中野区立体育館条例施行規則

平成23年3月31日

規則第42号

(趣旨)

第1条 この規則は、中野区立体育館条例(昭和45年中野区条例第15号。以下「条例」という。)の施行に関し必要な事項を定めるものとする。

(使用時間)

第2条 中野区立体育館(以下「体育館」という。)の使用時間は、使用の承認を受けた時間とし、準備及び片付けに要する時間を含むものとする。

(使用者登録)

第3条 次条第1項及び第2項の規定による申請をしようとする者は、あらかじめスポーツ施設使用者登録申請書により、使用者登録を行うものとする。

(使用の申請)

第4条 第1号から第4号までに掲げる施設を団体で使用しようとする者及び第5号に掲げる施設を使用しようとする者は、施設予約システム(体育館の使用の申請等に係る事務を電子計算組織により処理するシステムをいう。以下同じ。)により、条例第2条の2に規定する指定管理者(以下単に「指定管理者」という。)(区長が体育館の管理及び運営を行うときは、区長。次項第6条第1項第4項及び第6項第8条第2項及び第3項第11条第3項及び第5項並びに第16条において同じ。)に申請しなければならない。

(1) 中野区立体育館の主競技場、卓球場、柔道場及び剣道場

(2) 中野区立中野体育館の第一会議室及び第二会議室

(3) 中野区立鷺宮体育館の競技場

(4) 中野区立鷺宮体育館の軽体操室及び第一会議室

(5) 中野区立鷺宮体育館のミーティングルーム

2 中野区立鷺宮体育館のプールを団体で使用しようとする者は、施設使用申請書により指定管理者に申請しなければならない。

3 中野区立鷺宮体育館のプールを個人で使用しようとする者が、第13条第1項の規定により別表第3第1号に掲げる減免事由に該当するものとして指定管理者の定める利用料金(以下単に「利用料金」という。)の免除を受けようとするときは、当該使用に係る第14条第1項の規定による申請をもって、使用の申請があったものとみなす。

(申請の期間)

第5条 前条第1項及び第2項の規定による申請は、別表第1に定める受付開始日から使用日の前日(プールの使用に係る申請については、1か月前)までに行わなければならない。

2 前項の規定にかかわらず、次に掲げる場合は、区長、指定管理者(指定管理者に体育館の管理を行わせる場合に限る。)及び体育館の利用者を代表する者として区長が別に指定する者で構成される利用調整会議を経て、前項の受付開始日前に申請することができる。

(1) 区が事業を実施するために使用する場合

(2) 中野区教育委員会(以下「委員会」という。)が別に定める社会教育団体が次のからまでに掲げる事業のいずれかを主催するために使用する場合

 区民を対象とするスポーツに関する大会

 初心者が参加することができるスポーツに関する教室

 スポーツに関する審判員又は指導者を養成するための講習会

(3) 区内の学校(学校教育法(昭和22年法律第26号)に定める学校(中野区立のものを除く。)、専修学校及び各種学校をいう。)がその学生、生徒及び児童を対象とするスポーツに関する学校行事を主催し、又は連合して実施するために使用する場合

(4) 区内の公益法人又は公共的団体が公共的な行事を主催するために使用する場合

(5) 国又は地方公共団体がその所管する事業を実施するために使用する場合

(6) 指定管理者が事業を実施するために使用する場合

(7) その他区長が特に必要と認める場合

(使用の承認等)

第6条 指定管理者は、第4条第1項の規定による同項第1号及び第3号に掲げる施設の使用の申請があったときは、施設予約システムにより使用の承認を行う。

2 前項の承認を受けた者は、承認を受けた日から14日(当該承認が、別表第1の同時に受け付けたとみなす期間中の申請に基づくものである場合は、28日)以内(使用日までの間に限る。)に利用料金を納付しなければならない。ただし、指定管理者は、相当の理由があると認めるときは、申出に基づき、利用料金の納付を猶予することができる。

3 指定管理者は、前項の規定により、利用料金を納付した者に対し施設使用承認書を交付する。

4 指定管理者は、第4条第1項の規定による同項第2号第4号及び第5号に掲げる施設の使用の申請があったときは、施設予約システムにより使用の承認を行う。

5 前項の承認を受けた者は、使用日に利用料金を納付しなければならない。ただし、指定管理者が相当の理由があると認めるときは、使用日前に納付することができる。

6 指定管理者は、第4条第2項の規定による申請があったときは、申請の順序により使用の承認を行うとともに、当該承認を受けた者に対し施設使用承認書を交付する。

7 前項の承認を受けた者は、施設使用承認書の交付を受けた際に利用料金を納付しなければならない。

8 第4条第3項の規定による申請があったときは、第14条第2項の承認書の交付をもって、使用の承認に代えるものとする。

9 体育館の施設(自動車駐車場及び中野区立鷺宮体育館のミーティングルームを除く。)を個人で使用しようとする者(第4条第3項の利用料金の免除を受けようとする者を除く。)は、当該施設を使用しようとするときに利用料金を納付しなければならない。この場合において、指定管理者は、当該利用料金を納付した者に対し使用券を交付する。

10 自動車駐車場の使用については、駐車券の交付をもって使用の承認に代えるものとする。

11 中野区立中野体育館の第一会議室及び第二会議室並びに中野区立鷺宮体育館の軽体操室、第一会議室及びミーティングルームにおいては、営利を目的とする使用を承認することができない。

(使用の際の手続)

第7条 前条第1項の承認を受けた者は、当該承認を受けた施設を使用する際に、同条第2項の施設使用承認書を提示しなければならない。

2 前条第3項の承認を受けた者は、当該承認を受けた施設を使用する際に、第3条の使用者登録を受けたことを証する書類を提示しなければならない。

3 前条第5項の承認を受けた者は、当該承認を受けた施設を使用する際に、同項の施設使用承認書を提示しなければならない。

4 前条第7項の承認を受けた者は、当該承認を受けた施設を使用する際に、同項の承認書を提示しなければならない。

5 前条第9項の使用券の交付を受けた者は、当該使用券に係る施設を使用する際に、当該使用券を提出しなければならない。

(使用申請の取消し)

第8条 第6条第1項の承認を受けた者は、当該使用の申請の取消しをしようとするときは、施設使用取消届書により指定管理者に届け出なければならない。この場合において、当該承認を受けた者が同条第3項の施設使用承認書の交付を受けているときは、施設使用取消届書に当該施設使用承認書を添えなければならない。

2 第6条第4項の承認を受けた者は、当該使用の申請の取消しをしようとするときは、使用開始の日の3日前までに施設予約システムにより指定管理者に届け出なければならない。

3 第6条第6項の承認を受けた者は、当該使用の申請の取消しをしようとするときは、施設使用取消届書に同項の施設使用承認書を添えて指定管理者に届け出なければならない。

(利用料金の決定に係る申請)

第9条 指定管理者は、条例第6条第2項の規定による申請をするときは、区長が必要と認める事項を記載した申請書を区長に提出しなければならない。

(利用料金の告示)

第10条 区長は、条例第6条第2項の規定による承認をしたときは、その旨を告示するものとする。

(附帯設備の使用の申請等)

第11条 別表第2に掲げる附帯設備を団体で使用しようとする者は、申請書により指定管理者に申請しなければならない。

2 前項の規定による申請は、当該附帯設備の使用に係る施設の利用料金を納付すべきときまでに行わなければならない。

3 指定管理者は、附帯設備の使用の承認をしたときは、承認書を交付する。

4 前項の承認を受けた者は、当該附帯設備の使用に係る施設の利用料金を納付するときに当該附帯設備の利用料金を納付しなければならない。ただし、指定管理者は、相当の理由があると認めるときは、申出に基づき、附帯設備の利用料金の納付を猶予することができる。

5 第3項の承認を受けた者は、附帯設備の使用の変更又は取消しをしようとするときは、当該承認を受けた使用開始の時までに指定管理者に届け出なければならない。

(利用料金の還付)

第12条 条例第6条第5項ただし書の規則で定める事由は、次の各号に掲げる場合とし、還付する額は、当該各号に定める額とする。

(1) 条例第10条第3号又は第4号に該当する場合 既納の利用料金の全額

(2) 体育館の使用の承認を受けた者(以下「使用者」という。)の責任によらない理由で体育館の使用中にその使用ができなくなり、かつ、使用時間の3分の2を経過しない場合 既納の利用料金の100分の50に相当する額

(3) 使用開始の日の1か月前までに第8条第1項又は第3項の規定による届出をしたとき 既納の施設の利用料金の全額

(4) 使用開始の日の10日前までに第8条第1項又は第3項の規定による届出をしたとき 既納の施設の利用料金の100分の80に相当する額

(5) 使用開始の日の前日までに第8条第1項又は第3項の規定による届出をしたとき 既納の施設の利用料金の100分の50に相当する額

(6) 前条第5項の規定による届出をしたとき 既納の附帯設備の利用料金の全額

(利用料金の減免基準)

第13条 条例第7条の規定により体育館の施設(自動車駐車場を除く。)の利用料金を減免するときは、別表第3に定めるところによる。

2 条例第7条の規定により自動車駐車場の利用料金を免除する場合は、次に掲げる場合とする。

(1) 中野区、中野区立の学校及び中野区設立の法人に対する助成等に関する条例施行規則(平成2年中野区規則第72号)別表に掲げる法人が自動車駐車場を使用する場合

(2) 前号に掲げる場合のほか、区長が別に定める場合に該当するとき。

(利用料金の減免申請)

第14条 条例第7条の規定により利用料金の減免を受けようとする者は、利用料金減額免除申請書により指定管理者に申請し、承認を受けなければならない。ただし、指定管理者が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

2 指定管理者は、前項の承認に際して承認書を交付する。

(区長が使用料の徴収を行う場合に関する使用の承認等の規定の準用)

第15条 第4条第3項第6条第2項第3項第5項及び第7項から第9項まで、第7条第1項第4項及び第5項第8条第1項第11条第2項及び第4項第12条第13条前条別表第2並びに別表第3の規定は、条例第14条の規定により区長が使用料を徴収する場合において準用する。この場合において、第4条第3項中「指定管理者の定める利用料金(以下単に「利用料金」とあるのは「区長の定める使用料(以下単に「使用料」と、第6条第2項第3項及び第5項中「利用料金」とあるのは「使用料」と、「指定管理者」とあるのは「区長」と、同条第7項中「利用料金」とあるのは「使用料」と、同条第9項中「の利用料金」とあるのは「の使用料」と、「ときに利用料金」とあるのは「ときに使用料」と、「指定管理者」とあるのは「区長」と、「当該利用料金」とあるのは「当該使用料」と、第8条第1項中「指定管理者」とあるのは「区長」と、第11条第2項中「利用料金」とあるのは「使用料」と、同条第4項中「利用料金」とあるのは「使用料」と、「指定管理者」とあるのは「区長」と、第12条(見出しを含む。)及び第13条(見出しを含む。)中「利用料金」とあるのは「使用料」と、前条の見出し中「利用料金」とあるのは「使用料」と、同条第1項中「利用料金の」とあるのは「使用料の」と、「利用料金減額免除申請書」とあるのは「使用料減額免除申請書」と、「指定管理者」とあるのは「区長」と、同条第2項中「指定管理者」とあるのは「区長」と、別表第2(1)の表備考2及び別表第2(2)の表備考2中「利用料金」とあるのは「使用料」と、別表第3中「指定管理者」とあるのは「区長」と、「利用料金」とあるのは「使用料」と読み替えるものとする。

(使用者の義務)

第16条 使用者は、条例及び規則等に定める事項を遵守し、かつ、施設及び附帯設備の使用については、すべて指定管理者の指示に従い、その使用を終了したときは、指定管理者の点検を受けなければならない。

(事業報告書の作成及び提出)

第17条 指定管理者は、毎年度終了後、次に掲げる事項を記載した当該年度の事業報告書を速やかに区長に提出しなければならない。当該年度において地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第11項の規定により指定を取り消されたときも同様とする。

(1) 管理運営の業務の実施状況

(2) 管理運営の経理の状況

(3) 前2号に掲げるもののほか、区長が管理運営の実施状況を把握するため特に必要と認める事項

(委任)

第18条 この規則に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附 則

この規則は、平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成23年6月1日規則第60号抄)

(施行期日)

第1条 この規則は、平成23年7月19日(以下「施行日」という。)から施行する。

附 則(平成23年12月27日規則第97号)

この規則は、平成24年1月4日から施行する。

附 則(平成30年7月23日規則第46号)

(施行期日)

1 この規則は、平成31年4月1日から施行する。ただし、次項の規定は、公布の日から施行する。

(準備行為)

2 改正後の中野区立体育館条例施行規則の規定による中野区立体育館の施設、附帯設備及び自動車駐車場の使用に係る手続その他必要な行為は、この規則の施行前においても行うことができる。

別表第1(第5条関係)

(1) 中野区立中野体育館

施設

区分

受付開始日

同時に受け付けたとみなす期間

主競技場、卓球場、柔道場又は剣道場

区民の団体

体育目的による使用の場合

使用日の属する月の7か月前の月の21日

受付開始日から同月の月末まで

区民等の団体

体育目的による使用の場合

使用日の属する月の4か月前の月の初日

 

一般の団体

 

使用日の属する月の2か月前の月の初日

 

第一会議室、第二会議室

区民の団体

主競技場、卓球場、柔道場、剣道場と併せて使用する場合

使用日の属する月の6か月前の月の2日

 

区民の団体、区民等の団体

会議室のみを使用する場合

使用日の属する月の4か月前の月の21日

受付開始日から同月の月末まで

(2) 中野区立鷺宮体育館

施設

区分

受付開始日

同時に受け付けたとみなす期間

競技場

区民の団体、区民等の団体

体育目的による使用の場合

使用日の属する月の7か月前の月の21日

受付開始日から同月の月末まで

一般の団体

 

使用日の属する月の2か月前の月の初日

 

プール

区民の団体、区民等の団体

体育目的による全コース使用の場合

使用日の属する月の6か月前の月の初日

 

体育目的による全コース使用以外の場合

使用日の属する月の4か月前の月の初日

 

一般の団体

 

使用日の属する月の2か月前の月の初日

 

軽体操室、第一会議室

区民の団体、区民等の団体

体育目的による競技場の使用と併せて使用する場合

使用日の属する月の6か月前の月の2日

 

体育目的によるプールの使用と併せて使用する場合

使用日の属する月の6か月前の月の初日

 

区民の団体

使用日の属する月の3か月前の月の21日

受付開始日から同月の月末まで

区民等の団体

使用日の属する月の1か月前の月の初日

 

ミーティングルーム

区民、区民の団体

使用日の属する月の3か月前の月の21日

受付開始日から同月の月末まで

区民等の団体

使用日の属する月の1か月前の月の初日

 

備考

1 この表において次の各号に掲げるものの意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 区民 区内に住所又は勤務地がある者及び区内の学校(学校教育法に定める学校、専修学校及び各種学校をいう。)又は保育所に在籍している者をいう。

(2) 団体 20歳以上の者を代表者とする団体で、その構成員の数が5人(中野区立鷺宮体育館のプールを使用する場合については10人)以上の団体をいう。

(3) 区民の団体 スポーツ活動若しくはその振興又は地域活動、福祉活動、教育活動等の公共的な活動を主たる目的とする団体で、その構成員のすべてが区民である団体をいう。

(4) 区民等の団体 スポーツ活動若しくはその振興又は地域活動、福祉活動、教育活動等の公共的な活動を主たる目的とする団体で、構成員の半数以上の者及び代表者が区民である団体をいう。

(5) 一般の団体 区民の団体、区民等の団体以外の団体をいう。

2 受付開始日が休館日に当たるときは、その直後の休館日でない日を受付開始日とし、受付の終了日が休館日に当たるときは、その直前の休館日でない日を受付の終了日とする。

別表第2(第11条、第15条関係)

(1) 中野区立中野体育館

ア 体操用具

イ トランポリン用具

ウ バレーボールネット

エ バドミントンネット

オ バスケットボールゴール

カ テニスネット

キ パドルテニスネット

ク フットサルゴール

ケ 卓球台

コ レスリング用具

サ 電光表示装置

シ 補助椅子(3人掛け)

ス 柔道畳

セ 剣道防具

ソ ピアノ

タ フロアーシート

チ アンプ

備考

1 使用回数については、条例別表第2の1(1)の表に規定する単位時間をそれぞれ1回とする。

2 スポーツ行事に必要な場合の利用料金については、同一人が1日のうち2回以上連続して使用しても1回の利用料金と同額とする。

(2) 中野区立鷺宮体育館

ア 体操用具

イ トランポリン用具

ウ バレーボールネット

エ バドミントンネット

オ バスケットボールゴール

カ パドルテニスネット

キ フットサルゴール

ク 卓球台

ケ 柔道畳

コ フロアーシート

サ アンプ

備考

1 使用回数については、条例別表第2の2(1)の表に規定する単位時間をそれぞれ1回とする。

2 スポーツ行事に必要な場合の利用料金については、同一人が1日のうち2回以上連続して使用しても1回の利用料金と同額とする。

別表第3(第13条、第15条関係)

減免事由

減免する額

(1) 中野区立鷺宮体育館のプールを障害者等が個人使用するとき。

(2) 5人以上で構成され、かつ、その構成員の半数以上が区民である団体が中野区立中野体育館の第一会議室及び第二会議室並びに中野区立鷺宮体育館の軽体操室、第一会議室及びミーティングルームを中野区区民活動センター条例施行規則(平成23年中野区規則第60号)第8条第1項第1号から第4号までに規定する活動のために使用するとき。

全額

(3) 第5条第2項第2号又は第3号に掲げる場合に該当するとき。

(4) 委員会が別に定める社会教育団体及び区外の社会教育団体が幹事を持ち回りで開催するスポーツに関する大会を当該委員会が別に定める社会教育団体が幹事として開催するとき。

利用料金の100分の50に相当する額

(5) 第5条第2項第4号又は第5号に掲げる場合に該当するとき。

利用料金の100分の30に相当する額

(6) 前各号に定めるもののほか、区長が別に定める事由に該当するとき。

全額又は区長が別に定める額

備考 この表において障害者等とは、次に掲げる者をいう。

(1) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)に基づく身体障害者手帳の交付を受けている区民

(2) 東京都愛の手帳交付要綱(42民児精発第58号)に基づく愛の手帳の交付を受けている区民

(3) 戦傷病者特別援護法(昭和38年法律第168号)に基づく戦傷病者手帳の交付を受けている区民

(4) 原子爆弾被爆者に対する援護に関する法律(平成6年法律第117号)に基づく被爆者健康手帳の交付を受けている区民

(5) 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)に基づく精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている区民

(6) (1)から(3)まで及び(5)に掲げる者で体育館を使用するに当たり介護を必要とするものの当該介護を行う者

中野区立体育館条例施行規則

平成23年3月31日 規則第42号

(平成30年7月23日施行)

体系情報
第2編 区民の権利・義務/第2章 区民施設/第7節 公園・運動施設等
未施行情報
沿革情報
平成23年3月31日 規則第42号
平成23年6月1日 規則第60号
平成23年12月27日 規則第97号
平成30年7月23日 規則第46号