中野区スポーツ・コミュニティプラザ条例施行規則

平成27年3月26日

規則第24号

(趣旨)

第1条 この規則は、中野区スポーツ・コミュニティプラザ条例(平成27年中野区条例第15号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(事業の実施時間)

第2条 条例第3条に規定する事業及び条例第8条第1項に規定する地域スポーツクラブ事業(以下「地域スポーツクラブ事業」という。)の実施時間は、別に定める。

(地域スポーツクラブの会員の区分及び要件)

第3条 条例第8条第3項に規定する地域スポーツクラブの会員は、次の区分に分類する。

(1) 個人会員

(2) 団体会員

2 前項第1号に規定する個人会員になるための登録は、次に掲げる要件のいずれかを満たす場合に行うことができるものとする。

(1) 区内に住所を有する者

(2) 区内に存する事務所又は事業所に勤務する者

(3) 区内に存する学校に在学する者

(4) その他区長が適当と認めた者

3 第1項第2号に規定する団体会員になるための登録は、次に掲げる要件の全てを満たす場合に行うことができるものとする。

(1) 団体の構成員が10人以上で、その全てが小学生以上であること。

(2) 代表者が18歳以上の者であること。

(3) 営利を目的とした活動を行う団体ではないこと。

(4) 団体の構成員の半数以上が前項第1号から第3号までのいずれかに該当すること。

(会員登録の手続等)

第4条 前条第1項に規定する会員になろうとする者は、あらかじめ会員登録・変更登録申請書により、会員登録の手続を行わなければならない。

2 前項に規定する会員登録の手続を行う者は、条例第8条第4項各号に規定する事務手数料を支払わなければならない。

3 登録の申請を受理し承認したときは、区長が定める地域スポーツクラブ会員登録証(以下「会員登録証」という。)を交付する。

4 会員登録の有効期間は、当該会員登録を承認した日から1年とする。

5 区長は、次の各号に掲げるもののいずれかが第1項に規定する会員登録の手続を行う場合においては、中野区事務手数料条例(昭和33年中野区条例第2号)第5条の規定により、第2項の事務手数料を免除することができる。

(1) 中野区立中学校(中野区立学校設置条例(昭和36年中野区条例第1号)別表に定める中学校をいう。以下同じ。)における部活動を単位とする団体

(2) 前号に掲げるもののほか、区長が特に必要があると認めるもの

(登録の変更又は取消し)

第4条の2 会員登録証の交付を受けた者及び団体(以下「登録者」という。)は登録事項の内容に変更が生じたときは、速やかに会員登録・変更登録申請書を提出するものとする。

2 区長は、登録者が次の各号に該当するときは、その登録を取り消すことできる。

(1) 登録に当たり虚偽の申請をしていたとき。

(2) 条例又はこの規則に違反したとき。

(3) 第3条第2項又は第3項に規定する要件に該当しなくなったとき。

(運営委員会の設置)

第5条 条例第7条第1項に規定する地域スポーツクラブに運営委員会を設置する。

2 運営委員会は、地域スポーツクラブ事業の実施に際し、中野区スポーツ・コミュニティプラザ(以下「プラザ」という。)が設置された各圏域において設置し、条例第8条第2項に規定する役割を担う。

(運営委員会の構成)

第6条 運営委員会の委員は、各圏域に15人以内とし、個人会員及び団体会員である者のうちから区長が委嘱する。

(運営委員会の委員の任期)

第7条 運営委員会の委員の任期は、1年とする。ただし、再任を妨げない。

2 運営委員会の委員が任期中に欠けたときは、補欠の委員を置くことができる。この場合において、補欠の委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(運営委員会の役職)

第8条 運営委員会に委員長及び副委員長を置く。

2 委員長は、委員の互選により選出する。

3 副委員長は、委員長が指名する。

4 委員長は、運営委員会を代表し会務を統括する。

5 副委員長は、委員長を補佐し、委員長に事故があるとき又は委員長が欠けたときは、その職務を代理する。

(運営委員会の会議)

第9条 運営委員会は、委員長が招集し、これを主宰する。ただし、運営委員会の委員の全部が新たに委嘱された後の最初の運営委員会については、区長が招集する。

2 委員長は、必要があると認めるときは、関係者に運営委員会の会議への出席を求め、意見を聴取することができる。

(理事会の設置)

第10条 第5条第1項に規定する運営委員会を統括する組織として、理事会を設置する。

2 理事会は、条例第8条第2項に規定する役割の遂行にあたり、次の各号に掲げる役割を担う。

(1) 地域スポーツクラブの運営方針の決定に関すること。

(2) 各プラザの圏域に設置された運営委員会の調整に関すること。

(3) 地域スポーツクラブの運営に係る関係団体との調整に関すること。

(4) 運営委員会への助言に関すること。

(理事会の構成)

第11条 理事会の理事は、15人以内とし、関係団体から推薦を受けた者及び区長が必要と認める者を区長が委嘱又は任命する。

(理事会の理事の任期)

第12条 理事会の理事の任期は、2年とする。ただし、再任を妨げない。

2 理事会の理事が任期中に欠けたときは、補欠の理事を置くことができる。この場合において、補欠の理事の任期は、前任者の残任期間とする。

(理事会の役職)

第13条 理事会に会長、理事長及び副理事長を置く。

2 会長及び理事長は、理事の互選により選出する。

3 副理事長は、理事長が指名する。

4 会長は、地域スポーツクラブを代表し、会務を総括する。

5 理事長は、会長を補佐し、会長の命を受けて地域スポーツクラブの運営に係る業務を執行するとともに、会長に事故があるとき又は会長が欠けたときは、その職務を代理する。

6 副理事長は、理事長を補佐し、理事長に事故があるとき又は理事長が欠けたときは、その職務を代理する。

(理事会の会議)

第14条 理事会は、理事長が招集し、これを主宰する。ただし、理事会の理事の全部が新たに委嘱及び任命された後の最初の理事会については、区長が招集する。

2 理事長は、必要があると認めるときは、関係者に理事会の会議への出席を求め、意見を聴取することができる。

(使用の申込み等)

第15条 条例第9条第1項の規定により施設を使用しようとする者は、別表第1に定める期間内に、使用申込書により条例第2条の3に規定する指定管理者(以下「指定管理者」という。)(区長がプラザの管理及び運営を行うときは、区長。次条第1項第3項及び第5項第17条第1項及び第4項並びに第26条において同じ。)に申込まなければならない。ただし、条例第2条の2の表右欄に定めるトレーニングルーム又は温水プールを個人で使用しようとする者は、指定管理者の定める利用料金(以下「利用料金」という。)の支払により使用申込書による申込みを行ったものとみなす。

2 前項の規定にかかわらず、次に掲げる場合は、別表第1に定める期間の前に申し込むことができる。

(1) 区が事業を実施するために使用する場合

(2) 指定管理者が事業を実施するために使用する場合

(3) その他区長が特に必要と認める場合

3 中野区南部スポーツ・コミュニティプラザの温水プールを個人で使用しようとする者が、別表第2第4号に掲げる減免事由に該当するものとして利用料金の免除を受けようとするときは、当該使用に係る第23条第1項の規定による申請をもって、使用の申請があったものとみなす。

(附帯設備の使用の申請等)

第16条 別表第3に掲げる附帯設備を使用する者は指定管理者に申請しなければならない。

2 前項の規定による申請は、当該附帯設備の使用に係る施設の利用料金を納付すべきときまでに行わなければならない。

3 指定管理者は、附帯設備の使用の承認をしたときは、承認書を交付する。

4 前項の承認を受けた者は、当該附帯設備の使用に係る施設の利用料金を納付するときに当該附帯設備の利用料金を納付しなければならない。ただし、指定管理者は、相当の理由があると認めるときは、申出に基づき、附帯設備の利用料金の納付を猶予することができる。

5 第3項の承認を受けた者は、附帯設備の使用の変更又は取消しをしようとするときは、当該承認を受けた使用開始のときまでに、指定管理者へ届け出なければならない。

(使用の承認等)

第17条 指定管理者は、第15条の規定により使用の申込みがあったときは、その内容を審査した上で使用の承認の可否を決定し、使用承認・不承認決定通知書により、申込者に通知する。

2 前項の規定により使用の承認を受けた者(以下「使用者」という。)は、条例第12条第1項に規定する利用料金を納付しなければならない。ただし、指定管理者は、相当の理由があると認めるときは、申出に基づき、利用料金の納付を猶予することができる。

3 指定管理者は、前項に規定する利用料金の納付を受けたときは、利用料金領収書を交付する。

4 指定管理者は、プラザの各施設においては、営利を目的とする使用を承認することができない。

(使用手続)

第18条 使用者は、使用の承認を受けた施設及び附帯設備を使用する際には、前条第3項に規定する利用料金領収書を提示しなければならない。

(使用申込みの取消し)

第19条 使用者は、第15条第1項の規定により行った使用の申込みを取り消すときは、使用取消届出書により指定管理者に届け出なければならない。この場合において、当該使用者が既に第17条第3項に規定する利用料金領収書の交付を受けているときは、使用取消届出書に当該利用料金領収書を添えなければならない。

(利用料金の決定に係る申請)

第20条 指定管理者は、条例第12条第2項の規定による申請をするときは、区長が必要と認める事項を記載した申請書を区長に提出しなければならない。

(利用料金の告示)

第21条 区長は、条例第12条第2項の規定による承認をしたときは、その旨を告示するものとする。

(利用料金の減免基準)

第22条 区長は、条例第13条の規定によりプラザの施設の利用料金の額を減額又は免除するときは、別表第2に定めるとおりとする。

(利用料金の減免申請)

第23条 前条の規定による利用料金の減額又は免除を受けようとする者は、利用料金減額・免除申請書により指定管理者に申請し、その承認を受けなければならない。ただし、第3条第1項に規定する地域スポーツクラブの会員が利用料金の減額を受けようとするときは、別に定める会員証の提示をもって利用料金減額・免除申請書により指定管理者に申請したものとみなす。

2 指定管理者は、前項の承認をしたときは、当該申請をした者に利用料金減額・免除承認書を交付する。

3 前項の規定にかかわらず第1項のただし書の規定による利用料金の減額の申請に対する承認については、利用料金減額・免除承認書の交付を省略することができる。

(利用料金の還付)

第24条 条例第12条第5項ただし書の規則で定める事由は、次の各号に掲げる場合とし、当該場合に返還する額は、それぞれ当該各号に定めるとおりとする。

(1) 条例第11条第3号又は第4号に該当する場合 全額

(2) 使用者の責によらない事由により使用中に施設の使用ができなくなった場合で、かつ、使用時間が2分の1を経過していない場合 半額

(3) 使用日の1か月前までに第19条の規定による申請をし、承認を受けたとき 全額

(区長が使用料の徴収を行う場合に関する使用の承認等の規定の準用)

第25条 第15条第1項及び第3項第16条第2項及び第4項第17条第2項及び第3項第18条第19条第22条第23条前条別表第2並びに別表第3の規定は、条例第18条の規定により区長が使用料を徴収する場合において準用する。この場合において、第15条第1項中「指定管理者の定める利用料金(以下「利用料金」とあるのは、「区長の定める使用料(以下単に「使用料」と、同条第3項中「利用料金」とあるのは「使用料」と、第16条第2項中「利用料金」とあるのは「使用料」と、同条第4項中「利用料金」とあるのは「使用料」と、「指定管理者」とあるのは「区長」と、第17条第2項中「利用料金」とあるのは「使用料」と、「指定管理者」とあるのは「区長」と、同条第3項中「指定管理者」とあるのは「区長」と、「利用料金」とあるのは「使用料」と、「利用料金領収書」とあるのは「使用料領収書」と、第18条中「利用料金領収書」とあるのは「使用料領収書」と、第19条中「指定管理者」とあるのは「区長」と、「利用料金領収書」とあるのは「使用料領収書」と、第22条(見出しを含む。)「利用料金」とあるのは「使用料」と、第23条(見出しを含む。)「利用料金の」とあるのは「使用料の」と、「利用料金減額・免除申請書」とあるのは「使用料減額・免除申請書」と、「指定管理者」とあるのは「区長」と、「利用料金減額・免除承認書」とあるのは「使用料減額免除承認書」と、前条の見出し中「利用料金」とあるのは「使用料」と、別表第2の表及び別表第3の表備考2中「利用料金」とあるのは「使用料」と読み替えるものとする。

(使用者の義務)

第26条 使用者は、施設及び附帯設備の使用については、指定管理者の指示に従わなければならない。

(補則)

第27条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附 則

1 この規則は、平成27年4月1日から施行する。

2 この規則の規定による事業への参加のために必要な手続その他の行為は、この規則の施行の日前においても行うことができる。

附 則(平成28年6月17日規則第71号)

1 この規則は、平成28年7月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

2 第4条の規定による会員登録の手続その他必要な行為は、この規則の施行の日前においても行うことができる。

附 則(平成29年3月31日規則第30号)

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成30年3月30日規則第34号)

1 この規則は、平成30年4月1日から施行する。

2 平成30年7月1日付けで、新たに委嘱又は任命される理事会の理事の任期は、この規則による改正後の中野区スポーツ・コミュニティプラザ条例施行規則第12条第1項の規定にかかわらず、平成32年3月31日までとする。

附 則(平成30年7月10日規則第43号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成30年11月16日規則第62号)

1 この規則は、平成31年4月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

2 改正後の中野区スポーツ・コミュニティプラザ条例施行規則の規定による中野区スポーツ・コミュニティプラザの施設及び附帯設備の使用に係る手続その他必要な行為は、この規則の施行前においても行うことができる。

附 則(平成30年11月28日規則第64号)

1 この規則は、平成31年4月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

2 改正後の中野区スポーツ・コミュニティプラザ条例施行規則の規定による中野区スポーツ・コミュニティプラザの施設及び附帯設備の使用に係る手続その他必要な行為は、この規則の施行前においても行うことができる。

別表第1(第15条関係)

施設

申込開始日

申込終了日

地域スポーツクラブの会員

地域スポーツクラブの会員以外の者

屋外運動広場

使用日の属する月の2か月前の月の10日

使用日の属する月の1か月前の月の10日

使用日の前日

体育館

使用日の属する月の2か月前の月の10日

使用日の属する月の1か月前の月の10日

使用日の前日

多目的ルーム

使用日の属する月の2か月前の月の10日

使用日の属する月の1か月前の月の10日

使用日の前日

温水プール(団体利用)

使用日の属する月の2か月前の月の10日

使用日の属する月の1か月前の月の10日

使用日の14日前

温水プール(個人利用)

使用日

使用日

トレーニングルーム

使用日

使用日

別表第2(第22条関係)

減免事由

減額する額又は免除

(1) 条例第8条第3項に規定する地域スポーツクラブの会員が使用するとき。

利用料金の100分の50に相当する額とする。ただし、温水プールにおける一般(高校生以上)の利用料金については、100分の43に相当する額(10円未満は切り捨てる。)とする。

(2) 区が区民を対象としたスポーツに関する事業を実施するとき。

免除

(3) 中野区立中学校における部活動を単位とする団体が地域スポーツクラブの団体会員として登録し使用するとき。

(4) 中野区南部スポーツ・コミュニティプラザの温水プールを障害者等が使用するとき。

(5) 前各号に定めるもののほか、区長が別に定める事由に該当するとき。

免除又は区長が別に定める額

備考 この表において、障害者等とは、次に掲げる者をいう。

(1) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)に基づく身体障害者手帳の交付を受けている区民

(2) 東京都愛の手帳交付要綱(42民児精発第58号)に基づく愛の手帳の交付を受けている区民

(3) 戦傷病者特別援護法(昭和38年法律第168号)に基づく戦傷病者手帳の交付を受けている区民

(4) 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律(平成6年法律第117号)に基づく被爆者健康手帳の交付を受けている区民

(5) 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)に基づく精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている区民

(6) (1)から(3)まで及び(5)に掲げる者で中野区スポーツ・コミュニティプラザを使用するに当たり、介護を必要とするものの当該介護を行う者

別表第3(第16条関係)

(1) 中野区中部スポーツ・コミュニティプラザ

ア 屋内フットサルゴール

イ フットサルボール

ウ サッカーボール

エ バレーボールネット(支柱を含む。)

オ バレーボール

カ バスケットボール

キ バドミントンネット(支柱を含む。)

ク 卓球台(ネット及びボールを含む。)

ケ ストレッチマット(大)

コ ストレッチマット(小)

サ パドルテニスネット(支柱を含む。)

シ アンプ

ス 屋外照明設備

(2) 中野区南部スポーツ・コミュニティプラザ

ア 屋内フットサルゴール

イ フットサルボール

ウ バレーボールネット(支柱を含む。)

エ バレーボール

オ バスケットボール

カ バトミントンネット(支柱を含む。)

キ 卓球台(ネット、ボール及びラケットを含む。)

ク ストレッチマット(大)

ケ ストレッチマット(小)

コ 屋内用テニスネット(支柱を含む。)

サ アンプ

備考

1 使用回数については、条例別表1(1)の表及び別表2(1)アの表に規定する単位時間をそれぞれ1回とする。

2 スポーツ行事(区又は地域スポーツクラブが主催するスポーツに関するイベントをいう。)に必要な場合の利用料金については、同一人が1日のうち2回以上連続して使用しても1回の利用料金と同額とする(中野区中部スポーツ・コミュニティプラザにおける屋外照明設備を除く。)。

中野区スポーツ・コミュニティプラザ条例施行規則

平成27年3月26日 規則第24号

(平成30年11月28日施行)

体系情報
第2編 区民の権利・義務/第2章 区民施設/第7節 公園・運動施設等
未施行情報
沿革情報
平成27年3月26日 規則第24号
平成28年6月17日 規則第71号
平成29年3月31日 規則第30号
平成30年3月30日 規則第34号
平成30年7月10日 規則第43号
平成30年11月16日 規則第62号
平成30年11月28日 規則第64号