•  
  • メール
最終更新日 2021年3月17日
ページID 023139印刷

狂犬病予防注射はお済みですか?(必ず手続きをしましょう)

1年に1回の狂犬病予防注射は飼い主の義務です。
また、首輪には必ず鑑札と注射済票を着けてください。
これらは、万一、迷子になって保護されたときには犬の迷子札としての役目も果たします。
違反すると狂犬病予防法により20万円以下の罰金に処されることがあります。

注射の期間

生後91日以上の犬を飼い始めたら30日以内に、動物病院等で狂犬病予防注射を受けさせてください。
翌年度以降は毎年1回、4月1日から6月30日の間に受けさせてください。
(狂犬病予防注射の料金は、動物病院等によって金額が異なります。)

令和3年度の予防注射については、新型コロナウイルス感染症の影響によるやむを得ない事情により、令和3年12月31日までに受ければ本来の期間内に受けたものとみなすことになりました。
令和3年度の予防注射は、令和3年度狂犬病予防集合注射の各会場か、動物病院で12月31日までに受けるようお願いします。

令和3年度の狂犬病予防集合注射日程については下記リンク参照。
令和3年度狂犬病予防定期集合注射のお知らせ

注射済票

動物病院等で接種した場合は、獣医師が発行する「狂犬病予防注射接種済証明書」を次の窓口に持参し、「注射済票」の交付を受け、必ず犬に着けてください。

注射済票の交付手続きができる場所

中野区保健所(生活衛生課衛生環境係)電話番号03-3382-6662
各すこやか福祉センター
区役所(戸籍住民課)
各地域事務所

狂犬病予防注射済票交付手数料

注射済票は550円です。
再交付手数料は340円です。

狂犬病予防注射の料金は含まれていません。
保健所では、狂犬病予防注射を行っていません。(定期集合注射の日程を除く)

予防注射の猶予

犬が病気などの理由で、獣医師が注射を猶予する必要があると認めた場合は、獣医師が発行した「狂犬病予防注射猶予証明書」を持参の上、届出をしてください。
猶予期間は原則として単年度です。

海外転入してきた場合

海外から転入してきた場合は「犬の輸入検疫証明書」をご提示ください。記載されているワクチンの有効期限が転入年度末よりも先の場合は、当該年度の注射済票を交付します。翌年度以降は、証明書の有効期限に関わらず、毎年4月から6月の注射及び「狂犬病予防注射接種済証明書」のご提示が必要となります。

このページについてのお問い合わせ先

健康福祉部 生活衛生課 衛生環境係

保健所2階 2番窓口

電話番号 03-3382-6662
ファクス番号 03-3382-6667
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(土・日・祝日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート