•  
  • メール
最終更新日 2021年12月17日
ページID 031659印刷

中野区外で接種を受けるには

定期予防接種(子ども、高齢者)

東京23区内で受ける時

接種を希望する医療機関がその区の契約医療機関であれば、中野区の発行する予診票で接種できます。
中野区への連絡は必要ありません。
契約医療機関でない場合は、東京23区外で受ける時と同じ手続きが必要です。

東京23区外で受ける時

接種を希望する市区町村もしくは医療機関宛に、中野区が発行する「定期予防接種依頼書(以下、依頼書という)」の提出が必要です。接種の際、「依頼書」の提出がないと、その予防接種は任意予防接種扱いとなります。必ず「依頼書」が届いてから接種してください。
任意予防接種の場合、以下のような扱いとなります。

  • 費用の助成が受けられない。
  • 健康被害が発生した場合、予防接種法による救済措置の対象とならない。

接種の流れ

接種予定日の2週間前までに「依頼書」の交付を申請してください。

  1. 接種を希望する医療機関がある自治体に以下の4点を確認する。
    • 「依頼書」があれば、先方の自治体の費用助成が受けられるか。
    • 予防接種予診票は中野区のものを使用するか。 
    • 「依頼書」の依頼先はどこか。
    • 「依頼書」の送付先はどこか。
  2. 記入例を参考に「定期予防接種依頼書交付申請書(子どもの予防接種用高齢者肺炎球菌用高齢者インフルエンザ用)」を、下記の送付先に提出する。
  3. 届いた「依頼書」を持って接種する。
  4. 支払った費用を中野区に申請する。(依頼先の自治体の費用助成が受けられない場合)
    ※費用の申請方法は、「依頼書」送付時の同封書類を確認してください。 
    ※予防接種の種類ごとに中野区で定めた金額を上限として助成します。申請額が定めた金額に満たない場合は、申請額での助成となります。
    ※高齢者肺炎球菌予防接種、高齢者インフルエンザ予防接種は、自己負担額を除いた金額を助成します。
送付先

〒164-0001
東京都中野区中野2丁目17番4号
中野区保健所保健予防課 予防接種担当宛

任意予防接種(おたふくかぜ、小児インフルエンザ)

定期予防接種とは違い、「依頼書」は不要です。医療機関で実費を支払ったのち、申請してください。助成金額は定額です。
中野区内実施医療機関で接種する場合は、以下のページをご覧ください。

対象者、助成額等

予防接種名 対象年齢 期間 回数 助成額
おたふくかぜ

中野区在住の1歳から

小学校入学前のお子様

特になし

対象年齢中

2回まで

1回につき

4,000円

小児インフルエンザ 中野区在住の6か月から小学校入学前のお子様

毎年度10月1日から

翌年1月31日まで

期間中

2回まで

1回につき

1,000円

申請方法

申請には以下の書類が必要です。

  1. 医療機関発行の領収書原本(接種したワクチンの単価がわかるもの)
  2. 接種記録を確認できる母子健康手帳
  3. 中野区小児任意予防接種費用助成申請書
  4. 支払金口座振替依頼書

窓口

上の書類の1と2、及び印鑑振込先口座番号がわかるものを持って、以下の申請場所にお越しください。
その場で3と4の書類に記入いただき、申請を受理します。

申請場所

中野区保健所2階4番窓口
中部すこやか福祉センター
北部すこやか福祉センター 
南部すこやか福祉センター 
鷺宮すこやか福祉センター

郵送

ページ末尾の問い合わせ先にご連絡ください。必要書類を送付します。
記入の上、下記の送付先にお送りください。

送付先

〒164-0001
東京都中野区中野2丁目17番4号
中野区保健所保健予防課 予防接種担当宛 

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(新しいウインドウが開きます)が必要です。

このページについてのお問い合わせ先

健康福祉部 保健予防課 保健予防係

中野区保健所2階4番窓口

電話番号 03-3382-6500
ファクス番号 03-3382-7765
メールフォーム
受付時間 午前8時半~午後5時

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート