•  
  • メール
最終更新日 2015年12月21日
ページID 005246印刷

区内平和史跡案内

「憲法擁護・非核都市」宣言塔

宣言塔の写真
宣言塔

 1983(昭和58)年、「憲法擁護・非核都市の宣言」1周年を記念して、宣言に込められた「憲法を大切にし、世界中の人々と手をつなぎ、核をもつすべての国に核兵器をすてよと訴える」区民の声をあらわす中野区のシンボルとして、さらに、宣言の趣旨を伝える媒体として設置されました。
 現在の塔は、1992(平成4)年8月に、宣言10周年にあたって、建て替えたもので、宣言文とスローガンが記されています。

所在地 中野四丁目8番1号 区役所前

平和記念碑 

平和記念碑の写真
平和記念碑

 1986(昭和61)年8月、平和の森公園に設置。この碑にはめこまれた石は、広島市庁舎被爆敷石を譲り受けたものです。原爆のすさまじさが刻みこまれたこの石に、「憲法擁護・非核都市の宣言」が記されています。

所在地 新井三丁目37番6号 平和の森公園内
西武新宿線「沼袋」下車 徒歩4分

旧中野刑務所表門

中野刑務所表門の写真
中野刑務所表門

 中野刑務所(旧豊多摩刑務所)は「治安維持法」が1945(昭和20)年に廃止されるまで、政治犯や思想犯を多く収容していました。戦後、ねばり強い住民運動により、1983(昭和58)年3月に廃庁、その跡地は、平和の森公園となりました。
 現存する赤レンガの表門は後藤慶二氏の設計による、大正時代の名建築と言われています。
 
所在地 新井三丁目37番3号 法務省矯正研修所東京支所内
西武新宿線「沼袋」下車 徒歩4分

明治寺(百観音)のイチョウ 

明治寺(百観音)のイチョウの写真
明治寺(百観音)のイチョウ

 1945(昭和20)年5月25日の空襲で炎上した本堂の熱で片側が焼かれ、その時に洞穴ができたイチョウの木です。この洞穴は、以前は人が入れるぐらいの大きさがありましたが、木の成長に伴い、だんだん小さくなっています。
 
所在地 沼袋二丁目28番20号 
西武新宿線「沼袋」下車 徒歩3分

東光寺のしいの木

東光寺のしいの木の写真
東光寺のしいの木

  「山の手大空襲」で、しいの木に焼夷弾が落ちて木が枯れましたが、根が生きていたので新しい芽が出て成長し、大きな枝を広げて朽ちた大木の幹を抱き支えるかのように、生き生きと天に向かって伸びています。                                                            
                                                                                                    所在地 上高田五丁目21番5号                                              
西武新宿線「新井薬師前」下車 徒歩10分

旧野方配水塔

旧野方配水塔の写真
旧野方配水塔

 空襲時の弾丸の傷跡が残されている配水塔。
 関東大震災後、都市化による水の需要に応えるため、江古田に設けられた給水場に、この野方配水塔がつくられました。この配水塔は1966(昭和41)年に配水を止め、2010年に国の登録有形文化財となりました。

所在地 江古田一丁目3番 みずの塔公園内
JR「中野」駅北口より、関東バス「江古田駅」行き 「水道タンク前」下車

戦災の木

戦災の木の写真
戦災の木

 1991(平成3)年8月、荒川区西日暮里の工事現場の地下から2本の木が発見され、1945(昭和20)年4月13日の空襲で焼かれた「しいの木」であることが判明しました。
 そのうちの1本が「戦災の木を保存する会」より1996(平成8)年7月、区に寄贈されました。   

所在地 若宮三丁目53番16号 若宮小学校内
西武新宿線「鷺ノ宮」下車 徒歩8分

成願寺の防空壕

成願寺の防空壕の写真
成願寺の防空壕

 成願寺に今も残っている防空壕は、総延長30数m、総面積は約80平方メートルあります。壕は崩れる危険があったので、寺は2000(平成12)年に鉄筋で補強工事をしました。

所在地 本町二丁目26番6号
東京メトロ丸ノ内線、都営大江戸線「中野坂上」 下車 徒歩5分

石棒さま

石棒さまの写真 
石棒さま

 空襲によって破壊され、焼けただれた笠付の庚申塔。戦後まもなく、地元の人々が崩れ落ちた石片を集めてセメントで固め、改めておまつりをしました。それで石の棒のようになったことから「石棒さま」と呼ばれるようになりました。

所在地 中央一丁目41番1号
山手通り沿い、区立第十中学校脇
東京メトロ丸ノ内線、都営大江戸線「中野坂上」下車、徒歩3分

白玉稲荷神社の常明灯 

白玉稲荷神社の常明灯の写真 
白玉稲荷神社の常明灯

 戦火を受けて、焼けただれた常明灯。
 白玉稲荷神社は、もとは宝仙寺境内にありましたが、明治維新以後の神仏分離の際に、現在の場所に分社されました。

所在地 中央二丁目8番24号 
山手通り沿い、区立第十中学校向かい側
東京メトロ丸ノ内線、都営大江戸線 「中野坂上」下車、徒歩2分
 

布袋様 

布袋様
布袋様

 戦火をくぐり抜けた布袋様。地元の人が破損個所を修理し、表面を茶色の塗
料を塗って修復したもので、 地元の皆さんの幸福と平和を見守っています。 
 
所在地 中央二丁目58番
区立宮前公園向かい側、地下鉄丸ノ内線、大江戸線「中野坂上」下車、A2出口から徒歩9分
 



 

護憲の像(母と子の平和)

護憲の像の写真 
護憲の像

 憲法擁護と平和の願いをこめて漫画家の森哲郎氏から区に寄付されたブロンズ像。
 1984(昭和59)年5月3日、勤労福祉会館(現在の産業振興センター)の前庭に設置しました。
 作者は江田正盛氏。

所在地 中野二丁目13番14号 産業振興センター
JR中央線「中野」下車徒歩5分

 

 

 

区内関連施設

区立歴史民俗資料館

 常設展示では、戦災と戦後の復興をテーマに、戦時中の衣食住に関する資料(焼夷弾、国民服、衣料購入切符等)を展示しています。
 また、教育コーナーでは、中野の学童疎開に関する資料(疎開先の記録、写真、文集、日記など)を展示しています。
 利用案内等の詳細は、「歴史民俗資料館」のページをご覧ください。

区立中央図書館(平和コーナー)

 中央図書館には平和関連の書籍(約900冊)を集めた平和コーナーがあります。
 利用案内等の詳細は、「中央図書館」のページをご覧ください。

このページについてのお問い合わせ先

企画部 企画課 平和・人権・男女共同参画係

区役所4階7番窓口

電話番号 03-3228-8229
ファクス番号 03-3228-8860
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート