•  
  • メール
最終更新日 2018年1月17日
ページID 001758印刷

ノロウイルス食中毒に注意して下さい

ノロウイルスによる食中毒は、年間を通して発生しており、特に冬季に多発します。大規模な食中毒も発生しています。


平成28年月別食中毒発生状況

ノロウイルスとは?

ノロウイルスは、食中毒や感染性胃腸炎の原因となるウイルスです。人の腸管内でのみ増殖するという特徴があります。感染力が非常に強く、少量のウイルスで感染・発症が起きるため、家庭内で感染が拡大することがあります。また、60℃10分程度の加熱では病原性を失わず、消毒用アルコールに対して抵抗性があります。

ノロウイルスの感染経路

ノロウイルスの感染経路は、1.食品を介して感染する経路(食中毒)と、2.人から人へ感染する経路(感染症)の2つがあります。

  1. 食品を介して感染する場合(食中毒)
    ノロウイルスに汚染されたカキなどの二枚貝類を生又は十分に加熱しない状態で食べた場合、感染することがあります。
    また、ノロウイルス感染者が、用便後の手洗いが不十分なまま調理を行い、食品がウイルスに汚染され、その食品を食べることにより、感染が引き起こされる恐れがあります。
  2. 人から人へ感染する経路(感染症)
    ノロウイルス感染者の便や吐物に接触したり、飛沫を吸入したりすると感染することがあります。 

主な症状

食後、24~48時間で、吐き気やおう吐を中心に、下痢、腹痛、発熱(38℃以下)を呈します。通常3日以内で回復します。
風邪のような症状で終わることや、感染しても症状が出ないこともあります。

予防方法

  1. 手洗い
    外から帰った時、料理・食事の前、トイレの後、生ものを触った後は、よく手を洗いましょう。
    汚れは、手首、指先、爪の間、手のしわに残りやすいです。手を洗う時は、爪を短く切り、指輪やバンドエイドを外し、泡立てた石けんで洗浄すると効果的です。詳しくは、東京都のホームページ(新しいウィンドウで開きます。)をご覧ください。
  2. 加熱調理
    加熱が必要な食品は、中心部までしっかりと加熱しましょう。食品の中心が85~90℃の状態で、90秒以上加熱すると効果的です。

    牡蠣

  3. 加熱した食品にも注意!
    加熱後の食品でも、手や調理器具によりノロウイルスに汚染されて、食中毒の原因となることがあります。料理の盛り付けをする時は、手をよく洗い、清潔な調理器具を用いて行いましょう。調理器具の消毒は、0.02%の次亜塩素酸ナトリウム水溶液で行うと効果的です。

家族がノロウイルスに感染したら

  1. タオルの共用はしない
    手洗い等に使うタオルは共用せず、個人ごとで使用するか、ペーパータオルを用いてください。
  2. 便・吐物は正しい処理を
    患者の便やおう吐物の処理をする場合には、使い捨ての手袋やマスクを使用し、処理後は手指をよく洗いましょう。
    汚物が衣類についてしまった時は、衣類をビニール袋に入れ、周囲を汚染しないようにします。85℃で1分間以上、熱湯消毒するか、0.02%の次亜塩素酸ナトリウム水溶液に30~60分間浸してください。消毒後は、他のものと分けて最後に洗濯してください。

バザーや餅つき大会等で食品を提供される方へ

都内でもバザーや餅つき大会で提供した食品を原因とするノロウイルス食中毒が発生しています。
バザーやお祭り等で食品を提供する場合、事前に保健所への届出が必要となります。詳しくは、行事開催届・臨時出店届をご覧ください。

このページについてのお問い合わせ先

健康福祉部 生活衛生課 食品衛生係

保健所2階 3番窓口

電話番号 03-3382-6664
ファクス番号 03-3382-6667
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(土・日・祝日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート