中野区環境マネジメントシステム推進体制に関する要綱

2006年5月10日

要綱第137号

(趣旨)

第1条 この要綱は、中野区(以下「区」という。)の事務事業等の執行に当たり、第3条に規定する施設においてISO14001規格の要求事項に適合し、環境負荷の低減を図ることを目的とした環境マネジメントシステム(以下「EMS」という。)を確立、運用、維持及び管理するための推進体制に必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この要綱において「環境方針」、「順守義務」、「リスク及び機会」及び「環境目標」の用語の定義は、JISQ14001に定めるところによる。

(対象施設)

第3条 EMSの適用の対象となる施設は、区役所本庁舎及び区が所有し、又は賃借している別表に掲げる施設とする。

(組織)

第4条 EMSの推進のために、次の者を置く。

(1) 環境管理統括者

(2) 環境管理副統括者

(3) 環境管理責任者

(4) 実行部門責任者

(5) 環境マネジメント推進管理者

(6) 環境マネジメント推進員

2 EMSの審議機関として環境マネジメント推進委員会を置く。

3 EMSの内部監査を行うためにEMS内部監査委員会を置く。

(環境管理統括者)

第5条 環境管理統括者(以下「統括者」という。)は、区長をもって充てる。

2 統括者は、推進組織の最高責任者として、次に掲げる事項を処理する。

(1) EMSの確立、運用、維持及び管理に必要な人的資源、技術及び必要な費用を確保すること。

(2) 環境方針を決定すること。

(3) 環境目標及び実施計画を決定すること。

(4) 環境管理責任者及びEMS内部監査員を指名すること。

(5) EMSの見直しを行うこと。

(環境管理副統括者)

第6条 環境管理副統括者(以下「副統括者」という。)は、副区長(地方自治法(昭和22年法律第67号)第152条第1項の規定により区長の職務を代理する副区長の順序が定められている場合は、第1順位の副区長。以下同じ。)及び教育長をもって充てる。

2 副統括者は、統括者を補佐し、統括者に事故あるとき又は統括者が欠けたときは、その職務を代理する。

(環境管理責任者)

第7条 環境管理責任者(以下「管理責任者」という。)は、経営室長をもって充てる。

2 管理責任者は、統括者の指示を受け、次に掲げる事項を処理する。

(1) EMSの確立、運用、維持及び管理に関すること。

(2) 環境に著しい影響を与える又は与える可能性のある側面(以下「著しい環境側面」という。)、順守義務並びに外部及び内部の課題を決定すること。

(3) 著しい環境側面、順守義務その他の課題及び要求事項から発生するリスク及び機会を決定すること。

(4) 環境目標及び実施計画を環境マネジメント推進委員会に提案し、審議結果を統括者に報告すること。

(5) EMSの確立、運用、維持及び管理に必要な事項を実行部門責任者に指示し、その結果を確認すること。

(6) ISO14001規格の要求事項に対し、環境目標及び順守義務と不適合がある場合は、実行部門責任者に是正を指示し、その結果を確認すること。

3 管理責任者は、EMSの確立、運用、維持及び管理に関し、必要な場合は担当する分野の環境マネジメント推進管理者から意見を聴くことができる。

(実行部門責任者)

第8条 実行部門責任者は、部(中野区組織条例(昭和40年中野区条例第1号)第1条に規定する室及び部並びに会計室、区議会事務局、教育委員会事務局、選挙管理委員会事務局及び監査事務局をいう。以下同じ。)に置き、部の長(教育委員会事務局にあっては教育委員会事務局次長をいう。)をもって充てる。

2 実行部門責任者は、管理責任者の指示を受け、部におけるEMSの要求事項を実施するために次に掲げる事項を処理する。

(1) 部のEMSの確立、運用、維持及び管理に関し必要な事項を処理し、その結果を管理責任者に報告すること。

(2) 部における不適合を判断し、是正処置を指示し、確認すること。

(3) 緊急事態を予防し、発生時には対策を講じるとともに、管理責任者に報告すること。

(4) 前各号に掲げる事項のほか部内におけるEMSを総括すること。

(環境マネジメント推進管理者)

第9条 環境マネジメント推進管理者(以下「EMS推進管理者」という。)は、分野に置き、分野の統括管理者をもって充てる。

2 EMS推進管理者は、実行部門責任者の指示を受け、次に掲げる事項を処理する。

(1) 分野のEMSの確立、運用、維持及び管理に関し必要な事項を処理し、その結果を実行部門責任者に報告すること。

(2) EMSの環境目標に基づき適正に事務事業を執行すること。

(3) 前2号のほか、分野におけるEMSを総括すること。

(環境マネジメント推進員)

第10条 環境マネジメント推進員(以下「EMS推進員」という。)は、分野及び分野が所管する施設に置き、EMS推進管理者の指名する者をもって充てる。

2 EMS推進員は、EMS推進管理者の指示により、EMSの確立、運用、維持及び管理に必要な事項を処理する。

(省エネ法に関連する事項)

第11条 管理責任者及び実行部門責任者のうち、子ども教育部長は、エネルギーの使用の合理化等に関する法律(昭和54年法律第49号。以下「省エネ法」という。)に基づき、区が設置するエネルギー管理統括者を兼ねるものとし、エネルギー利用の一層の効率化を着実に推進するために、エネルギー管理統括者として、省エネ法及び東京都地球温暖化対策指針(2009年に東京都が策定した、東京都内の温室効果ガス排出量の確実な削減を実現するための指針をいう。以下同じ。)で求められる事項を処理する。

2 EMS推進管理者のうち、経営室施設分野統括管理者及び子ども教育部子ども教育施設分野統括管理者は、区が設置するエネルギー管理企画推進者を兼ねるものとし、エネルギー管理企画推進者として省エネ法及び東京都地球温暖化対策指針で求められる事項を処理する。

(環境マネジメント推進委員会)

第12条 環境マネジメント推進委員会は、副統括者、管理責任者、実行部門責任者及びエネルギー管理企画推進者(経営室施設分野統括管理者)で構成する。

2 委員会には、委員長及び副委員長を置き、委員長は副区長である副統括者を、副委員長は教育長である副統括者をもって充てる。

3 環境マネジメント推進委員会は、EMSの推進に必要な次に掲げる事項を審議する。

(1) 環境方針に関すること。

(2) 著しい環境側面、順守義務並びに外部及び内部の課題の決定に関すること。

(3) 著しい環境側面、順守義務その他の課題及び要求事項から発生するリスク及び機会の決定に関すること。

(4) 環境目標及び実施計画に関すること。

(5) 内部監査の結果に関すること。

(6) その他EMSの推進に必要な事項

4 委員長は、会務を総理する。

5 環境マネジメント推進委員会は、委員長が招集し、会議の議長を務める。

6 委員長に事故あるとき又は委員長が欠けたときは、副委員長がその職務を代理する。

(EMS内部監査委員会)

第13条 EMS内部監査委員会は、別に定めるEMS内部監査員で構成し、EMSのISO14001規格の要求事項の適合性及びEMSの規定事項との整合性、運用状況について監査するものとする。

(環境マネジメント事務局)

第14条 EMSを推進するために環境マネジメント事務局(以下「EMS事務局」という。)を経営室行政監理分野に置く。

2 EMS事務局に事務局長を置き、経営室行政監理分野統括管理者をもって充てる。

3 EMS事務局は、EMSの推進に関する庶務その他EMSの推進に関して必要な事務を処理する。

(補則)

第15条 この要綱に定めるもののほか、EMSの推進について必要な事項は、別に定める。

附 則

この要綱は、2006年5月10日から施行する。

附 則(2007年3月30日要綱第65号)

この要綱は、2007年4月1日から施行する。

附 則(2008年3月27日要綱第60号)

この要綱は、2008年4月1日から施行する。

附 則(2010年3月16日要綱第86号)

この要綱は、2010年4月1日から施行する。

附 則(2010年9月27日要綱第157号)

この要綱は、2010年9月27日から施行する。

附 則(2011年3月30日要綱第63号)

この要綱は、2011年4月1日から施行する。

附 則(2012年11月1日要綱第172号)

この要綱は、2012年11月1日から施行する。

附 則(2013年4月1日要綱第59号)

この要綱は、2013年4月1日から施行する。

附 則(2014年3月28日要綱第65号)

この要綱は、2014年4月1日から施行する。

附 則(2014年6月27日要綱第118号)

この要綱は、2014年6月27日から施行する。

附 則(2017年5月17日要綱第79号)

この要綱は、2017年5月17日から施行する。

附 則(2018年3月23日要綱第20号)

この要綱は、2018年4月1日から施行する。

附 則(2018年6月26日要綱第119号)

この要綱は、2018年6月27日から施行する。

附 則(2018年10月16日要綱第156号)

この要綱は、2018年10月17日から施行する。

別表(第3条関係)

所属部名

施設

都市政策推進室

商工会館

産業振興センター

地域支えあい推進室

高齢者会館

児童館

ふれあいの家

キッズ・プラザ

すこやか福祉センター

区民活動センター(分室を含む。)

地域包括支援センター

区民サービス管理部

地域事務所

子ども教育部

小学校

中学校

保育所

図書館(もみじ山文化の森に設置する図書館を含む。)

母子生活支援施設

幼稚園

少年自然の家

教育センター

障害児通所支援施設

保育室

健康福祉部

公園施設(妙正寺川公園を除く。)

体育館

障害者福祉会館

福祉作業所

歴史民俗資料館

もみじ山文化センター

区民ホール

芸能小劇場

社会福祉会館

かみさぎこぶし園

仲町就労支援事業所

スポーツ・コミュニティプラザ

環境部

清掃事務所

清掃事務所南中野事業所

都市基盤部

沼袋地下自転車駐車場

都立家政南自転車駐車場

中野坂上駅自転車駐車場

東中野駅自転車駐車場

中野西自転車駐車場

東中野駅前広場地下自転車駐車場

健康福祉部

環境部

保健所

中野区環境マネジメントシステム推進体制に関する要綱

平成18年5月10日 要綱第137号

(平成30年10月17日施行)

体系情報
要綱通知編/ 経営室
沿革情報
平成18年5月10日 要綱第137号
平成19年3月30日 要綱第65号
平成20年3月27日 要綱第60号
平成22年3月16日 要綱第86号
平成22年9月27日 要綱第157号
平成23年3月30日 要綱第63号
平成24年11月1日 要綱第172号
平成25年4月1日 要綱第59号
平成26年3月28日 要綱第65号
平成26年6月27日 要綱第118号
平成29年5月17日 要綱第79号
平成30年3月23日 要綱第20号
平成30年6月26日 要綱第119号
平成30年10月16日 要綱第156号