•  
  • メール
最終更新日 2022年3月28日
ページID 028035印刷

中野区産後ケア事業

産後ケア事業は産後の体調が心配、育児が不安等で困ったときに助産師のサポートを受け、相談ができる事業です。

令和4年4月から中野区産後ケア事業の内容を一部変更し、必要になった際に、より早期に利用できるようになりました。

1 産後ケア事業利用カードをかんがるー面接をうけた方全ての方に発行します。
産後ケア事業利用カードはこれまでかんがるー面接時に支援が必要と認められる方にお渡ししていましたが、4月からかんがるー面接を受けた方は全員にお渡しします。既にかんがるー面接を受けた方で、産後ケア事業をご希望の方はお住まいの地域を担当するすこやか福祉センターでご申請ください。

2 産後ケア事業の利用回数の制限を柔軟化します。
今までのサービスの種類ごとにの利用回数の壁を取り払い、全利用回数の合計15回(多胎児の場合は21回)の中で利用者のニーズで希望の回数を利用できるようになります。ただし、ショートステイについては最大7回までの利用となります。

 産後ケア事業にはショートステイ・デイケア・アウトリーチ(助産師訪問)の3種類の事業があります。

事業名 内容 令和4年3月31日まで 令和4年4月1日以降
ショートステイ 医療機関や助産院に宿泊して産後の疲労回復や赤ちゃんのケア、育児相談ができます。 5回(多胎7回)

15回(ショートステイは最大7回)

多胎は21回(ショートステイは最大7回)

デイケア 医療機関や助産院で日帰りで産後の疲労回復や赤ちゃんのケア、育児相談ができます。 5回(多胎7回)
アウトリーチ(助産師訪問)事業 助産師がご家庭に訪問して、産後の疲労回復や赤ちゃんのケア、育児相談ができます。

5回

(多胎7回)

産後ケア事業を利用するには

  1. 「かんがるー面接」にて「かんがるープラン」を作成することが必要です。 お問い合わせはお住まいの地域のすこやか福祉センターにご連絡ください。
  2. 利用の際は、各事業実施施設に直接連絡をして予約を取り、利用方法等の説明を聞いてください。

産後ケア事業のご利用にあたって

新型コロナウイルス感染拡大予防のため、ご利用にあたっては以下の点についてご理解・ご協力をお願いします。
・37.5度以上の発熱、強いだるさ(倦怠感)、息苦しさ(呼吸困難)等の症状や鼻水、寒気等の風邪症状がある場合は、利用する前に予約施設にご相談ください。症状によっては利用できない場合があります。
・ご家庭に帰ってからも、うがい・石鹸での手洗い等の感染予防対策を心がけてください。

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(新しいウインドウが開きます)が必要です。

このページについてのお問い合わせ先

地域支えあい推進部 北部すこやか福祉センター 

〒165-0022 中野区江古田四丁目31番10号

電話番号 03-3389-4323
ファクス番号 03-3389-4339
メールフォーム
受付時間 月曜日~土曜日 午前8時半~午後5時(日曜日、祝休日、年末年始はお休み)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート