•  
  • メール
最終更新日 2019年4月1日
ページID 002030印刷

後期高齢者医療制度 保険料の納め方

後期高齢者医療保険料の支払方法は原則として公的年金からの天引きとなります

年額18万円以上の年金受給者は、原則として年金の定期支払(年6回)の際、介護保険料と同時に天引きされます(特別徴収)。
納付開始時期が年度当初の場合、4月に仮徴収額決定通知書をお送りし、7月に本算定に係る通知書をお送りします。 

公的年金からの天引き以外の方

公的年金からの天引き以外の方は、送付する納付書や口座振替で納めていただきます(普通徴収)。
納付開始時期が年度当初の場合、4月に暫定保険料額決定通知書をお送りし、7月に本算定に係る通知書をお送りします。
保険料のお支払いは、納付書払いや公的年金からの天引きから、口座振替に変更することができます。

後期高齢者医療保険料のお支払いには口座振替が便利です

口座振替払いには、次のような利点があり、とても便利です。

  1. 毎月のお支払いの手間や納め忘れがなくなります
  2. 確定申告の際に社会保険料控除として、口座名義人が申告できます
  3. 毎年12月に、確定申告にご利用いただける口座振替済通知を送付します

口座振替済通知には1年間口座振替でお支払いいただいた金額が一覧で記載されています。

口座振替のお手続き方法

お手続きには2通りの方法があります。

  1. 「口座振替依頼書」に記入・押印のうえ、直接金融機関へ申し込む
    後期高齢者医療係までご連絡いただければ口座振替依頼書をお送りします。
  2. 「キャッシュカードによる口座振替受付サービス」を利用する
    対象金融機関(みずほ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行、西京信用金庫、西武信用金庫、ゆうちょ銀行)のキャッシュカードと保険証を区役所2階6番窓口または各地域事務所までお持ちください。専用端末にキャッシュカードを通し暗証番号を入力していただくだけで、その場で簡単に手続きが完了します(簡単な申込書をご記入いただきます。)。
    ご注意ください
    ご利用可能なキャッシュカードは、個人の普通預貯金の磁気付きカードに限られます。
    生体認証カード、代理人カード、貯蓄預金カード、法人カード、ローンカード、クレジットカード、クレジット一体型カード、セキュリティの強化されたカード等、一部ご利用いただけないカードがあります。また、発行から長期間経ったカードは、ご利用いただけない場合があります。 

年金からお支払いただいている方(特別徴収)

ご本人からの申し出により保険料のお支払を口座振替に変更することができます。
年金天引きを口座振替に変更するためには年金支払月の4か月前までにお手続きが必要です。

納付書でお支払いただいている方(普通徴収)

お申込みの約1か月後から口座振替開始となります。
お申し込み後も、口座振替の開始期の前までは納付書で納めていただく必要がありますのでご注意ください。
「キャッシュカードによる口座振替受付サービス」を利用されると、10日までに手続きした場合は当月分の保険料から、11日以降に手続きした場合は翌月分の保険料から振替開始となります。
(注意)振替日については、下記をご覧ください。

振替日

毎月末日。末日が金融機関の休業日の場合は、翌月の初営業日になります。

社会保険料控除について

後期高齢者医療制度の保険料は、所得税や住民税を計算するとき、社会保険料として控除されます。特別徴収(年金から天引き)の方は、ご本人に社会保険料控除が適用されますが、口座振替を選択された場合は、口座振替により保険料をお支払いいただいた方(口座名義人)に適用されます。
例:妻の保険料を夫の口座から引き落とした場合、夫の社会保険料控除の対象となる

このページについてのお問い合わせ先

区民部 保険医療課 後期高齢者医療係

区役所2階 6番窓口

電話番号 03-3228-8944
ファクス番号 03-3228-5661
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝日を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート