•  
  • メール
最終更新日 2007年10月31日
ページID 000667印刷

保育園ではアレルギーのある子の食事はどうなりますか?

質問

保育園ではアレルギーのある子の食事はどうなりますか?

回答

 食物が原因のアレルギーがあり、給食対応が必要な場合は、医師の「アレルギー疾患生活管理指導表」又は「診断書」と「食物アレルギー給食対応申込書」を保育園に提出していただき、保護者の方と関係職員(園長、担任、栄養士、看護師、調理職員)で対応を相談します。
 区立保育園では、献立の中にアレルギーの原因となる「卵」「牛乳・乳製品」が含まれる場合は除去し、代替食品を使用した給食を提供しています。ただし、製造ライン上の混入の可能性のある食品まで除去を必要とする場合は、給食提供が困難なため弁当を持参していただきます。
 アレルギーの原因となる食物が「卵」「牛乳・乳製品」以外の場合や、「卵」「牛乳・乳製品」を含め複数ある場合は、給食提供が困難なため、弁当を持参していただきます。
 離乳食は、基本的に代替対応をしています。
 私立保育園でも代替食等で対応しておりますが、各園の対応が異なりますので各園にお問い合わせください。
 

このページについてのお問い合わせ先

子ども教育部 保育園・幼稚園課(子) 運営支援係

区役所3階 15番窓口

電話番号 03-3228-8940
ファクス番号 03-3228-5667
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート