中野区道路占用許可取扱規程

昭和29年5月1日

訓令甲第1号

(調査)

第1条 道路の占用を許可しようとする場合は、道路法(昭和27年6月法律第180号)、道路法施行令(昭和27年12月政令第479号)及び中野区道路占用規則(昭和52年中野区規則第54号)により支障の有無を調査するのほか、次の各号に掲げるところによらなければならない。但し、その必要がないと認めたものについては、この限りでない。

(1) 警視庁又は所轄警察署の意見を徴すること。

(2) 現地について調査すること。

(許可処分)

第2条 前条の調査を終つたときは、すみやかに許可又は不許可の処分をしなければならない。

2 前項の許可又は不許可の処分をするときは、許可又は不許可の理由を明らかにしておかなければならない。

(占用の変更等の場合)

第3条 許可した占用の期間、区域、用途等の変更許可についても又前2条の規定に準じて処埋しなければならない。

(事件の整理)

第4条 許可若しくは不許可の処分をしたとき又は占用事項に変更を生じたときは、別記様式の「占用台帳」により整理しなければならない。

附 則(平成6年3月31日訓令第2号)

この訓令は、平成6年4月1日から施行する。

[様式ダウンロード]

 略

中野区道路占用許可取扱規程

昭和29年5月1日 訓令甲第1号

(平成6年3月31日施行)

体系情報
第2編 区民の権利・義務/第8章 土地・建築物・道路/第4節 道路の管理と整備
沿革情報
昭和29年5月1日 訓令甲第1号
昭和52年1月1日 訓令甲第25号
昭和64年1月1日 訓令甲第1号
平成6年3月31日 訓令第2号