•  
  • メール
最終更新日 2020年4月1日
ページID 028542印刷

耐震性の不十分な古い木造住宅の耐震補強をしませんか

内容

耐震性の不十分な古い木造住宅の耐震補強工事を行う場合の助成制度です。

契約後の申請は対象外となります

助成決定の前に助成対象工事に係る施工契約をしてしまうと助成対象外となりますので、必ず建築課耐震化促進係(9階8番窓口)にて事前相談をしてください。

目次
耐震補強の助成要件 助成金額 申請・届け出様式 注意事項 受付窓口

 耐震補強の助成要件

対象となる住宅

対象となる住宅は以下のすべての項目を満たす住宅です。

1.昭和56年(1981年)5月31日以前に建築または増築された木造在来工法2階建て以下の住宅を耐震補強するもの。

2.中野区の助成制度を利用して行った簡易耐震診断及び耐震診断の上部構造評点が1.0未満であること。
(簡易耐震診断と耐震診断の助成制度については「木造住宅の耐震診断を支援します」をご覧ください)

3.当該住宅の外壁及び軒裏を地域に応じた防火性能を有する構造に改修すること。

4.延焼のおそれのある範囲に存在する外壁の開口部は金属製サッシに網入りガラスを入れる等の仕様とすること。

5.現況において建築基準法における重大な違反があるものについては、耐震補強工事にあわせて違反部分の是正工事を行うこと。

6.助成交付決定後に耐震補強工事の契約を締結すること

7.原則として中野区に登録している耐震診断士が工事監理を行い、かつ、区登録の耐震改修施工者が施工すること。

対象となる方

対象となる方は、以下の条件をすべて満たす方です。

建物所有者(法人所有の場合は助成対象外となります
特別区民税及び対象となる住宅の固定資産税を滞納していない方

助成金額

助成対象経費

下記の(1)と(2)を比較して少ないほうの額です。(助成金の額ではありませんのでご注意ください。)

助成対象経費
(1)耐震補強工事に要する費用(税抜額)(注)
(2)延べ床面積1平方メートル当たり34,100円

注)区登録の耐震改修施工者が作成した耐震補強工事見積書による金額

助成金額

助成対象経費の2分の1
注)1,000円未満の端数が生じた場合は、切り捨てます。

助成限度額

150万円

申請・届出様式

木造住宅耐震補強助成制度の必要書類は「木造住宅耐震補強助成申請・届出様式」にて確認いただけます。

申込後の流れは、「木造住宅耐震補強助成制度パンフレット」をご覧ください。

注意事項

事前相談

助成申請の前に、助成要件等の確認のため事前相談を行ってください。

事前相談から交付申請までは補強工事の方法・見積書の作成・補強工事実施の意思決定等の時間を要するため余裕のある計画としてください。

注)助成交付決定の前に契約をしてしまうと助成対象外となります。

助成申請等

申請年度の1月末までに完了実績報告ができない場合は、あらかじめ全体設計申請が必要です。

事業期間は令和5年(2023年)3月31日までとなります。

事前相談の後に、申請書に必要書類を添付して提出してください。

受付窓口

中野区 都市基盤部 建築課 耐震化促進係(中野区役所9階8番窓口)

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(新しいウインドウが開きます)が必要です。

このページについてのお問い合わせ先

都市基盤部 建築課 耐震化促進係

区役所9階 8番窓口

電話番号 03-3228-5576
ファクス番号 03-3228-5471
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後12時、午後1時から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート