•  
  • メール
最終更新日 2015年5月1日
ページID 020845印刷

住居表示

中野区の住居表示

中野区は全域で住居表示を実施しています。

住居表示は、町名(中野4丁目、等)、街区符号(番)、住居番号(号)で表します。(中野区中野4丁目8番1号など)

ただし、中高層建物として付定された建物の住居表示は、住居番号に部屋番号等を含めて表します。(中野区中野4丁目8番1ー501号など)

住居番号は、区への届出(建物その他の工作物新築届)により付定されます。

住居表示の付定

建物を新築したときは、建物その他の工作物新築届を提出してください。

未届の建物は住居表示が付定されていないため、居住する方の住民異動届(転入届等)を受付できません。

届出により住居表示が付定された建物に、住居表示付定通知書と住居表示板(緑色の金属製プレート)を交付します。

なお、中野区の住居表示板は、「8-1」等により番と号のみを表示しており、町名(「中野1丁目」等)の表示板はありません。

建替の場合も届出が必要です。

建築確認や不動産登記とは別に届出が必要です。

住居表示板

届出できる時期

建物の完成予定の概ね2か月前から

建物が完成しているときは、至急届出してください。住居表示が付定されていないと、居住する方の住民異動届(転入届等)が受付できません。

届出できる方

建物の所有者、または建築・不動産関係業者

 届出に必要なもの

(1)建物その他の工作物新築届(申請書)

(2)案内図(建物の所在や周辺の建物を示した地図)

(3)配置図(建物の大きさや形、主な出入口、周辺道路や隣地境界線との距離が確認できる図面で、寸法が入っているもの)

(4)平面図(1階部分のみ。ただし、5階建てかつ20戸以上の建物は各階)

受付窓口

区役所1階5番窓口 戸籍住民分野住民記録担当

郵送による届出はできません。

 補助番号の付定

住居番号(号)は、建物の出入口が道路に接している位置によって決まるため、複数の建物が同一の住居表示となることがあります。

この場合、申請により補助番号(建物ごとに固有の番号)を付ける制度があります。

補助番号は、号の後に「-1」等により表します。(中野区中野4丁目8番1号-1 など)

補助番号を付定した建物には、補助番号付定通知書と補助番号板(「-1 」等を表示する緑色の金属製プレート)を交付します。

補助番号板

補助番号を付定する基準

(1)住居表示が同一の建物が10棟以上存在する区域にある建物

(2)住居表示が同一の建物が複数存在する区域にある建物で、補助番号を付さないと住居の特定が困難なもの(同姓の人がいる等)

届出できる方

建物の所有者、または建築・不動産関係業者

 届出に必要なもの

(1)補助番号付定申請書

(2)本人確認書類(運転免許証、健康保険証等)

受付窓口

区役所1階5番窓口 戸籍住民分野住民記録担当

郵送による届出はできません。

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(新しいウインドウが開きます)が必要です。

関連情報

このページについてのお問い合わせ先

区民サービス管理部 戸籍住民分野 住民記録担当(住居表示)

区役所1階 5番窓口

電話番号 03-3228-5624
ファクス番号 03-3228-5653
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時半~午後5時(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート