•  
  • メール
最終更新日 2021年11月19日
ページID 023019印刷

中野区ビジネスプランコンテストの歴代入賞プラン

コンテストの最新情報は、関連ページ「中野区ビジネスプランコンテスト」 をご覧ください。

2020年度(令和2年度)ビジコンなかの(西武信用金庫が主催しました!)

2020年度はコロナ禍の情勢を踏まえ、オンライン上でプレゼンテーション及び審査を行いました。
ファイナリスト7名のうち、以下の5名のプランが入賞しました。

ビジコンなかの2020ファイナリスト一覧
受賞者(肩書は当時) 受賞プラン名 プラン概要
最優秀賞

盛島 昇太

WASD Inc.

(WASD株式会社)

代表取締役

デジちゃいむ

https://www.youtube.com/watch?v=siTnQtlxE8g

業務用システムがまだまだ普及していない接客業務にフォーカスしたオペレーションSaaSです。呼び出し周りを改善し、「いつ」「どこで」「何をしてほしい」を簡単に通知でき業務の効率化を通じて人件費の削減や売上への貢献を果たします。
日本オラクル在籍時、バックオフィス向けのシステムは充実していたもののフロントオペレーション向けはほとんどなく、かつ課題の大きい領域であったため開発に取り組みました。
優秀賞

川口 優太郎

胚培養士として都内の不妊治療専門クリニックに勤務、ならびにリプロダクティブサポートファーム東京 代表

不妊治療と仕事の両立支援 ≪法人向け福利厚生サポート事業≫

https://www.youtube.com/watch?v=OHgBUD2r7E0

昨年、菅政権が発足して以降、不妊治療の保険適用化など、不妊治療への支援の拡充が政権の肝入り政策となっているが、その背景には、患者数の急激な増加がある。
現在では、5.5組に1組の夫婦が不妊治療を受けている実態がある一方で、女性の活躍推進といった社会的な背景もあり、不妊治療と仕事の両立は大きな課題となっている。企業、社員、双方にとって働きやすい環境作りを目指し、現役の医療従事者が新たな事業を提案する。
優秀賞

山下 賢史朗

IE Business School 経営学研究科国際経営戦略専攻(院生)

医療機器売買をシンプルにするプラットフォームDr.X

https://youtu.be/0tF4ZreLVWo

大学時代に医療機器商社へイノベーションアナリストとしてインターンを勤めた最中、業界の不透明さと不効率な医療機器の売買プロセスに対して疑問を持ち、本サービスの開発を始める。
Dr.Xは本来マニュアルで行われた医療機器売買の作業を電子化及び自動化し、業務の効率化を上げて、全国の医療機関と医療機器商社を繋げることで業界内における情報の透明化を目指す。
奨励賞

寺村 まどか

早稲田大学大学院 修士二年

or-コスパがBESTな買物提案サービス-

皆さんコロナ感染拡大により、買い物の仕方が変わったとは思いませんか?
より倹約になり、そしてECでより多くの買い物を始められたのではないでしょうか。
「節約したい」という際に面倒なのが現地店舗の価格比較…特にコロナ下では外出時間はなるべく抑えたいところです。
そこで私は現地店舗の価格比較を簡単にできるサービスを考案しました。
奨励賞

昭和女子大学前田ゼミ

昭和女子大学 グローバルビジネス学部 ビジネスデザイン学科
前田ゼミナール所属3年

哺乳瓶に装着する育児サポートアイテム

https://youtu.be/tZF6R269YzY

私たちは、「現代の忙しく悩めるお母(父)さんをIoTの力でサポートしたい。」その思いから、この「哺乳瓶に装着する育児サポートアイテム」というアイデアを生み出しました。
現代のお母さん、お父さんを支えるだけでなく、私たちの未来を私たち自身で切り開くためにも中野区と協力してこの事業を実現することで、これからの「育児はテクノロジーの力で、みんなでする時代」を中野区から広めていきたいと考えています。

古里 拓

フリート合同会社 代表社員

オンライン参謀

https://youtu.be/fKB2dXx8-Og

人材派遣事業、求人・採用コンサルティング事業分野において約10年のキャリアを経験後独立。
その後ゴルフスクール事業の開業、スパ、バーの経営や、オンライン学習システム(eラーニング)事業の企画・運営等に携わり、2020年1月フリート合同会社、同年4月に一般社団法人オンラインミーティング推進協会を設立。
"誰でも気軽に参加し配信できる"をモットーに、オンライン配信事業、オンラインミーティングのコンサルティング事業を主軸に「情報格差」を無くし「経済格差」を無くすことをミッションとし事業展開しております。

岩崎 光幸

株式会社ファイアフライ 代表取締役

スマイル・チェッカー

https://youtu.be/M7HBrykNOws

経営者はスマイルにコストをかけていますか?
接客の中で笑顔(表情)はとても大切です。
積極的に笑顔で接客している会社は、成長しています。
また、コロナ禍の中、経営危機で笑顔が少なくなっている会社も多くなっています。
しかし、今まで笑顔の接客を、定量的に測ることが出来ませんでした。
AIを利用して笑顔を定量的に測るシステムを開発しました。
これによって、接客が飛躍的に向上して、店舗の売上げが上がるでしょう。

2019年度(令和元年度)ビジコンなかの

2019年度は、ファイナリストプラン10件のうち、以下の4件が入賞しました。

ビジコンなかの最終結果
受賞プラン名

受賞者

事業詳細※随時更新

(各参加者のHPへジャンプします)

最優秀賞 着物Webプラットフォームmatou 長岡 彩子氏 https://matou.jp

奨励賞

(応募受付順)

主婦生活を豊かに!料理で世界と繋がる支援

ボーダーレスクッキング

西村 桃恵氏

http://borderlesscooking.com/jp-training/
オンライン路上速筆ライブ絵描きサービス

ライブアトリエ ぺトリコール

本田 鈴佳氏

オーディエンス賞 声なき声をデータに『痴漢データアプリ』

武蔵大学 経営学部

齋藤 優芽花氏

2018年度(平成30年度)ビジコンなかの

2018年度は、ファイナリスト10件のうち、以下の4件が入賞しました。

2018年度入賞プラン
表彰 プラン名

応募者(ご所属等は授賞当時のものです)

最優秀賞

 

身体障害者の必要が簡単に見つかる事業

株式会社アクティベートラボ
(増本 裕司 さん)

奨励賞

(応募受付順)

中国向け日本エンタメ情報発信チャンネル ケイティー・ロン さん
(Tokyo Bay Films Entertainment)

先端美容マスクで女性支援を行う

野村 京 さん
オーディエンス賞 音楽を身近に!訪問演奏マッチングサービス 歌曲伴奏ピアニスト 松永充代 事務所
(藤森 剛士 さん )

2017年度(平成29年度)ビジコンなかの

2017年度は、ファイナリスト10件のうち、以下の3件が入賞しました。

2017年度入賞プラン
表彰 プラン名

応募者(ご所属等は授賞当時のものです)

最優秀賞

オーディエンス賞

介護を快適快楽な世界に革新する基盤

CaiTech

(武藤 高史 さん)

奨励賞

(応募受付順)

メモラビリア・オークションfromなかの

舩橋 勇晴 さん

女性医師による医療相談と医療情報サイト

株式会社フェロー

(林 久美子 さん)

 2016年度(平成28年度)ビジコンなかの

2016年度は、ファイナリスト10件のうち、以下の3件が入賞しました。

2016年度入賞プラン
表彰 プラン名

応募者(ご所属等は授賞当時のものです)

最優秀賞

オーディエンス賞

IOTを利用したマンションの収益化

アマテラスイノベーションプロジェクト

(柏木 大 さん)

ライフサポートビジネス奨励賞

医師国家試験講義ビデオ付きの電子書籍

三上 貴浩 さん

ICT・コンテンツビジネス奨励賞

マンガの聖地を掘り起こすイラスト大作戦!

ドラゴンハート株式会社

(百田 成彦 さん)

2015年度(平成27年度)なかのライフサポートビジネス創造塾

2015年度は、ファイナリスト6件のうち、以下の3件が入賞しました。

2015年度入賞プラン
表彰 事業テーマ

応募者(ご所属等は授賞当時のものです)

最優秀賞

こども向けのバーチャルとリアルをリンクさせた体験型教育サービス

ドリーム・キッズ・ワークス

(大塚 崇 さん)

優秀賞

弊研究室で開発・所持しているロボットを使い睡眠時無呼吸症候群の患者をサポートする

早稲田大学人間科学部可部研究室

(小松 弘樹 さん)

奨励賞

爪きりで支える生活支援!滑らかな爪先でココロオドル日常を

鈴木 奈々 さん

2014年度(平成26年度)なかのライフサポートビジネス創造塾

2014年度は、ファイナリスト6件のうち、以下の3件が入賞しました。

2014年度入賞プラン
表彰 事業テーマ 応募者(ご所属等は授賞当時のものです)

最優秀賞

祭りで日本を盛り上げる、オマツリジャパン!

山本 陽平 さん

(オマツリジャパン)

優秀賞

独居高齢者を対象とした電話コミュニケーション事業「おしゃべり倶楽部」

伊藤 晃 さん

審査員特別賞

近隣スーパーの価格比較サービス「節約デキスパート」の提案

三浦 悠貴 さん

(大阪経済大学チーム中村C班)

2013年度(平成25年度)なかのライフサポートビジネス創造塾

2013年度は、ファイナリスト5件のうち、以下の2件が入賞しました。

2013年度入賞プラン
表彰 事業テーマ 応募者(ご所属は授賞当時のものです)
最優秀賞 「おうち準備パック」お片づけを通し暮らしの変化に備えるサービスおうち準備パック

三木 智有 さん

(特定非営利活動法人tadaima!)

優秀賞 小・中学校からのグローバル人材育成、「世界ビトを育てよう!」

酒井 由紀子 さん

(リエゾン・デートル)

このページについてのお問い合わせ先

区民部 産業振興課 産業係

区役所9階 16番窓口

電話番号 03-3228-8729
ファクス番号 03-3228-5656
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート