中野区印刷・複写事務要綱

1991年4月30日

要綱第80号

目次

第1章 総則(第1条―第3条)

第2章 庁内印刷(第4条―第10条)

第3章 削除

第4章 複合機等及び全自動印刷機の利用(第12条・第13条)

第5章 庁内印刷等経費の支出(第14条―第18条)

第6章 修理の依頼(第19条)

第7章 補則(第20条)

附則

第1章 総則

(趣旨)

第1条 この要綱は、印刷室における印刷及び複写(以下「庁内印刷」という。)並びに各分野に配置した複合機並びに本庁舎内各階に設置した共用複写機(以下「複合機等」という。)及び全自動印刷機の利用について必要な事項を定めるものとする。

(印刷・複写の対象)

第2条 庁内印刷の利用並びに複合機等及び全自動印刷機の利用は、区の事務事業の執行上必要な文書及び次に掲げる文書について行うことができる。

(1) 区が共催し、又は後援する事業の主催団体において、当該事業のために直接必要な文書

(2) 区の事務事業を委託している団体において、当該事務事業のため直接必要な文書

(3) 区の職員互助会等、その運営に区の組織が関与している団体の事業に必要な文書

(4) 区議会議員の調査研究その他の活動に資するため必要な文書で、その者の属する会派(中野区議会政務活動費の交付に関する条例(平成13年中野区条例第3号)第2条に規定する会派をいう。)が必要と認めるもの

(5) 前各号に掲げるもののほか、経営室経営分野統括管理者(以下「経営分野統括管理者」という。)が必要と認める文書

(外注が適する印刷)

第3条 次に例示するもの又は外部に発注した方が経費的に有利なものについては、外部に発注して当該文書を印刷するものとする。

(1) 紙厚が30キログラム以下又は180キログラムを超える紙への印刷

(2) 感圧紙、裏カーボン紙、電子計算機用紙、ダンボール等への印刷

(3) A3を超える大きさの紙への印刷

(4) 多色刷り、写真刷り又はグラビア印刷

(5) 製本のあるもの

第2章 庁内印刷

(庁内印刷従業者による印刷)

第4条 庁内印刷は、庁内印刷を請け負った事業者の従業者(以下「庁内印刷従業者」という。)第7条の規定による依頼に基づいて行う。

(印刷の区分)

第5条 庁内印刷は、複写機による複写及び謄写印刷機による印刷とする。

(印刷の規格等)

第6条 庁内印刷は、A3、A4、B4及びB5の用紙並びに角型0号、角型2号及び長型3号の封筒に印刷する。ただし、必要があるときは、郵便葉書又は賞状用紙に印刷することができる。

2 庁内印刷においては、黒色以外の色刷り印刷は行わない。

3 複写機による複写の場合には、依頼に基づき、丁合、ホッチキスとじ又は穴あけの作業を併せて行う。

(依頼の手続)

第7条 庁内印刷の依頼は、文書取扱者の審査を受けた庁内印刷依頼書を印刷原稿とともに経営室経営分野文書・情報公開担当(以下「文書・情報公開担当」という。)の職員に提出し、審査を受けることにより行う。

2 前項の場合において、大量の印刷物を依頼するときは、文書取扱者の審査前に文書担当と仕上がり予定日等の調整を行うものとする。

(印刷の作業順位)

第8条 庁内印刷の作業は、依頼の受付順に行う。ただし、至急に処理する必要があるものについては、優先的に行うことができる。

(印刷物の引渡し)

第9条 依頼を受けた庁内印刷が完了したときは、印刷物は原稿とともに印刷室において引き渡す。

(印刷後の作業)

第10条 庁内印刷後の作業は、断裁及び穿せん孔にあっては庁内印刷従業者が、紙折りにあっては庁内印刷を依頼した者が行う。

第3章 削除

第11条 削除

第4章 複合機等及び全自動印刷機の利用

(設置及び管理)

第12条 複合機等及び全自動印刷機(以下「各階複合機等」という。)の設置及び管理は、経営分野統括管理者が行う。

2 経営分野統括管理者は、毎年各階複合機等の設置台数、設置場所、設置機種等について見直しを行い、適正な配置に努めなければならない。

3 経営分野統括管理者は、当該各階複合機等を主に使用する分野の統括管理者に、当該各階複合機等及び用紙の保管を依頼することができる。

(キーカードの交付)

第13条 経営分野統括管理者は、各階複合機等の利用のため各分野の統括管理者にキーカードを交付する。

2 各分野の統括管理者は、交付を受けたキーカードに分野名を表示し、紛失しないよう保管しなければならない。

3 各分野の統括管理者は、キーカード等に事故が生じたときは直ちに経営分野統括管理者に申し出て、キーカードの交換等の処置を受けるものとする。

4 経営分野統括管理者は、第2条各号に掲げる文書について各階複合機等を利用しようとする者にキーカードを交付して各階複合機等の利用をさせることができる。

第5章 庁内印刷等経費の支出

(印刷経費等の単価設定)

第14条 経営分野統括管理者は、各分野の経費の算出をするに当たり、積算の基礎となる単価を定め、単価表(以下「単価表」という。)を作成する。

2 単価表は、庁内印刷、複合機等及び全自動印刷機別に区分して作成する。

(印刷代の算出)

第15条 庁内印刷、複合機等及び全自動印刷機の利用に要した経費(以下「印刷代」という。)は、単価表に基づく単価に各分野における利用枚数(庁内印刷にあっては1か月分の利用枚数、複合機等及び全自動印刷機にあっては2か月分の利用枚数)を乗ずることにより算出する。

(印刷代の請求)

第16条 経営分野統括管理者は、庁内印刷については1か月ごとに各分野における前月分の利用枚数を通知し、複合機等及び全自動印刷機については2か月ごとに各分野における前2か月分の利用枚数を通知し、これに伴う代金を請求する。

2 各分野で用意した紙を使用して庁内印刷を行った場合の代金については、別に定める必要な経費を請求する。

(印刷代の支払)

第17条 業者に対する印刷代の支払は、経営分野統括管理者が請求を受け、各分野分を取りまとめの上、その総額を支払う。

2 各分野において支払うべき代金は、経営分野統括管理者の請求に基づき、各分野の予算から支出更正の方法により支出する。ただし、第2条各号に掲げる文書についての利用に係る経費については、経営分野において支出する。

3 前項ただし書の規定により経営分野において支出した経費については、利用者に請求する。

(刷直しの経費)

第18条 庁内印刷による印刷物について不備な点があった場合でその原因が印刷原稿にあるときは、適正な印刷原稿により改めて庁内印刷を依頼するものとし、その経費は依頼した分野において負担する。

2 庁内印刷による印刷物について不備な点があった場合でその原因が印刷室の機械等にあるときは、印刷室で適正に刷り直し、その経費は庁内印刷を請け負った事業者が負担する。

第6章 修理の依頼

(修理の依頼)

第19条 各階複合機等に故障が生じたときは、当該各階複合機等を保管する分野において、修理の依頼等の手続を取るものとする。ただし、文書・情報公開担当に連絡して行わせることもできる。

第7章 補則

(補則)

第20条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、別に定める。

附 則

この要綱は、1991年5月1日から施行する。

附 則(1995年7月21日要綱第92号)

この要綱は、1995年7月21日から施行する。

附 則(1998年7月16日要綱第87号)

この要綱は、1998年8月1日から施行する。

附 則(2001年5月1日要綱第126号)

この要綱は、2001年5月1日から施行する。

附 則(2007年3月29日要綱第46号)

この要綱は、2007年4月1日から施行する。

附 則(2008年3月28日要綱第68号)

この要綱は、2008年4月1日から施行する。

附 則(2010年3月23日要綱第43号)

この要綱は、2010年4月1日から施行する。

附 則(2013年2月28日要綱第16号)

この要綱は、2013年3月1日から施行する。

附 則(2013年3月19日要綱第34号)

この要綱は、2013年4月1日から施行する。

中野区印刷・複写事務要綱

平成3年4月30日 要綱第80号

(平成25年4月1日施行)

体系情報
要綱通知編/ 経営室
沿革情報
平成3年4月30日 要綱第80号
平成13年5月1日 要綱第126号
平成19年3月29日 要綱第46号
平成20年3月28日 要綱第68号
平成22年3月23日 要綱第43号
平成25年2月28日 要綱第16号
平成25年3月19日 要綱第34号