまで、自由な表現方法で幅広く描く。
カラフルな線は音や時間の流れを表している。

お問い合わせ

このページは区民部 文化振興・多文化共生推進課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで