中野区立ふれあいの家条例施行規則

昭和59年8月30日

規則第49号

(趣旨)

第1条 この規則は、中野区立ふれあいの家条例(昭和59年中野区条例第19号。以下「条例」という。)の施行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(施設等)

第2条 中野区立ふれあいの家(以下「ふれあいの家」という。)に次に掲げる全部又は一部の施設を置く。

(1) 遊戯室

(2) 高齢者集会室

(3) 多目的室

(4) その他、地域住民の利用に供する施設

(高齢者集会室の個人使用)

第3条 前条第1項第2号の高齢者集会室を個人使用できる者は、区内に住所を有する60歳以上の者とする。

2 高齢者集会室を使用しようとする者は、高齢者集会室使用登録申請書(別記第1号様式)を区長に提出し、利用証(別記第2号様式)の交付を受けなければならない。ただし、中野区区民活動センター条例施行規則(平成23年中野区規則第60号)第7条第4項又は中野区立高齢者会館条例施行規則(平成10年中野区規則第37号)第4条の規定により交付された利用証をもって、この利用証に代えることができる。

(団体使用及び団体登録)

第4条 第2条第1項各号の施設(以下第6条までにおいて「施設」という。)を使用できる団体は、5人以上で構成され、かつ、区内に住所を有する者、区内の事務所若しくは事業所に勤務する者又は区内の学校に在籍する者が半数以上を占める団体のうち次の各号に掲げるもとする。

(1) 18歳未満の者(以下「こども」という。)を主たる構成員とする団体

(2) 60歳以上の者(以下「高齢者」という。)を主たる構成員とする団体

(3) こども又は高齢者との交流を目的とする団体

2 前項各号の団体が施設を使用しようとするときは、集会室等使用団体登録申請書(別記第3号様式)により区長に団体登録を申請しなければならない。ただし、区長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

3 区長は、前項の規定による申請に基づき登録したときは、集会室等使用団体登録証(別記第4号様式)を申請者に交付する。

(抽選による使用手続)

第5条 前条第1項各号の団体が施設を使用しようとするときは、集会室等使用申請書(別記第5号様式)により区長に申請しなければならない。

2 前項の申請は、施設を使用しようとする日の属する月の2か月前の第3月曜日の区長が指定した時間に当該ふれあいの家の所在地を担当する区民活動センターにおいて行わなければならない。ただし、その日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日に当たるときは、その翌日とする。

3 区長は、第1項の申請があったときは、抽選により使用者を決定し、集会室等使用承認書(別記第6号様式)を申請者に交付する。

(抽選後の使用手続等)

第6条 区長は、前条第3項の規定による使用承認後において施設の使用者が決定していないときは、別に定めるところにより当該施設の使用申請を受け付け、申請の順序により使用を承認することができる。

2 前項の申請及び承認については、それぞれ、集会室等使用申請書及び集会室等使用承認書によるものとする。

3 前条及び前2項の規定にかかわらず、区長は、特に必要があると認めるときは、使用手続に関し別に定めることができる。

(使用申請の取消し)

第7条 使用者が使用申請の取消しをしようとするときは、集会室等使用取消申請書(別記第7号様式)に集会室等使用承認書を添えて区長に提出し、集会室等使用取消承認書(別記第8号様式)の交付を受けなければならない。

(使用承認の取消し等)

第8条 区長は、使用者の行為が次の各号の一に該当する場合は、使用の承認を取り消し、又は使用の停止を命ずることができる。

(1) 条例第4条の規定に違反したとき。

(2) 使用承認の際に付した条件に違反したとき。

(休館日等)

第9条 ふれあいの家の休館日は、次に掲げるとおりとする。

(1) 1月1日から同月3日まで

(2) 12月29日から同月31日まで

2 前項に規定する休館日のほか、次に掲げる日は、中野区立城山ふれあいの家における条例第2条第1号に掲げる事業の休業日とする。

(1) 日曜日

(2) 国民の祝日に関する法律に規定する休日(以下「休日」という。)

3 第1項に規定する休館日のほか、次に掲げる日は、条例第2条第1号及び第2号に掲げる事業(中野区立城山ふれあいの家における条例第2条第1号に掲げる事業を除く。)の休業日とする。

(1) 日曜日及び月曜日

(2) 休日

4 区長が特に必要と認めるときは、第1項に規定する休館日若しくは前2項に規定する休業日を変更し、又は臨時に休館日若しくは休業日を定めることができる。

(開館時間等)

第10条 ふれあいの家の開館時間は、午前9時から午後10時までとする。ただし、区長は、管理運営上特に必要と認めるときは、これを変更することができる。

2 各施設の使用時間は、別に定める。

(補則)

第11条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、昭和59年9月1日から施行する。

附 則(昭和60年5月31日規則第25号)

この規則は、昭和60年6月1日から施行する。

附 則(平成元年3月31日規則第28号)

この規則は、平成元年4月1日から施行する。

附 則(平成4年6月30日規則第79号)

この規則は、平成4年7月1日から施行する。

附 則(平成6年10月28日規則第91号)

この規則は、平成6年11月1日から施行する。

附 則(平成8年3月28日規則第8号)

この規則は、平成8年4月1日から施行する。

附 則(平成10年5月19日規則第49号)

1 この規則は、公布の日から施行する。

2 改正後の第3条から第7条まで及び第1号様式から第8号様式までの規定は、平成10年10月1日以後の施設の使用について適用し、同日前の施設の使用については、なお従前の例による。

附 則(平成10年8月17日規則第71号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成11年4月1日規則第42号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成13年3月21日規則第9号)

この規則は、平成13年4月1日から施行する。

附 則(平成16年2月3日規則第4号抄)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

3 この規則の施行の際この規則による改正前の規則で定める様式による用紙で現に残存するものは、その限りにおいて使用することができるものとする。

附 則(平成16年3月31日規則第36号)

この規則は、平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成20年9月29日規則第87号)

この規則中第1条の規定は平成20年10月1日から、第2条の規定は平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月31日規則第35号)

この規則は、平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成22年12月1日規則第80号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成23年6月1日規則第60号抄)

(施行期日)

第1条 この規則は、平成23年7月19日(以下「施行日」という。)から施行する。

附 則(平成25年8月14日規則第58号)

この規則は、平成25年11月1日から施行する。

附 則(平成26年3月19日規則第14号抄)

(施行期日)

1 この規則は、平成26年4月1日から施行する。

附 則(平成30年3月29日規則第24号)

1 この規則は、平成30年4月1日から施行する。

2 この規則の施行の際、この規則による改正前の第1号様式、第3号様式、第5号様式及び第7号様式による用紙で、現に残存するものは、所要の修正を加え、なお使用することができる。

第1号様式(第3条関係)

 略

第2号様式(第3条関係)

 略

第3号様式(第4条関係)

 略

第4号様式(第4条関係)

 略

第5号様式(第5条関係)

 略

第6号様式(第5条関係)

 略

第7号様式(第7条関係)

 略

第8号様式(第7条関係)

 略

中野区立ふれあいの家条例施行規則

昭和59年8月30日 規則第49号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第2編 区民の権利・義務/第3章 子ども・女性/第1節
沿革情報
昭和59年8月30日 規則第49号
昭和60年5月31日 規則第25号
平成元年3月31日 規則第28号
平成4年6月30日 規則第79号
平成6年10月28日 規則第91号
平成8年3月28日 規則第8号
平成10年5月19日 規則第49号
平成10年8月17日 規則第71号
平成11年4月1日 規則第42号
平成13年3月21日 規則第9号
平成16年2月3日 規則第4号
平成16年3月31日 規則第36号
平成20年9月29日 規則第87号
平成22年3月31日 規則第35号
平成22年12月1日 規則第80号
平成23年6月1日 規則第60号
平成25年8月14日 規則第58号
平成26年3月19日 規則第14号
平成30年3月29日 規則第24号