•  
  • メール
最終更新日 2016年6月23日
ページID 013474印刷

家庭から出る使用済みインクカートリッジのリサイクル

家庭用のプリンターで使用したインクカートリッジ を回収し、資源化します。

 インクカートリッジ里帰りプロジェクト

現在、家庭用のインクカートリッジの年間消費量は国内で約2億個といわれています。一方回収率は10%以下で、大半がごみとして捨てられています。

これらごみとして出されている家庭用の使用済みインクカートリッジを回収して再資源化するため、インクカートリッジ製造大手6社が共同して立ち上げたのが「里帰りプロジェクト」です。
現在は、レックスマークインターナショナル株式会社が、インクジェットプリンター本体の販売を終了、同消耗品の供給を終了し、プロジェクトから脱退したため、5社で行っています。

このプロジェクトは、賛同する自治体や販売店が回収箱を設置し、集まった使用済みインクカートリッジを引き渡せば、その後の運搬からリサイクルまではすべて当該5社が責任を持って行うというものです。

中野区でも、生産者責任によるごみ減量を推進するため、このプロジェクトに協力し、区内6か所に回収箱を設置していますので、使い終わったインクカートリッジは、回収箱へお出しください。

インクカートリッジ回収箱

回収するもの

家庭用のインクジェットプリンターで使用済みのインクカートリッジで、以下の5社製のもの

  • ブラザー工業株式会社、ブラザー販売株式会社
  • キヤノン株式会社、キヤノンマーケティング株式会社
  • デル株式会社
  • セイコーエプソン株式会社、エプソン販売株式会社
  • 日本ヒューレット・パッカード株式会社

    ブラザー、キャノン、デル、エプソン、ヒューレッドパッカード

回収場所

回収箱設置施設一覧表
住所 施設名 設置場所(特に記載がない場合は、閉館中・休業日は利用不可。区民活動センターなどは、窓口終了後も集会室が開館中は利用可能)
弥生町五丁目5番2号 南中野区民活動センター 1階のセンター正面入口の自動ドアを入って右側・乾電池回収箱の隣
中央二丁目18番21号 東部区民活動センター 正面入口、自動ドアを入ってすぐ左側・乾電池回収箱の上
中野四丁目8番1号 区役所 サンプラザ側面東側、左右に駐輪スペースのある入口の自動ドアを入りすぐ右側
中野四丁目9番4号 ごみゼロ推進分野窓口(清掃事務所車庫内) ごみゼロ推進分野へ入って真正面の台上
松が丘一丁目6番3号 清掃事務所リサイクル展示室 1階入り口入ってすぐ右側
江原町二丁目3番15号 江古田区民活動センター 正面入口、入って左側サロン60の入口の横・乾電池回収箱の上

リサイクル用途

回収されたカートリッジの再使用・再商品化の用途は以下のとおりです

  • 再生カートリッジ及び部品
  • 再生カートリッジ、および部品
  • パレット、コンテナ
  • ICチップのリユース
  • クッション
  • PPバンド
  • 販促材(ペンなど)    など

※メーカーにより、リサイクル方法が違います

また、回収したカートリッジ1個あたり3円の寄付を国連環境計画(UNEP)に対して実施しています。これらはUNEPの実施する環境保護活動(植林等の森林保護、生物多様性の保全、3R(リユース、リデュース、リサイクル)活動など)に活用されます。

このページについてのお問い合わせ先

環境部 ごみゼロ推進分野 

中野区中野四丁目9番4号

電話番号 03-3228-5563
ファクス番号 03-3228-5634
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート