•  
  • メール
最終更新日 2016年8月9日
ページID 001216印刷

戸籍の附票の写し

取得方法

取得方法は次の3通りです。

  本籍が中野区にない場合は、本籍地の市区町村に直接ご申請ください。

申請書は以下のリンクページよりダウンロードできます。
申請書ダウンロード:戸籍の附票の写し

窓口での申請

受付窓口

区役所1階戸籍住民分野または5カ所の各地域事務所(南中野・東部・江古田・野方・鷺宮)。

受付時間

区役所 

  • 平日の月曜日、水曜日から金曜日は午前8時半から午後5時まで。
  • 平日の火曜日は午前8時半から午後8時まで。
  • 毎週日曜日の午前9時から午後4時まで。
    臨時閉庁になることがありますので、「火曜延長窓口・日曜窓口のご案内」で業務日程をご確認ください。

区内5か所の地域事務所

  • 平日の月曜日から金曜日の午前8時半から午後5時まで。

手数料

1通 300円(郵送申請の場合のみ400円です)

ご持参いただくもの

  • 窓口へ来られる方の本人確認書類
    1. マイナンバーカード(個人番号カード)、住民基本台帳カード(写真付き)、パスポート、運転免許証、その他官公署が発行した写真付きの免許証、許可証、資格証明書などいずれか1点。
    2. 1の書類がない場合には、次のアの中から1点とイの中から1点、またはアの中から2点。 
      ア.健康保険証、年金手帳、年金証書、住民基本台帳カード(写真なし)など。 
      イ.写真付きの学生証や法人の発行した身分証明書など。
  • 代理人が申請する場合には、本人が署名または押印した委任状が必要です。委任状は以下のリンクページよりダウンロードできます。

    委任状ダウンロード:証明書用(戸籍・住民票・税)

     

戸籍に記載されている本人またはその配偶者、父母、祖父母、子、孫など直系の方が請求することができます。
ご関係を確認できる戸籍謄本などをご提示ください(中野区に本籍のある方でご関係を確認できる場合は、省略することができます)。

次の場合に限り、第三者も戸籍を請求することができます。
請求理由を詳細にご記入いただきます。利害関係資料のご提示が必要です。
法人が請求する場合は、申請書へ「社印」の押印が必要です。

  • 自己の権利を行使し、または自己の義務を履行するために戸籍の記載事項を確認する必要がある場合。
  • 国または地方公共団体の機関に提出する必要がある場合。
  • その他、これらに準ずる戸籍の記載事項を利用する正当な理由がある場合。

戸籍の附票とは

 戸籍の附票とは、住民登録地(住所)の履歴が掲載されている証明書です。
 附票には、その戸籍の編成日(結婚や転籍などをした日)から現在(または除籍日)までの履歴が掲載されています。

 中野区では平成5年2月1日に附票の改製をしているため、その以前から中野区に戸籍がある方の附票には、平成5年2月1日時点の住民登録地以降の住所履歴が掲載されています。(平成5年改製以前の改製原附票は平成10年をもって廃棄されています。)

 中野区では転籍等で全員が除籍になった戸籍の附票を、除籍日から5年間保存しています。5年間を過ぎると廃棄されます。(除籍の附票は戸籍法により5年間保存することになっていますが、自治体(役所や役場)ごとに保存年限や改製時期 が異なります。)

 附票は本籍地の自治体で、戸籍に載っている本人・配偶者及び直系の血族のかたの請求によって取得できます。
 (ご本人などのかた以外が請求する場合は委任状が必要です。第三者も権利行使などの正当な理由がある場合のみ請求可能です。)
 

このページについてのお問い合わせ先

区民サービス管理部 戸籍住民分野 証明担当

区役所1階 7番窓口

電話番号 03-3228-5506
ファクス番号 03-3228-5653
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時半~午後5時(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート