産後サポート事業「赤ちゃんがきた!BP1プログラム」「きょうだいが生まれた!BP2プログラム」

ページID:459819057

更新日:2024年1月23日

産後サポート事業「赤ちゃんがきた!BP1プログラム」

初めての育児中のお母さんとそのお子さんを対象に、赤ちゃんの育ちや生活、お母さんの悩みなど参加者同士で情報交換を行います。

初めから一人前の親などいません。ひとりで子どもを育てていくことはできません。まわりからのサポートを受けながら赤ちゃんを育て、少しずつ親になっていくのです。

BP1プログラムの特徴

  1. 1.母子が一緒に参加できる。 プログラムの途中で赤ちゃんが泣いても大丈夫です。おむつを替えたりおっぱいやミルクをあげても大丈夫です。家にいるときのように参加することができます。2.気の合う仲間が見つけられる。
  2. 初めて赤ちゃんを育てている同じ0歳児のママたちの集まりです。月齢が近いこともあり、共感できることがいっぱいです。
  3. 子育ての基本的な知識が学べる。
  4. 子育ての知識やコツを学びあうほかに、子育ての悩みやみんながどうしているか話し合う時間もあります。

対象

中野区在住で2か月から5か月の赤ちゃんを初めて育てているお母さんと赤ちゃん

持ち物

母子健康手帳、赤ちゃんの外出に必要なもの

料金

無料。ただし、テキスト代1,100円(消費税込み)が必要です。

申し込み方法

  • 各回担当すこやか福祉センターへ電話で申し込みください。先着順です。 詳細は年間予定表をご確認ください。
  • 1回2時間(感染予防のため当面の間、1時間40分に短縮しての実施になります)、全4回の講座です。
  • 受講できるのは、会場問わず1人1回限りです。

2023年度 年間予定表(BP1)

年間予定表は、ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。コチラ(PDF形式:34KB)をご覧ください。

産後サポート事業「きょうだいが生まれた!BP2プログラム」

2人目以上の赤ちゃん(2か月~7か月)を育てているお母さんとそのお子さんを対象に、きょうだいを育てる中での悩みなど参加者同士で情報交換を行います。

BP2プログラムに参加したことのあるお母さんは、みなさん「悩んでいるのは私だけではなく、みんな同じようなことで悩んでいることがわかってホッとした」と言います。

きょうだいを持つ、同じ0歳児を育てている他のお母さんたちと会って、同じような状況にあることを知るだけでも、ずいぶんと心が軽くなるようです。

BP2プログラムの特徴

  1. 母子が一緒に参加できる。 プログラムの途中で赤ちゃんが泣いても大丈夫です。おむつを替えたりおっぱいやミルクをあげても大丈夫です。家にいるときのように参加することができます。
  2. 気の合う仲間が見つけられる。
  3. 子育ての知識やコツを学びあうほかに、子育ての悩みやみんながどうしているか話し合う時間もあります。
  4. 幼児期に入っている上のお子さんとの関わり方

BP2プログラムでは、赤ちゃんと親子の絆づくりとともに、幼児期に入っている上のお子さんとの関わり方についてみんなで考えます。

対象

中野区在住で 2人目以上の赤ちゃん(2か月~7か月)を育てているお母さんとそのお子さん

持ち物

母子健康手帳、赤ちゃんの外出に必要なもの

料金

無料。ただし、テキスト代1,100円(消費税込み)が必要です。

申し込み方法

  • 各回担当すこやか福祉センターへ電話で申し込みください。先着順です。
  • 1回2時間(感染予防のため当面の間、1時間50分に短縮しての実施になります)、全5回の講座です。
  • 受講できるのは、会場問わず1人1回限りです。

2023年度 年間予定表(BP2)

※野方区民活動センターで2月20日から開催分の「BP2プログラム」は定員に達したため受付を終了しました。

年間予定表は、ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。コチラ(PDF形式:33KB)をご覧ください。

お願い
感染予防のため、風邪の症状や発熱(おおむね37.5度以上)、倦怠感や呼吸器症状がある場合は事業に参加することができません。事業当日は、赤ちゃんとお母さんの体調をご自宅で確認していただき、体調がすぐれない場合は、各回担当BPファシリテーター(講師)へご連絡ください。

関連ファイル

お問い合わせ

このページは地域支えあい推進部 北部すこやか福祉センターが担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから