MR[麻しん(はしか)と風しんの2種混合ワクチン]予防接種

ページID:409706874

更新日:2024年2月7日

麻しん、風しんは感染力の強い病気ですが、2回の接種を受けることで感染予防が期待できます。
対象時期に接種する定期予防接種のほかに、中野区では、定期予防接種の機会を逃してしまった19歳未満の方を対象に、MRの予防接種(任意予防接種)が無料で受けられる制度があります。

MR(定期予防接種 )の対象者

長期にわたる療養や特別の事情のため、下記対象時期に予防接種を受けられなかった場合、予防接種が受けられる状態になってから2年以内であれば、無料で定期予防接種ができます(長期療養特例)。
ご希望の方は、接種を受ける前に、下記のこのページについてのお問い合わせ先へご連絡ください。

MR第1期(1回目)

中野区にお住まいの、1歳(生後12か月)から2歳(24か月)になるまでのお子さん

MR第2期 (2回目)

中野区にお住まいの、小学校就学の前年の4月1日から、小学校就学年の3月31日までの1年間(いわゆる保育園・幼稚園などの年長組)のお子さん

予診票送付時期

「下記発送以降に中野区に転入した」「紛失した」など、予診票がない場合は、予防接種予診票の再交付の申請をお願いします。

MR第1期(1回目)

生後2か月になる月の下旬に、予診票をまとめた予防接種予診票つづりを送付します。

MR第2期 (2回目)

小学校就学1年前の4月末に送付します。

任意MR費用助成対象者

任意MR1回目

2歳から18歳までの方で、MR予防接種を1回も受けたことがない方(MR第2期の対象の方を除く=MR第2期の対象の方は、MR第2期を受けてください)

任意MR2回目

小学校1年生から18歳までの方で、MR予防接種を1回だけ受けたことがある方

任意MR予防接種予診票の交付申請が必要です

    1. 窓口での交付申請
      母子健康手帳をお持ちの上、中野区保健所2階4番窓口 予防接種担当へお越しください。
    2. 郵送・ファクスでの交付申請
      ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。任意麻しん・風しん予防接種予診票交付申請書(PDF形式:74KB)またはダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。(エクセル形式:40KB)(エクセル:39KB)を印刷して、ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。記入例(PDF形式:326KB)を参考にして必要事項を記入の上、ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。母子健康手帳の予防接種記録ページ(PDF形式:108KB)のコピーを添付して、〒164-0001 中野区中野2-17-4 中野区保健所 保健予防係(ファクス番号 03-3382-7765)まで、郵送またはファクスにてお送りください。
    • 新規ウインドウで開きます。麻しん(外部サイト)新規ウインドウで開きます。風しん(外部サイト)も、空気感染する(=ウィルスや細菌が空気中に飛び出し、1メートル以上離れた人にうつる)病気です。
    • 麻しんは、2~3週間の潜伏期間後、高熱、せき、鼻汁、目やになどの症状が数日間みられ、発熱が一時おさまりかけた後、再び39~40℃の高熱と発疹が出ます。
      多くは自然経過で治りますが、気管支炎、肺炎、中耳炎、脳炎など合併症を起こすことがあります。
    • 風しんは、2~3週間の潜伏期間後、軽いかぜ症状や、発熱、発疹、耳の後ろから首にかけてのリンパ節の腫れなどの症状が出ます。
      通常3日程度で治りますが、妊婦が妊娠早期にかかると、胎児に感染し、先天性の心臓病、白内障、聴力障害、発育発達遅延等の障害を持って生まれる可能性があります。

    お子さんの予防接種の履歴を確認して、未接種の場合は早目に接種するようお願いします。

    関連ファイル

    関連情報

    お問い合わせ

    このページは健康福祉部 保健予防課(中野区保健所)が担当しています。

    本文ここまで

    サブナビゲーションここから
    サブナビゲーションここまで