中野区地方公共団体組織認証基盤における登録分局の運営に関する要綱

2007年3月30日

要綱第68号

(趣旨)

第1条 この要綱は、地方公共団体組織認証基盤における中野区登録分局(以下「登録分局」という。)の運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(準拠規定)

第2条 この要綱に定めるもののほか、登録分局の運営については、地方公共団体組織認証基盤の運営に関する基本綱領(平成18年4月1日総合行政ネットワーク運営協議会制定)並びに財団法人地方自治情報センターによるLGPKI登録分局運営の手引及びLGPKI証明書利用者の手引の定めるところによる。

(用語の定義)

第3条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 証明書 公開かぎ暗号で利用される電子的なかぎ対の公開される方のかぎ及び発行対象を識別する情報を含むデータに地方公共団体組織認証基盤の運営を行う総合行政ネットワーク運営主体が、発行対象の正当性を保証する電子署名を付与して発行するデータをいう。

(2) 秘密かぎ 証明書の発行を受けたもののみが利用可能な電子的なかぎをいう。

(3) かぎ格納媒体 秘密かぎの格納媒体をいう。

(4) PIN 秘密かぎを利用する際に必要な符号をいう。

(5) 部 中野区組織条例(昭和40年中野区条例第1号)第1条に規定する室及び部並びに会計室、教育委員会事務局、選挙管理委員会事務局、監査事務局及び区議会事務局をいう。

(6) 申請承認者 前号に規定する部の長をいう。ただし、教育委員会事務局にあっては、教育委員会事務局次長をいう。

(7) 分野 部の事務分掌を区分したもの並びに会計室、選挙管理委員会事務局、監査事務局及び区議会事務局をいう。

(8) 証明書管理者 分野の統括管理者をいう。ただし、会計室にあっては会計室長、選挙管理委員会事務局にあっては選挙管理委員会事務局長、監査事務局にあっては監査事務局長、区議会事務局にあっては区議会事務局次長をいう。

(登録分局の体制)

第4条 登録分局に、次に掲げる者を置く。

(1) 登録分局責任者

(2) 審査承認者

(3) 審査担当者

(4) 受付担当者

2 登録分局責任者及び審査承認者は、経営室経営分野統括管理者をもって充てる。

3 審査担当者は、経営室文書施策執行責任者をもって充てる。

(証明書管理者)

第5条 証明書管理者は、証明書の申請事務を統括する。

2 証明書の申請は、申請承認者の承認を得て行う。

(証明書管理台帳)

第6条 登録分局責任者は、証明書を配付し、若しくは廃止したとき又は次条第2項の規定による報告を受けたときは、証明書管理台帳(第1号様式)に必要事項を記載しなければならない。

(登録分局責任者への報告)

第7条 証明書管理者は、次の各号のいずれかに該当するときは、証明書事故報告書(第2号様式)により登録分局責任者に報告しなければならない。

(1) かぎ格納媒体の紛失又は盗難、PINの漏えい等により、秘密かぎの危たい化の疑いが生じたとき。

(2) かぎ格納媒体の不良又は破損があったとき。

2 証明書管理者は、次の各号のいずれかに該当するときは、証明書管理保管状況変更報告書(第3号様式)により登録分局責任者に報告しなければならない。

(1) かぎ格納媒体を廃棄したとき。

(2) かぎ格納媒体の保管場所を変更したとき。

(3) 証明書管理者を変更したとき。

(補則)

第8条 この要綱に定めるもののほか、地方公共団体組織認証基盤における登録分局の運営について必要な事項は、別に定める。

附 則

この要綱は、2007年4月1日から施行する。

附 則(2008年3月31日要綱第39号)

この要綱は、2008年4月1日から施行する。

附 則(2010年10月13日要綱第161号)

この要綱は、2010年10月13日から施行する。

様式 略

中野区地方公共団体組織認証基盤における登録分局の運営に関する要綱

平成19年3月30日 要綱第68号

(平成22年10月13日施行)