中野区スクールソーシャルワーカー設置要綱

2017年2月13日

教育委員会要綱第1号

(設置)

第1条 中野区立小中学校(以下「学校」という。)の児童及び生徒並びにその保護者が抱えているいじめ、不登校、暴力行為及び児童虐待等の様々な生徒指導上の課題に対応するため、学校教育分野に中野区スクールソーシャルワーカー(以下「ソーシャルワーカー」という。)を置く。

2 ソーシャルワーカーは、非常勤とする。

(職務)

第2条 ソーシャルワーカーは、教育委員会事務局次長の命を受け、指導室長の指揮監督の下に、次に掲げる職務に従事する。

(1) 問題を抱える児童及び生徒が置かれた環境改善に向けた働きかけ

(2) 学校への巡回訪問

(3) 学校からの要請による学校訪問、家庭訪問及び問題等への対応

(4) 保護者及び教職員等に対する問題解決に向けた支援、相談及び情報提供

(5) 学校内における教育相談体制の構築及び支援

(6) 関係機関等とのネットワークの構築及び連携・調整

(7) 教職員等への研修活動

(8) 前各号に掲げるもののほか、指導室長が必要と認めること。

(任用)

第3条 ソーシャルワーカーは、次の各号のいずれかを満たす者のうちから、選考の上、中野区教育委員会が任用する。

(1) 社会福祉士の資格を有する者

(2) 精神保健福祉士の資格を有する者

(3) ソーシャルワーカーの経験のある者

(勤務条件)

第4条 ソーシャルワーカーの勤務条件については、この要綱に定めるもののほか、中野区に勤務する非常勤職員の勤務条件等に関する要綱(1999年3月29日中野区要綱第34号)の定める非常勤職員の例による。

(勤務)

第5条 ソーシャルワーカーの勤務日数は、1か月について8日とし、勤務の割振りは指導室長が定める。

2 ソーシャルワーカーの勤務時間は、午前8時30分から午後6時15分までの間の7時間45分とする。(休憩時間を除く。)

(補則)

第6条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は、別に定める。

附 則

この要綱は、2017年4月1日から施行する。

中野区スクールソーシャルワーカー設置要綱

平成29年2月13日 教育委員会要綱第1号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
要綱通知編/ 教育委員会事務局
沿革情報
平成29年2月13日 教育委員会要綱第1号