中野区統括副参事、課長補佐及び主任の職の指定に関する規程

昭和62年4月1日

訓令第2号

(趣旨)

第1条 この規程は、統括副参事、課長補佐及び主任の職の指定に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規程において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 担当副参事 中野区組織規則(昭和53年中野区規則第20号。以下「組織規則」という。)に規定する担当副参事及びこれに相当する職をいう。

(2) 担当係長 組織規則に規定する担当係長及びこれに相当する職をいう。

(統括副参事の職の指定)

第3条 区長は、別に定める基準に基づき、重要かつ困難な事務をつかさどる担当副参事の職を統括副参事の職として指定することができる。

(課長補佐の職の指定)

第4条 区長は、別に定める基準に基づき、特に重要かつ困難な事務を処理する担当係長の職を課長補佐の職として指定することができる。

2 区長は、前項に準じて、特に重要かつ困難な事務を処理する主査の職を課長補佐の職として指定することができる。

3 前2項の課長補佐の名称については、総括係長と称することができる。

(主任の職の指定)

第5条 区長は、特に高度な知識又は経験を必要とする職務に従事する職員の職を主任の職として指定することができる。

(補則)

第6条 第3条から前条までに定めるもののほか、この規程の施行に関し必要な事項は、別に定める。

附 則

この規程の施行の際、現に総括係長の職の指定等に関する要綱(昭和56年3月28日区長決定)による総括係長に任命されている者は、この規程による総括係長として任命されたものとみなす。

附 則(平成30年3月27日訓令第4号)

この訓令は、平成30年4月1日から施行する。

中野区統括副参事、課長補佐及び主任の職の指定に関する規程

昭和62年4月1日 訓令第2号

(平成30年4月1日施行)

体系情報
第4編 員/第1章 定数・任用等
沿革情報
昭和62年4月1日 訓令第2号
平成2年1月1日 訓令第26号
平成9年1月1日 訓令第15号
平成11年1月1日 訓令第10号
平成16年4月1日 訓令第21号
平成21年4月1日 訓令第11号
平成30年3月27日 訓令第4号