中野区地域住民による公園等の管理作業に関する要綱

2008年5月29日

要綱第114号

(目的)

第1条 この要綱は、区が管理する公園、ポケットパーク又は緑地(以下「公園等」という。)の日常的な管理作業(以下「管理作業」という。)を区民等で構成する団体が主体的に行うことにより、地域のコミュニケーションを活発化するとともに公園への親しみを深めることを目的とする。

(団体登録の申請等)

第2条 公園等の管理作業を行おうとする団体は、あらかじめ団体登録申請書(第1号様式)により区長の認定を受けなければならない。

2 認定を受けることができる団体は、次の各号に掲げる要件を備えた団体とする。

(1) 緑化の推進に意識が高く、公園等の管理作業に対する意欲と地域貢献活動に対する熱意を持っていること。

(2) 区内に在住、在勤、又は在学している者3人以上で構成されていること。

(3) 管理作業を継続して遂行できること。

(4) 前各号に掲げるもののほか、区長が特に必要と認める要件

(認定)

第3条 区長は、前条第1項の規定による申請があったときは、必要な審査を行い、適当と認めたときは、団体登録認定書(第2号様式)により当該申請をした団体に通知する。

(協定)

第4条 区長は、前条の規定により認定した団体(以下「認定団体」という。)と管理作業に係る協定を締結するものとする。

(管理作業の内容)

第5条 認定団体は、次に掲げる項目のうちいずれかを選択し、協定で定めた範囲内において管理作業を行う。

(1) 清掃及び除草

(2) 花壇づくり

(3) 前各号に掲げるもののほか、区長が適当と認める管理作業

(活動報告等)

第6条 認定団体は、毎年度終了後、速やかに当該年度に係る活動内容を管理作業活動報告書(第3号様式)により区長に報告しなければならない。

2 認定団体は、公園等内において異常を発見したときは、速やかに区長に連絡しなければならない。

(支援等)

第7条 区長は、認定団体による公園等の管理作業が円滑に行われるよう必要な支援等を行うものとする。

(認定の取消し)

第8条 区長は、次の各号のいずれかに該当するときは、第3条の規定による認定を取り消すことができる。

(1) 認定団体が公園等の適切な管理作業を行っていないと認めるとき。

(2) 認定団体から申出があったとき。

(補則)

第9条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附 則

この要綱は、2008年6月1日から施行する。

様式 略

中野区地域住民による公園等の管理作業に関する要綱

平成20年5月29日 要綱第114号

(平成20年6月1日施行)