•  
  • メール
最終更新日 2021年8月23日
ページID 030733印刷

東京2020パラリンピック聖火 「中野区の火」を採火するイベントを開催しました

東京2020パラリンピック聖火「中野区の火」を採火するイベントを開催しました

令和3年8月20日(金曜日)、中野区では東京2020パラリンピック聖火「中野区の火」を採火するイベントを中野区立歴史民俗資料館にて開催しました。
パラリンピックの聖火はオリンピックと異なり、日本各地で様々な方法で採火された火とイギリス・ストークマンデビルで採火された火が、東京で1つの火となり「東京2020パラリンピック聖火」となります。
都内の62全区市町村において採火が実施され、中野区では中野区立歴史民俗資料館を会場に、中野区内に在住・在学の小・中学生とその保護者の10組20名を募集してマイギリ式による採火を行いました。

 採火した火は都庁に運び、全ての区市町村の火が1つとなって、パラリンピック聖火へとつながれました。

集合写真
                (採火に参加いただいた皆様)

中野区の火
             (ランタンに入った「中野区の火」)

集火の様子
                 (集火の様子)

採火式の様子(写真をクリックすると拡大表示します) 

 

採火の様子1
(採火の様子1)
採火の様子2
(採火の様子2)
採火の様子3
(採火の様子3)
採火の様子4
(採火の様子4)
採火の様子5
(採火の様子5)
採火の様子6
(採火の様子6)
採火の様子7
(採火の様子7)
採火の様子8
(採火の様子8)
採火の様子9
(採火の様子9)
採火の様子10
(採火の様子10)
集火の様子
(採火の様子11)
歴民スタッフによる火おこしレクチャー
(採火の様子12)

採火式とは

パラリンピックでの採火とは、聖火リレーのための火を起こすことであり、全国各地で独自の方法で行われます。これらの採火の催しを「採火式」と呼んでいます。そして全国各地で起こされた火が1つになることでパラリンピックの聖火が完成します。

採火日時、採火場所

  1. 採火日時
    令和3年8月20日(金曜日)午前9時から午前10時 (受付8時30分開始)
  2. 採火場所
    中野区立歴史民俗資料館(中野区江古田四丁目3番4号)

採火式内容

  1. 歴史民俗資料館スタッフによる火起こし指導
  2. マイギリ式による火起こし
    マイギリ式とは・・・火起こし器を火床材にこすり合わせて火種を作り火を起こす方法
  3. 起こした火をランタンに移す
  4. 記念撮影

開催日カレンダー

開催日情報をカレンダー形式で掲載しています。カレンダーの終了位置へ
  開催日
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
             

このページについてのお問い合わせ先

健康福祉部 スポーツ振興課 オリンピック・パラリンピック推進係

中野区中野四丁目8番1号 6階3番窓口

電話番号 03-3228-8988
ファクス番号 03-3228-5626
メールフォーム
受付時間 午前8時半~午後5時

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート