•  
  • メール
最終更新日 2021年3月2日
ページID 002194印刷

建築物の敷地面積の最低限度規制に関する手続き

1 建築物の敷地面積の最低限度とは

敷地の細分化を防止し、現在の居住水準を維持し、良好な住環境を保全・形成していくことを目的として、都市計画法に規定する用途地域または地区計画で、建築物の敷地面積の最低限度が定められています。
建築基準法では、建築物を建築する場合の敷地面積は、原則としてこれらにより定められた敷地面積の最低限度以上でなければならないと規定されています。なお、一定の要件を満たすものについては対象外となります。詳しくは「3適用除外について」をご覧ください。

2 対象区域

(1) 用途地域による建築物の敷地面積の最低限度規制

中野区内の住居系用途地域には、平成16年6月24日から、建築物の敷地面積の最低限度が次のとおり指定されています。

用途地域による敷地面積の最低限度規制
用途地域 指定年月日 敷地面積の最低限度

建ぺい率40%の

第一種低層住居専用地域

平成16年6月24日 85平方メートル

建ぺい率50%の

第一種低層住居専用地域

70平方メートル

建ぺい率60%の

第一種低層住居専用地域

60平方メートル

建ぺい率60%の

第一種中高層住居専用地域

建ぺい率60%の

第ニ種中高層住居専用地域

建ぺい率60%の

第一種住居地域

詳しくは、次のリンク先をご覧ください。
用途地域及び日影規制指定図・都市計画概要図

(2) 地区計画による建築物の敷地面積の最低限度規制

中野区内の次の区域には、地区計画により建築物の敷地面積の最低限度が次のとおり指定されています。

地区計画による敷地面積の最低限度規制
地区計画名称 指定年月日 敷地面積の最低限度
南台四丁目地区地区計画 平成 4年 6月 1日 60平方メートル
平和の森公園周辺地区地区計画 平成 5年11月24日
南台一・ニ丁目地区防災街区整備地区計画 平成12年 2月21日
大和町中央通り沿道地区地区計画 平成28年 3月7日
中野四丁目地区地区計画 平成21年 6月22日 1.0、0.6、0.4、0.3ヘクタール
平成23年 8月19日
中野駅南口地区地区計画 平成27年 3月6日 1,000平方メートル

詳しくは、次のリンク先をご覧ください。
地区計画によるまちづくり

3 適用除外について

(1) 従前から規制値に満たない土地についての適用除外

用途地域による敷地面積の最低限度規制は、次の表に示す土地について、「その全部を一の敷地として使用する場合」には、適用除外とすることが建築基準法に規定されています。
また、地区計画による敷地面積の最低限度規制についても、地区計画の建築制限条例において同様の適用除外の規定を定めています。

従前から規制値に満たない土地についての適用除外
a 建築物の敷地面積の最低限度の指定日において、既に建築物の敷地として使用されている敷地面積の最低限度に満たない土地 b 建築物の敷地面積の最低限度の指定日において、現に存する所有権その他権利に基づいて建築物の敷地として使用することができる土地で、建築物の敷地とするならば敷地面積の最低限度に満たなくなることとなる土地

適用除外のイメージa

(敷地面積の最低限度が60平方メートルの場合)

適用除外のイメージb

(敷地面積の最低限度が60平方メートルの場合)
 

(2) 公共事業の施行等により規制値に満たなくなった土地についての適用除外

(2)-1 建築基準法による適用除外

公共事業の施行等によって生じた面積の減少により、敷地面積の最低限度未満となった土地について、「その全部を一の敷地として使用する場合」には敷地面積の最低限度規制は適用除外となることが建築基準法で規定されています。公共事業の施行等とは、次のものが該当します。

  • 土地収用法もしくは都市計画法の規定により土地を収用し、若しくは使用することができる都市計画事業又はこれらの事業に係る関連事業(都市計画道路事業、西武新宿線の連続立体交差事業など)
  • その他上記の事業に準ずる事業で政令で定めるもの(市街地開発事業など)

適用除外のイメージ(公共事業)
(敷地面積の最低限度が60平方メートルの場合)

(2)-2 用途地域に関する都市計画による適用除外

建築基準法による適用除外を補完する目的で、用途地域に関する都市計画において、公共公益施設等の整備によって生じた面積の減少により、敷地面積の最低限度未満となった土地について、「その全部を一の敷地として使用する場合」には敷地面積の最低限度規制は適用除外となることが定められています。公共公益施設等の整備とは、次のものが該当します。

  • 道路法また都市計画法による道路(開発行為による道路を除く)
  • 河川、水路その他公共公益施設
  • 都市公園法による都市公園
  • 地区計画等により定められた施設

4 建築確認申請書に添付する書類について

敷地面積の最低限度規制の適用除外となる敷地について、中野区建築主事に建築確認申請を提出する場合は、建築確認申請書に次の報告書を添付してください。(指定確認検査機関に建築確認申請を提出する場合は、提出先の指定確認検査機関へ確認してください。)

確認申請書に添付する書類
敷地面積の最低限度に関する報告書(エクセル97-2003形式:50KB)
この報告書には次に掲げる書面をいずれか1通添付してください。
  • 土地登記事項証明書(土地登記簿謄本)及び公図の写し
  • 既存建築物の建築確認書類一式

なお、必要に応じてその他書類(土地使用承諾書・売買契約書等)をご用意していただく場合もありますので、ご注意ください。

このページについてのお問い合わせ先

都市基盤部 建築課 建築審査係(意匠)

区役所9階 7番窓口

電話番号 03-3228-5596
ファクス番号 03-3228-5471
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後12時、午後1時から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート