•  
  • メール
最終更新日 2015年1月8日
ページID 001349印刷

乾電池

回収するもの

ご家庭で使用済みになったアルカリ・マンガン乾電池、リチウム一次電池。(カメラ、懐中電灯などに使用) 

回収場所

区の施設などに設置してある「使用済み乾電池回収箱」へ。
各施設の詳細は使用済み乾電池回収箱設置施設一覧へどうぞ。

  

使用済み乾電池回収箱
使用済み乾電池回収箱

出し方の注意点

  • 乾電池を資源としてリサイクルするための回収ボックスです。乾電池以外のものは絶対に入れないでください。
  • 回収ボックスに入れる時は、必ず袋から出して入れてください。
  • お店や事業所で使用した乾電池は入れないでください。

区で回収していない電池は

ボタン電池

使い切りの充電できないタイプ(SR、LR、PRなどと書いてあるもの)は、電器店などにある「ボタン電池回収箱」へ。
区内のリサイクル協力店の検索は、社団法人 電池工業会 ボタン電池回収協力店の検索ページへ。
ボタン電池の出し方などの問合せは、社団法人 電池工業会ホームページ

小形二次電池

充電して繰り返し使えるタイプ(Ni-Cd、Ni-MH、Li-ionなどと書いてあるもの)は、電器店などのリサイクル協力店にある「充電式電池リサイクルBOX」へ。ごみゼロ推進分野(東京都中野区中野四丁目9番4号 清掃車庫内)にも設置しています。
区内のリサイクル協力店の検索は、一般社団法人 JBRCホームページ(新しいウィンドウで開きます。)へ。
充電式電池の出し方などの問合せは、社団法人 電池工業会ホームページへ
小型充電式回収ボックスの写真
小型充電式電池回収BOX

乾電池のリサイクルなど

乾電池の中には、貴重な金属がたくさん含まれています。
中野区で回収された使用済み乾電池は、資源化施設に運ばれた後、亜鉛、鉄などの金属素材に製品化されます。
民間のメーカーがそれらを原料として使用し、メッキ、自動車部品、電気機器などに生まれ変わります。
以前、乾電池の水銀が問題になり環境への影響が心配されましたが、技術開発によって、国内ではマンガン乾電池は1991年から、アルカリ乾電池は1992年から使われていません。

このページについてのお問い合わせ先

環境部 ごみゼロ推進分野 資源回収担当

中野区中野四丁目9番4号 清掃事務所車庫内

電話番号 03-3228-5555
ファクス番号 03-3228-5634
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート