中野区設計バリューエンジニアリング委員会設置要綱

1999年4月1日

要綱第31号

(設置)

第1条 中野区が建設する施設について、機能や品質の確保を図りつつ、建設費をより一層低減するため、中野区設計バリューエンジニアリング委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(定義)

第2条 この要綱において「設計VE」とは、施設建設の設計段階において、設計図等の資料を基に検討を行い、より優れた代替案を提案することをいう。

(所掌事項)

第3条 委員会は、次に掲げる事項を所掌する。

(1) 設計VE対象工事の選定

(2) 設計VE提案の審査

(構成)

第4条 委員会は、委員長、副委員長及び委員をもって構成する。

2 委員長は、経営室長とし、委員会を統括する。

3 副委員長は、経営室施設分野統括管理者とし、委員長を補佐し、委員長に事故があるとき(不在のときを含む。)は、その職務を代理する。

4 委員は、政策室企画分野統括管理者及び都市基盤部建築分野統括管理者とする。

5 委員長は、前項に規定する者のほか必要があると認めるときは、委員会の承認を経て、事案に関係のある職員を臨時の委員として指名することができる。

6 委員長は、必要があると認めたときは、事案に関係のある職員を委員会に出席させることができる。

(招集)

第5条 委員会は、委員長が招集する。

(専門部会)

第6条 委員会の審議事案について専門的な調査及び検討を行うため、委員会に専門部会を置く。

2 専門部会に、部会長を置き、経営室施設分野統括管理者を充てる。

3 専門部会に、検討チーム及び設計チームを置く。

4 専門部会の部会員は、委員長が指名する。

5 専門部会は、部会長が招集する。

(事務局)

第7条 委員会及び専門部会の運営の円滑化を図るため、委員会に委員会事務局を、専門部会に専門部会事務局を置く。

2 委員会事務局及び専門部会事務局は、経営室長の指定する職員をもって構成する。

3 委員会事務局は、委員会に付議すべき事案の調整、整理及び提出に関することを行う。

4 専門部会事務局は、専門部会で調査及び検討する事案の調整、整理及び提出に関することを行う。

(補則)

第8条 この要綱に定めるもののほか、委員会(専門部会を含む。)の運営に関し必要な事項は、委員長が定める。

附 則

この要綱は、1999年4月1日から施行する。

附 則(2001年4月1日要綱第103号)

この要綱は、2001年4月1日から施行する。

附 則(2003年3月31日要綱第97号)

この要綱は、2003年4月1日から施行する。

附 則(2004年3月26日要綱第54号)

この要綱は、2004年4月1日から施行する。

附 則(2005年3月31日要綱第26号)

この要綱は、2005年4月1日から施行する。

附 則(2006年3月30日要綱第48号)

この要綱は、2006年4月1日から施行する。

附 則(2007年3月20日要綱第25号)

この要綱は、2007年4月1日から施行する。

附 則(2009年4月1日要綱第106号)

この要綱は、2009年4月1日から施行する。

附 則(2011年1月13日要綱第2号)

この要綱は、2011年1月13日から施行する。

附 則(2011年3月9日要綱第27号)

この要綱は、2011年4月1日から施行する。

中野区設計バリューエンジニアリング委員会設置要綱

平成11年4月1日 要綱第31号

(平成23年4月1日施行)

体系情報
要綱通知編/ 経営室
沿革情報
平成11年4月1日 要綱第31号
平成13年4月1日 要綱第103号
平成15年3月31日 要綱第97号
平成16年3月26日 要綱第54号
平成17年3月31日 要綱第26号
平成18年3月30日 要綱第48号
平成19年3月20日 要綱第25号
平成21年4月1日 要綱第106号
平成23年1月13日 要綱第2号
平成23年3月9日 要綱第27号