中野区立体育館条例

昭和45年4月1日

条例第15号

(設置)

第1条 区民の体育及びレクリエーションの振興並びに福祉の増進に寄与することを目的として、中野区立体育館(以下「体育館」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 体育館の名称及び位置は、別表第1のとおりとする。

(指定管理者による管理)

第2条の2 区長は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第3項の規定により区長が指定する法人その他の団体(以下「指定管理者」という。)に体育館の管理を行わせることができる。

(指定管理者が行う業務)

第2条の3 指定管理者は、区長が指定する体育館について次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 体育館の維持管理に関すること(区長の権限に属するものを除く。)

(2) 第4条の規定により、体育館の使用を承認し、及び当該承認に際し条件を付すること。

(3) 第5条の規定により体育館の使用を承認しないこと。

(4) 第10条の規定により、体育館の使用の承認を取り消し、又は使用を制限し、若しくは停止させること。

(5) 第11条の規定により、体育館への入館を断り、又は退場させること。

(6) 前各号に掲げるもののほか、区長が必要と認める業務

(休館日)

第2条の4 体育館の休館日は、次に掲げるとおりとする。

(1) 次の及びに掲げる区分に応じ、それぞれ及びに定める日(その日が国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「休日」という。)に当たるときは、その翌日)

 中野区立中野体育館 毎月の第2月曜日

 中野区立鷺宮体育館 毎月の第4月曜日

(2) 1月1日から同月3日まで

(3) 12月29日から同月31日まで

2 前項の規定にかかわらず、指定管理者(区長が体育館の管理及び運営を行うときは、区長。次条第2項第4条第5条第10条及び第11条において同じ。)は、必要と認めるときは、前項の休館日を変更し、又は臨時に休館日を定めることができる。

3 前項の規定により、指定管理者が休館日を変更し、又は臨時に休館日を定めるときは、区長に申請し、その承認を受けなければならない。

(開館時間)

第3条 体育館の開館時間は、次の各号に掲げる区分に応じ、当該各号に定める時間とする。

(1) 中野区立中野体育館 午前9時(7月及び8月にあつては午前7時)から午後11時45分(日曜日及び休日にあつては午後9時45分)まで

(2) 中野区立鷺宮体育館 午前9時(7月及び8月にあつては午前7時)から午後10時45分(日曜日及び休日にあつては午後9時45分)まで

2 前項の規定にかかわらず、指定管理者は、必要と認めるときは、前項の開館時間を短縮し、又は延長することができる。

3 前項の規定により、指定管理者が開館時間を短縮し、又は延長するときは、区長に申請し、その承認を受けなければならない。

(使用の承認)

第4条 体育館を使用しようとする者は、指定管理者の承認を受けなければならない。

2 指定管理者は、前項の承認に際し、必要な条件を付することができる。

(使用の不承認)

第5条 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当するときは、承認をしない。

(1) 公の秩序又は善良の風俗に反するおそれがあると認める場合

(2) 管理上支障があると認めた場合

(利用料金)

第6条 指定管理者は、体育館の使用について別表第2に定める限度額の範囲内において利用料金を定め、これを指定管理者の収入として収受することができる。

2 指定管理者は、利用料金を定め、又は改定しようとするときは、規則の定めるところにより区長に申請し、その承認を受けなければならない。

3 第4条の規定により指定管理者による使用の承認を受けた者(以下「使用者」という。)は、第1項の規定により指定管理者が定める利用料金(以下単に「利用料金」という。)を納付しなければならない。

4 体育館の附帯設備(器具を含む。以下同じ。)及び自動車駐車場を使用しようとする者は、利用料金を納付しなければならない。

5 既納の利用料金は、還付しない。ただし、規則で定める事由に該当する場合は、その全部又は一部を還付することができる。

(利用料金の減免)

第7条 指定管理者は、特別の理由があると認めたときは、規則の定めるところにより利用料金を減免することができる。

(使用権の譲渡等の禁止)

第8条 使用者(第4条の規定により区長による使用の承認を受けた者を含む。以下同じ。)は、体育館の施設(附帯設備を含む。以下同じ。)を使用する権利を譲渡し、又は転貸してはならない。

(設備の変更等の禁止)

第9条 使用者は、体育館の使用に際し、その施設に変更を加え、または特別の設備を設けてはならない。ただし、あらかじめ区長の承認を受けたときは、この限りでない。

(使用承認の取消し等)

第10条 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当するときは、使用の承認を取り消し、又は使用を制限し、若しくは停止させることができる。

(1) 使用の目的又は条件に違反したとき。

(2) この条例又はこの条例に基づく規則若しくは指定管理者の指示に違反したとき。

(3) 災害その他の事故により、体育館の使用ができなくなつたとき。

(4) 工事その他の都合により指定管理者が特に必要があると認めたとき。

(入館の制限)

第11条 指定管理者は、次の各号のいずれかに該当する者に対し、体育館への入館を断り、又は退場させることができる。

(1) 他人に危害を及ぼし、又は他人に迷惑となるおそれがある者及びこれらのおそれがあるものを携帯する者

(2) 飲酒若しくは薬物の影響で正常な行為がとれない状態であると認められる者又は施設の使用により他人に感染させるおそれのある感染症にかかつていると認められる者

(3) 館内において許可なく物品の販売その他の営業行為をする者

(4) その他管理上支障があると認められる者

(原状回復の義務)

第12条 使用者は、体育館の施設の使用を終了したときは、直ちに原状に回復しなければならない。第10条の規定により使用を取り消されまたは停止されたときも同様とする。

(損害賠償の義務)

第13条 使用者は、その使用に際して施設をき損または滅失したときは、区長が相当と認める損害額を賠償しなければならない。ただし、区長がやむを得ない理由があると認めたときはこの限りでない。

(指定管理者の指定の取消し等に伴う使用料の徴収等)

第14条 区長は、指定管理者の指定を取り消し、又は期間を定めて管理の業務の全部若しくは一部(利用料金の収受を含む場合に限る。)の停止を命じた場合等において、区長が臨時に体育館の管理及び運営を行うときは、指定管理者を指定し、又は業務の停止の期間が終了するまでの間、別表第2に定める限度額の範囲内において区長が定める使用料を徴収する。

2 第6条第3項から第5項まで、第7条及び別表第2の規定は、前項に規定する場合について準用する。この場合において、第6条第3項中「指定管理者に」とあるのは「区長に」と、「第1項の規定により指定管理者が定める利用料金(以下単に「利用料金」という。)」とあるのは「別表第2に定める限度額の範囲内において区長が定める使用料(以下単に「使用料」という。)」と、同条第4項中「利用料金」とあるのは「使用料」と、同条第5項中「利用料金」とあるのは「使用料」と、第7条中「指定管理者」とあるのは「区長」と、「利用料金」とあるのは「使用料」と読み替えるものとする。

(秘密保持義務等)

第15条 指定管理者の代表者その他の役員及びその業務に従事する者(以下「従事者等」という。)は、当該業務に関して知り得た秘密を他に漏らし、又は自己若しくは第三者の利益を図る等不当な目的のために利用してはならない。指定の期間が終了し、若しくは指定を取り消され、又は従事者等がその職を退いた後においても、同様とする。

(委任)

第16条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

付 則

1 この条例の施行期日は、教育委員会規則で定める。

(昭和45年教育委員会規則第4号で、第1条及び第2条の規定は、同年7月10日から、第3条から第14条の規定は、同年4月1日から施行)

2 平成30年7月1日から平成36年6月30日までの間における、別表第2の1(1)アの表の規定の適用については、同表主競技場の項中「11,900円」とあるのは「6,000円」と、「14,200円」とあるのは「7,100円」と、「23,700円」とあるのは「11,900円」と、「28,600円」とあるのは「14,300円」と、「17,700円」とあるのは「8,900円」と、「21,400円」とあるのは「10,700円」と、「59,300円」とあるのは「29,700円」と、「71,100円」とあるのは「35,600円」と、「30,500円」とあるのは「15,300円」と、「37,100円」とあるのは「18,600円」と、「61,500円」とあるのは「30,800円」と、「74,400円」とあるのは「37,200円」と、「46,100円」とあるのは「23,100円」と、「55,700円」とあるのは「27,900円」と、「153,600円」とあるのは「76,800円」と、「186,000円」とあるのは「93,000円」と、「43,100円」とあるのは「21,600円」と、「52,300円」とあるのは「26,200円」と、「86,400円」とあるのは「43,200円」と、「104,500円」とあるのは「52,300円」と、「64,700円」とあるのは「32,400円」と、「78,400円」とあるのは「39,200円」と、「216,200円」とあるのは「108,100円」と、「261,200円」とあるのは「130,600円」と、「39,600円」とあるのは「19,800円」と、「47,400円」とあるのは「23,700円」と、「59,400円」とあるのは「29,700円」と、「79,200円」とあるのは「39,600円」と、「94,900円」とあるのは「47,500円」と、「119,000円」とあるのは「59,500円」と、「71,200円」とあるのは「35,600円」と、「89,400円」とあるのは「44,700円」と、「197,700円」とあるのは「98,900円」と、「237,200円」とあるのは「118,600円」と、「297,700円」とあるのは「148,900円」と、「18,500円」とあるのは「9,300円」と、「22,200円」とあるのは「11,100円」と、「36,900円」とあるのは「18,500円」と、「44,500円」とあるのは「22,300円」と、「27,700円」とあるのは「13,900円」と、「33,200円」とあるのは「16,600円」と、「92,200円」とあるのは「46,100円」と、「110,700円」とあるのは「55,400円」と、同表卓球場の項中「2,300円」とあるのは「1,200円」と、「2,600円」とあるのは「1,300円」と、「4,400円」とあるのは「2,200円」と、「5,300円」とあるのは「2,700円」と、「3,500円」とあるのは「1,800円」と、「4,000円」とあるのは「2,000円」と、「5,800円」とあるのは「2,900円」と、「7,100円」とあるのは「3,600円」と、「11,700円」とあるのは「5,900円」と、「14,500円」とあるのは「7,300円」と、「8,800円」とあるのは「4,400円」と、「10,800円」とあるのは「5,400円」と、「8,400円」とあるのは「4,200円」と、「10,400円」とあるのは「5,200円」と、「17,000円」とあるのは「8,500円」と、「20,900円」とあるのは「10,500円」と、「12,800円」とあるのは「6,400円」と、「15,700円」とあるのは「7,900円」と、「7,600円」とあるのは「3,800円」と、「9,300円」とあるのは「4,700円」と、「11,300円」とあるのは「5,700円」と、「15,400円」とあるのは「7,700円」と、「18,500円」とあるのは「9,300円」と、「22,700円」とあるのは「11,400円」と、「11,600円」とあるのは「5,800円」と、「13,700円」とあるのは「6,900円」と、「3,600円」とあるのは「1,800円」と、「4,200円」とあるのは「2,100円」と、「

7,000円

」とあるのは「

3,500円

」と、「

5,400円

」とあるのは「

2,700円

」と、「6,400円」とあるのは「3,200円」と、同表柔道場及び剣道場の項中「

1,700円

」とあるのは「

900円

」と、「2,200円」とあるのは「1,100円」と、「3,500円」とあるのは「1,800円」と、「4,200円」とあるのは「2,100円」と、「2,600円」とあるのは「1,300円」と、「3,200円」とあるのは「1,600円」と、「5,000円」とあるのは「2,500円」と、「5,800円」とあるのは「2,900円」と、「9,800円」とあるのは「4,900円」と、「11,700円」とあるのは「5,900円」と、「7,100円」とあるのは「3,600円」と、「8,800円」とあるのは「4,400円」と、「14,500円」とあるのは「7,300円」と、「10,800円」とあるのは「5,400円」と、「6,900円」とあるのは「3,500円」と、「8,400円」とあるのは「4,200円」と、「14,000円」とあるのは「7,000円」と、「17,000円」とあるのは「8,500円」と、「10,600円」とあるのは「5,300円」と、「12,800円」とあるのは「6,400円」と、「5,300円」とあるのは「2,700円」と、「6,400円」とあるのは「3,200円」と、「

4,000円

」とあるのは「

2,000円

」と、「4,800円」とあるのは「2,400円」と、同表備考3中「1,000円」とあるのは「500円」とし、別表第2の1(1)イの表の規定の適用については、同表中「260円」とあるのは「130円」と、「530円」とあるのは「270円」と、「930円」とあるのは「470円」と、「660円」とあるのは「330円」と、「360円」とあるのは「180円」と、「

60円

」とあるのは「

30円

」と、「130円」とあるのは「70円」と、「220円」とあるのは「110円」とし、別表第2の1(2)の表の規定の適用については、同表中「270円」とあるのは「140円」と、「3,600円」とあるのは「1,800円」と、「10,400円」とあるのは「5,200円」と、「19,400円」とあるのは「9,700円」と、「150円」とあるのは「80円」とし、別表第2の2(1)アの表の規定の適用については、同表中「21,900円」とあるのは「11,000円」と、「26,400円」とあるのは「13,200円」と、「43,700円」とあるのは「21,900円」と、「52,700円」とあるのは「26,400円」と、「32,800円」とあるのは「16,400円」と、「39,600円」とあるのは「19,800円」と、「109,200円」とあるのは「54,600円」と、「132,100円」とあるのは「66,100円」と、「30,500円」とあるのは「15,300円」と、「36,800円」とあるのは「18,400円」と、「61,500円」とあるのは「30,800円」と、「73,800円」とあるのは「36,900円」と、「46,100円」とあるのは「23,100円」と、「55,200円」とあるのは「27,600円」と、「153,600円」とあるのは「76,800円」と、「184,400円」とあるのは「92,200円」と、「23,400円」とあるのは「11,700円」と、「28,200円」とあるのは「14,100円」と、「42,300円」とあるのは「21,200円」と、「46,600円」とあるのは「23,300円」と、「56,500円」とあるのは「28,300円」と、「84,800円」とあるのは「42,400円」と、「35,200円」とあるのは「17,600円」と、「63,500円」とあるのは「31,800円」と、「116,600円」とあるのは「58,300円」と、「141,000円」とあるのは「70,500円」と、「212,200円」とあるのは「106,100円」と、「10,000円」とあるのは「5,000円」と、「11,900円」とあるのは「6,000円」と、「19,700円」とあるのは「9,900円」と、「23,700円」とあるのは「11,900円」と、「15,000円」とあるのは「7,500円」と、「17,700円」とあるのは「8,900円」と、「49,600円」とあるのは「24,800円」と、「59,300円」とあるのは「29,700円」と、同表備考3中「400円」とあるのは「200円」とし、別表第2の2(1)イの表の規定の適用については、同表中「3,000円」とあるのは「1,500円」と、「20,800円」とあるのは「10,400円」と、「2,100円」とあるのは「1,100円」とし、別表第2の2(1)ウの表の規定の適用については、同表中「910円」とあるのは「460円」と、「520円」とあるのは「260円」と、「770円」とあるのは「390円」と、「260円」とあるのは「130円」とし、別表第2の2(1)エの表の規定の適用については、同表中「520円」とあるのは「260円」と、「390円」とあるのは「200円」とし、別表第2の2(2)アの表の規定の適用については、同表中「170円」とあるのは「90円」と、「360円」とあるのは「180円」とし、別表第2の2(2)イの表の規定の適用については、同表中「140円」とあるのは「70円」と、「300円」とあるのは「150円」と、「280円」とあるのは「140円」と、「600円」とあるのは「300円」とする。

付 則(昭和51年3月1日条例第11号)

この条例は、昭和51年4月1日から施行する。ただし、この条例による改正前の中野区立体育館条例の規定により使用の承認を受けた者に係る使用料については、なお従前の例による。

附 則(昭和55年12月15日条例第31号)

1 この条例は、昭和56年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際、この条例による改正前の中野区立体育館条例により、既に使用の承認を受けている者の使用料については、なお従前の例による。

附 則(昭和58年12月6日条例第33号)

1 この条例は、昭和59年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際、この条例による改正前の中野区立体育館条例により、既に使用の承認を受けている者の使用料については、なお従前の例による。

附 則(昭和63年3月31日条例第18号)

1 この条例は、昭和63年4月1日から施行する。

2 改正後の中野区立体育館条例(以下「改正後の条例」という。)に規定する中野区立鷺宮体育館については、この条例の施行の日から起算して4月を超えない範囲内において中野区教育委員会が告示により定める日から使用できるものとする。

3 この条例の施行の際、現に改正前の中野区立体育館条例に基づき昭和63年4月1日以後の使用の承認を受けている者に係る使用の承認及び使用料の納付等は、改正後の条例に規定する中野区立中野体育館についてなされたものとみなす。

附 則(昭和63年6月13日条例第26号)

この条例は、昭和63年7月1日から施行する。

附 則(平成4年3月25日条例第26号)

1 この条例は、平成4年7月1日から施行する。ただし、別表2の2(2)イの表の改正規定は、同年10月1日から施行する。

2 この条例(別表2の2(2)イの表の改正規定を除く。)の施行の際、この条例による改正前の中野区立体育館条例により、既に使用の承認を受けている者の使用料については、なお従前の例による。

附 則(平成7年6月26日条例第30号)

1 この条例は、平成7年10月1日から施行する。

2 この条例の施行の際現に使用の承認を受けている者に係る使用料については、なお従前の例による。

附 則(平成10年3月27日条例第25号)

1 この条例は、平成10年4月1日から施行する。

2 改正後の第6条及び別表2の規定は、平成10年10月1日以後の施設の使用に係る使用料について適用し、同日前の施設の使用に係る使用料については、なお従前の例による。

附 則(平成10年7月6日条例第40号)

1 この条例は、平成10年10月1日から施行する。

2 この条例の施行の際現に使用の承認を受けている者の使用料については、なお従前の例による。

附 則(平成13年3月27日条例第51号)

1 この条例は、平成13年7月1日から施行する。

2 この条例の施行の際現に使用の承認を受けている者の使用料については、なお従前の例による。

附 則(平成13年6月19日条例第58号)

この条例は、平成13年7月1日から施行する。

附 則(平成17年12月7日条例第55号)

1 この条例中第1条及び次項の規定は平成18年4月1日から、第2条及び附則第3項の規定は同年6月21日から施行する。

2 第1条の規定の施行の際現に体育館の使用の承認を受けている者は、同条の規定による改正後の中野区立体育館条例の規定により使用の承認を受けたものとみなして、当該体育館の使用をすることができる。

3 第2条の規定による改正後の中野区立体育館条例第3条第1項及び別表第2(同条例第14条第2項において準用する場合を含む。)の規定にかかわらず、平成19年1月1日前の体育館の開館時間及び使用に係る限度額については、なお従前の例による。

附 則(平成19年12月13日条例第50号)

1 この条例は、平成20年7月1日から施行する。

2 この条例の施行の際現に使用の承認を受けている者の利用料金及び使用料については、なお従前の例による。

附 則(平成20年10月28日条例第50号)

1 この条例は、平成21年3月1日から施行する。ただし、附則第3項の規定は、公布の日から施行する。

2 改正後の別表第2の2(1)ウの表の規定は、この条例の施行の日(以下「施行日」という。)以後の軽体操室の使用に係る単位時間及び限度額について適用し、施行日前の軽体操室の使用に係る単位時間及び限度額については、なお従前の例による。

3 改正後の別表第2の2(1)ウの表の規定による軽体操室の使用のために必要な手続その他の行為は、施行日前においても行うことができる。

附 則(平成23年3月18日条例第12号)

1 この条例は、平成23年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際、第1条から第4条までの規定による改正前の中野区立体育館条例、中野区立歴史民俗資料館条例、中野区もみじ山文化の森施設条例及び中野区区民ホール及び芸能小劇場条例(以下「改正前の条例」という。)の規定により、中野区教育委員会が行った処分その他の行為で現に効力を有するもの並びに改正前の条例の規定により中野区教育委員会に対して行われた申請その他の行為でこの条例の施行の日以後に処理されることとなるものは、それぞれ第1条から第4条までの規定による改正後の中野区立体育館条例、中野区立歴史民俗資料館条例、中野区もみじ山文化の森施設条例及び中野区区民ホール及び芸能小劇場条例(以下「改正後の条例」という。)の相当規定により区長が行った処分その他の行為並びに改正後の条例の相当規定により区長に対して行われた申請その他の行為とみなす。

附 則(平成23年12月16日条例第61号)

1 この条例は、平成24年7月1日から施行する。

2 この条例の施行の際現に使用の承認を受けている者の利用料金及び使用料については、なお従前の例による。

附 則(平成26年10月21日条例第22号)

1 この条例は、平成27年4月1日から施行する。

2 この条例の施行の際現に使用の承認を受けている者の利用料金及び使用料については、なお従前の例による。

附 則(平成29年12月15日条例第49号)

1 この条例は、平成30年7月1日(以下「施行日」という。)から施行する。ただし、次項及び附則第3項の規定は、公布の日から施行する。

2 施行日前に別表第2(同表の1(3)の表を除く。以下この項において同じ。)に掲げる中野区立体育館の施設及び附帯設備(器具を含む。)について改正後の付則第2項に規定する期間に係る使用の承認を行う場合の利用料金及び使用料の限度額については、改正後の別表第2の規定に同項の規定を適用した場合の同表の規定を適用した額とする。

3 施行日前に別表第2の2(1)イの表に掲げるプール及び別表第2の2(2)イの表に掲げるプールについて施行日以後に係る使用の承認を行う場合の利用料金及び使用料の限度額については、改正後の別表第2の2(1)イの表及び別表第2の2(2)イの表の規定を適用した額とする。

4 この条例の施行の際現に使用の承認(附則第2項及び前項に規定する場合の使用の承認を除く。)を受けている者の利用料金及び使用料については、なお従前の例による。

附 則(平成30年7月23日条例第28号抄)

(施行期日)

1 この条例は、平成31年4月1日から施行する。ただし、附則第3項の規定は、公布の日から施行する。

(準備行為)

3 改正後の別表第2の規定による中野区立体育館の施設等の使用に係る手続その他必要な行為は、この条例の施行前においても行うことができる。

別表第1(第2条関係)

名称

位置

中野区立中野体育館

東京都中野区中野四丁目11番14号

中野区立鷺宮体育館

東京都中野区白鷺三丁目1番13号

別表第2(第6条、第14条関係)

1 中野区立中野体育館

(1) 貸切使用(団体使用)

ア 主競技場、卓球場、柔道場、剣道場

施設

使用目的等

単位時間

限度額

入場料又はこれに類するものを徴収しない場合

入場料又はこれに類するものを徴収する場合

アマチュア・スポーツに使用する場合

その他の行事に使用する場合

アマチュア・スポーツに使用する場合

その他の行事に使用する場合

平日

土曜日

日・休日

平日

土曜日

日・休日

平日

土曜日

日・休日

平日

土曜日

日・休日

主競技場

早朝(午前7時~午前8時30分)

11,900円

14,200円

14,200円

23,700円

28,600円

28,600円

17,700円

21,400円

21,400円

59,300円

71,100円

71,100円

午前(9時~12時)

30,500円

37,100円

37,100円

61,500円

74,400円

74,400円

46,100円

55,700円

55,700円

153,600円

186,000円

186,000円

午後(1時~5時)

43,100円

52,300円

52,300円

86,400円

104,500円

104,500円

64,700円

78,400円

78,400円

216,200円

261,200円

261,200円

夜間(午後6時~午後9時(日・休日にあつては午後9時45分))

39,600円

47,400円

59,400円

79,200円

94,900円

119,000円

59,300円

71,200円

89,400円

197,700円

237,200円

297,700円

深夜(午後9時30分~午後11時30分)

18,500円

22,200円

36,900円

44,500円

27,700円

33,200円

92,200円

110,700円

卓球場

早朝(午前7時~午前8時30分)

2,300円

2,600円

2,600円

4,400円

5,300円

5,300円

3,500円

4,000円

4,000円

午前(9時~12時)

5,800円

7,100円

7,100円

11,700円

14,500円

14,500円

8,800円

10,800円

10,800円

午後(1時~5時)

8,400円

10,400円

10,400円

17,000円

20,900円

20,900円

12,800円

15,700円

15,700円

夜間(午後6時~午後9時(日・休日にあつては午後9時45分))

7,600円

9,300円

11,300円

15,400円

18,500円

22,700円

11,600円

13,700円

17,000円

深夜(午後9時30分~午後11時30分)

3,600円

4,200円

7,000円

8,400円

5,400円

6,400円

柔道場及び剣道場

早朝(午前7時~午前8時30分)

1,700円

2,200円

2,200円

3,500円

4,200円

4,200円

2,600円

3,200円

3,200円

午前(9時~12時)

5,000円

5,800円

5,800円

9,800円

11,700円

11,700円

7,100円

8,800円

8,800円

午後(1時~5時)

5,800円

7,100円

7,100円

11,700円

14,500円

14,500円

8,800円

10,800円

10,800円

夜間(午後6時~午後9時(日・休日にあつては午後9時45分))

5,800円

6,900円

8,400円

11,700円

14,000円

17,000円

8,800円

10,600円

12,800円

深夜(午後9時30分~午後11時30分)

2,600円

3,200円

5,300円

6,400円

4,000円

4,800円

備考

1 主競技場は、床面の2分の1ずつに分割して使用することができる。この場合の限度額は、この表に定める限度額の100分の50に相当する額とする。

2 徴収する入場料又はこれに類するものの額が1,000円以下の場合の限度額は、使用目的の区分に応じ、それぞれ入場料又はこれに類するものを徴収しない場合に定める限度額を適用する。

3 附帯設備の使用に係る限度額は、1,000円とする。

4 この表において、「平日」とは土曜日、日曜日及び休日以外の日を、「日・休日」とは日曜日及び休日をいう。

イ 会議室

施設

単位時間

限度額

第一会議室

早朝(午前7時~午前8時30分)

260円

午前(9時~12時)

530円

午後(1時~5時)

930円

夜間(午後6時~午後9時(日曜日及び休日にあつては午後9時45分))

530円(日曜日及び休日にあつては660円)

深夜(午後9時30分~午後11時30分)(日曜日及び休日を除く。)

360円

第二会議室

早朝(午前7時~午前8時30分)

60円

午前(9時~12時)

130円

午後(1時~5時)

260円

夜間(午後6時~午後9時(日曜日及び休日にあつては午後9時45分))

220円(日曜日及び休日にあつては260円)

深夜(午後9時30分~午後11時30分)(日曜日及び休日を除く。)

130円

(2) 個人使用

区分

施設

使用単位

限度額

中学生以下

一般(高校生以上)

トレーニング場

1回(2時間以内)

270円

定期

1か月

3,600円

3か月

10,400円

6か月

19,400円

主競技場、卓球場、柔道場、剣道場


早朝(午前7時~午前8時30分)

150円

270円

午前(9時~12時)

150円

270円

午後(1時~5時)

150円

270円

夜間(午後6時~午後9時(日曜日及び休日にあつては午後9時45分))

150円

270円

深夜(午後9時30分~午後11時30分)(日曜日及び休日を除く。)

150円

270円

備考

1 就学前の幼児の利用については、無料とする。

2 主競技場、卓球場、柔道場又は剣道場をこの表に定める使用単位の時間以外の時間に使用する場合の限度額は、中学生以下については150円とし、一般(高校生以上)については270円とする。

(3) 自動車駐車場

使用単位

限度額

30分

150円

2 中野区立鷺宮体育館

(1) 貸切使用(団体使用)

ア 競技場

使用目的等

単位時間

限度額

入場料又はこれに類するものを徴収しない場合

入場料又はこれに類するものを徴収する場合

アマチュア・スポーツに使用する場合

その他の行事に使用する場合

アマチュア・スポーツに使用する場合

その他の行事に使用する場合

平日

土曜日

日・休日

平日

土曜日

日・休日

平日

土曜日

日・休日

平日

土曜日

日・休日

午前(9時~12時)

21,900円

26,400円

26,400円

43,700円

52,700円

52,700円

32,800円

39,600円

39,600円

109,200円

132,100円

132,100円

午後(1時~5時)

30,500円

36,800円

36,800円

61,500円

73,800円

73,800円

46,100円

55,200円

55,200円

153,600円

184,400円

184,400円

夜間(午後6時~午後8時30分(日曜日及び休日にあつては午後9時45分))

23,400円

28,200円

42,300円

46,600円

56,500円

84,800円

35,200円

42,300円

63,500円

116,600円

141,000円

212,200円

深夜(午後9時~午後10時30分)

10,000円

11,900円

19,700円

23,700円

15,000円

17,700円

49,600円

59,300円

備考

1 競技場は、床面の2分の1ずつに分割して使用することができる。この場合の限度額は、この表に定める限度額の100分の50に相当する額とする。

2 徴収する入場料又はこれに類するものの額が1,000円以下の場合の限度額は、使用目的の区分に応じ、それぞれ入場料又はこれに類するものを徴収しない場合に定める限度額を適用する。

3 附帯設備の使用に係る限度額は、400円とする。

4 この表において、「平日」とは土曜日、日曜日及び休日以外の日を、「日・休日」とは日曜日及び休日をいう。

イ プール

区分

単位時間

限度額

1コース

1時間以内

3,000円

全コース

1時間以内

20,800円

子供用プール

1時間以内

2,100円

ウ 軽体操室、第一会議室

施設

単位時間

限度額

軽体操室

午前(9時~12時)

910円

午後1(1時~3時)

520円

午後2(3時30分~5時30分)

520円

夜間(午後6時~午後8時30分(日曜日及び休日にあつては午後9時))

770円(日曜日及び休日にあつては910円)

深夜(午後9時~午後10時30分)(日曜日及び休日を除く。)

520円

第一会議室

午前(9時~12時)

520円

午後(1時~5時)

770円

夜間(午後6時~午後8時30分(日曜日及び休日にあつては午後9時))

520円

深夜(午後9時~午後10時30分)(日曜日及び休日を除く。)

260円

エ ミーティングルーム

単位時間

限度額

午前(9時~12時)

520円

午後1(1時~3時30分)

390円

午後2(4時~6時30分)

390円

夜間(午後7時~午後9時)

390円

(2) 個人使用

ア 競技場

単位時間

限度額

午前(9時~12時)

各単位時間1回につき

中学生以下 170円

一般(高校生以上) 360円

午後(1時~5時)

夜間(午後6時~午後8時30分(日曜日及び休日にあつては午後9時45分))

深夜(午後9時~午後10時30分)(日曜日及び休日を除く。)

備考 就学前の幼児の利用については、無料とする。

イ プール

単位時間

限度額

1時間以内

中学生以下 140円

一般(高校生以上) 300円

2時間以内

中学生以下 280円

一般(高校生以上) 600円

備考

1 就学前の幼児の利用については、無料とする。

2 単位時間を超過した場合の限度額は、超過時間1時間(1時間に満たない場合は、1時間とする。)につき単位時間1時間以内の限度額とする。

中野区立体育館条例

昭和45年4月1日 条例第15号

(平成30年7月23日施行)

体系情報
第2編 区民の権利・義務/第2章 区民施設/第7節 公園・運動施設等
未施行情報
沿革情報
昭和45年4月1日 条例第15号
昭和51年3月1日 条例第11号
昭和55年12月15日 条例第31号
昭和58年12月6日 条例第33号
昭和63年3月31日 条例第18号
昭和63年6月13日 条例第26号
平成4年3月25日 条例第26号
平成7年6月26日 条例第30号
平成10年3月27日 条例第25号
平成10年7月6日 条例第40号
平成13年3月27日 条例第51号
平成13年6月19日 条例第58号
平成17年12月7日 条例第55号
平成19年12月13日 条例第50号
平成20年10月28日 条例第50号
平成23年3月18日 条例第12号
平成23年12月16日 条例第61号
平成26年10月21日 条例第22号
平成29年12月15日 条例第49号
平成30年7月23日 条例第28号