•  
  • メール
最終更新日 2016年8月25日
ページID 002133印刷

「自動二輪車用駐車場整備助成」事業のご活用を

自動二輪車用駐車場の建設をお考えの方に強い味方、それが、「自動二輪車用駐車場整備助成」事業です。

これから、自動二輪車用駐車場の整備を考えるのなら、1台あたり最大10万円の助成が受けられる「自動二輪車用駐車場整備助成」事業が便利です。
財団法人東京都道路整備保全公社の事業ですが、中野区が申請の窓口になります。ぜひ、ご活用をお願いします。

 

助成対象事業の種類

 「自動二輪車用駐車場整備助成」事業
 ただし、整備前の申請とし、毎年度2月末までに完了予定の事業とする。

 

助成対象地域

 23区内で、東京都が推進する「ハイパースムーズ作戦」、または区が推進する違法駐車解消重点地域等。
 助成対象者 は、一般公共の用に供する既存駐車場を経営する事業者等。
 ただし申請は、各区を通じて行うものとする。

 

助成対象駐車場

 助成対象地域内で、既設駐車場等を改造し、土地を取得し、又は土地を賃借して新たに5台以上整備し、半分以上を時間貸しとした自動二輪車用駐車場を対象とする。また、以下の場合も助成対象とする。
 (1)機械式立体駐車場で、(社)立体駐車場工業会の認定を受けた自動二輪車用固定装置等を設置する場合。対象台数は2パレット以上(1パレット2台駐車可能のもの。)
 (2)月極専用自動二輪車用駐車場の半数以上を時間貸しに切り替える場合。
   ただし、一駐車場当たりの助成台数は、30台を限度とする。 また、2年以上の運営を条件とする。 

 

助成対象経費

(1)専用料金精算機設置、バイク施錠設備設置、入口改造・床面破損防止工事及び転倒防止ガードパイプ設置に要する費用並びに自動二輪車用駐車場新設に要する費用。
(2)その他、理事長が必要かつ適当と認めたもの。
  ただし、土地の取得費(賃借料)、各種手数料等費用、及び消費税等は、申請事業者の負担とする。
  また、リース契約により設置した機器等は助成対象外とする。

 

助成金額

 助成対象経費の範囲内で、1台当たり10万円を助成限度額とする。
 助成金に1,000円未満の端数があるときは切り捨てる。

 

申請受付

 申請は、中野区内の設置か所は、中野区が窓口となります。窓口(8階15番)
 年間を通じて随時受け付けしています。
 ただし、1月~3月までの申請は、原則として翌年度実施事業を対象とした申請を受け付けます。
 受付期間途中で予算額に到達した場合は、申請順に支援決定し、募集は停止します。

 詳細は、関連PDFファイルをご覧下さい。
 

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(新しいウインドウが開きます)が必要です。

このページについてのお問い合わせ先

都市基盤部 交通政策課 自転車対策係

区役所8階16番窓口

電話番号 03-3228-5561
ファクス番号 03-3228-5675
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート