中野区地域安全・安心連絡員設置要綱

2006年3月27日

要綱第25号

(設置)

第1条 区内の子どもを犯罪から守り、その安全を確保するとともに、防犯に関する各種活動を支援することにより、地域における犯罪の防止に資するため、地域安全・安心連絡員(以下「連絡員」という。)を設置する。

(職務)

第2条 連絡員は、経営室生活・交通安全分野統括管理者(以下「統括管理者」という。)の命を受け、次に掲げる職務を行う。

(1) 小学校の通学路の近辺の路地及び児童館の周辺の地域の巡回パトロールに関すること。

(2) 町会、自治会及び防犯を目的として活動する団体に対する防犯に関する相談及び支援に関すること。

(3) 小学校、中学校及び児童館における安全講習会の支援に関すること。

(4) 警察及び地域住民から提供される不審者に関する情報の収集及び関係者への連絡に関すること。

(5) 災害時の応急活動に関すること。

(6) 前各号に掲げるもののほか、統括管理者が必要と認める業務

(任用)

第3条 連絡員は、次に掲げるすべての要件を備えている者のうちから区長が委嘱する。

(1) 職務を行うために必要な知識及び経験を有し、広く防犯に関する業務に理解を有し、かつ、その業務の推進に熱意を有すること。

(2) 職務を行うのに適した健康な心身を有すること。

(3) 道路交通法(昭和35年法律第105号)第84条第3項の普通自動車免許を受けていること。

2 前項の規定により委嘱を受けた連絡員は、統括管理者の指示により、所轄警察署が行う車両運行に関する講習会を受講しなければならない。

(勤務態様)

第4条 連絡員の勤務日数は、月14日とし、勤務日は、統括管理者が別に定める。

2 連絡員の勤務時間は、1日7時間45分とし、勤務時間の割り振りは、統括管理者が別に定める。

3 連絡員の勤務場所は、統括管理者が指定する。

(勤務条件)

第5条 連絡員の勤務条件については、この要綱に定めるもののほか、中野区に勤務する非常勤職員の勤務条件等に関する要綱(1999年中野区要綱第34号)の定めるところによる。

(補則)

第6条 この要綱の施行に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この要綱は、2006年4月1日から施行する。

附 則(2007年3月15日要綱第30号)

この要綱は、2007年4月1日から施行する。

附 則(2009年3月13日要綱第34号)

この要綱は、2009年4月1日から施行する。

附 則(2011年3月28日要綱第73号)

この要綱は、2011年4月1日から施行する。

附 則(2017年3月31日要綱第32号)

この要綱は、2017年4月1日から施行する。

中野区地域安全・安心連絡員設置要綱

平成18年3月27日 要綱第25号

(平成29年4月1日施行)

体系情報
要綱通知編/ 経営室
沿革情報
平成18年3月27日 要綱第25号
平成19年3月15日 要綱第30号
平成21年3月13日 要綱第34号
平成23年3月28日 要綱第73号
平成29年3月31日 要綱第32号