•  
  • メール
最終更新日 2019年8月26日
ページID 027527印刷

海での体験事業の視察(令和元年7月31日)

  7月31日水曜日、教育委員会は海での体験事業の視察を行いました。海での体験事業は、区内在住・在学の小学校4~6年生を対象に、安全性を重視しながら、児童が自分の可能性を伸ばし、「生きる力」を育むことを目的とした事業です。今年度は、昨年度に引き続き千葉県南房総市の岩井海水浴場で実施しました。

 今回視察に行ったのは全8クールある体験事業のうちの6クール目で、主に南台小学校とみなみの小学校の児童が参加していました。子どもたちはライフセービングやボディボード、新しいマリンスポーツであるSUP(サップ)などを楽しみながら仲間との交流を深めました。

人工呼吸
人命救助法を真剣に学ぶ子どもたち
SUP
SUP(サップ)の様子

 

 

 

 

 

 

 

お昼ごはん
お昼ご飯
ボディボード体験
ボディボード体験

  2泊3日の海での体験事業は子どもたちにとって楽しい思い出になったと同時に、大きな教育的な意義のある経験となったと思います。教育委員会は今後もこのような子どもたちの「生きる力」を育む活動を推進していきます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このページについてのお問い合わせ先

教育委員会事務局 子ども・教育政策課(教) 

中野区中野四丁目8番1号

電話番号 03-3228-8857
ファクス番号 03-3228-5679
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時半から午後5時まで(祝日を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート