中野区立障害児通所支援施設の一時保護事業について

ページID:263256395

更新日:2023年8月3日

中野区立障害児通所支援施設(療育センターアポロ園、子ども発達センターたんぽぽ、放課後デイサービスセンターみずいろ、療育センターゆめなりあ)では、障害や発達に課題のあるお子さんの保護者が、疾病等により介護することが困難な場合、お子さんを日中一時的に施設内でお預かりします。

利用要件

保護者等が出産・病気・冠婚葬祭・休養により、障害や発達に課題のあるお子さんを一時的に介護できなくなったとき、施設内で日中一時的にお預かりします。なお、初めて一時保護を利用する方は、事前に登録の手続きが必要です。

利用対象及び1日の定員

施設ごとの利用対象及び1日の定員
療育センターアポロ園障害や発達に課題のある小学生までの児童3名
子ども発達センターたんぽぽ概ね1歳から高校生までの重症心身障害児等2名
放課後デイサービスセンターみずいろ障害や発達に課題のある小学生から高校生までの児童2名
療育センターゆめなりあ障害や発達に課題のある高校生までの児童3名

利用時間

月曜日から土曜日の午前9時から午後6時まで利用できます。
※土曜日のみ、療育センターアポロ園及びゆめなりあは午後4時までの利用となります。
※祝日、年末年始(12月29日から1月3日)及びその他施設が定める休業日は利用できません。

利用日数

原則として1か月につき5日以内、保護者の方の休養の場合もその範囲内で利用できます。

利用登録及び利用申込

利用するには、登録手続きが必要です。
利用登録及び利用申込の際は、直接、各施設へお電話ください。
ただし、直前のお申込みや施設の状況等により、利用ができない場合もあります。
また、ご利用当日には利用申請書をご提出いただきます。預ける前にお子さんの健康状態等をお伝えください。

連絡先電話番号
療育センターアポロ園03-3389-3700
子ども発達センターたんぽぽ03-5343-7883
放課後デイサービスセンターみずいろ03-3388-5777
療育センターゆめなりあ03-6382-4781

費用負担

保護時間中の食費等の実費は、利用者の負担となります。

関連情報

お問い合わせ

このページは健康福祉部 障害福祉課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで