共同運営電子申請サービスの利用にあたって

ページID:789298382

更新日:2023年11月15日

電子申請について

電子申請とは、インターネットを利用して区への手続等を行うものです。住民票の写し交付申請や、各種講座の申込みなど、インターネットにつながった自宅や職場のパソコンから、原則24時間365日、いつでも申込みができます。また、申込みの受付・審査状況などもインターネットから確認することができます(ただし、区の受付・審査等は担当所属の開庁・開所日のみとなります。)。
 このサービスは、東京都と都内の市区町村が共同運営する東京電子自治体共同運営協議会の「新規ウインドウで開きます。電子申請サービス(外部サイト)」を利用して実施しています。「新規ウインドウで開きます。中野区トップページ(外部サイト)」からご利用ください。

ご利用に当たっての注意点

1 サービス利用が可能な動作環境については「新規ウインドウで開きます。動作環境(外部サイト)」をご覧ください。
2 利用者登録(ID・パスワードの取得)が必要となる手続があります。利用者登録の方法等、詳しくは「新規ウインドウで開きます。はじめて利用する方へ(外部サイト)」をご覧ください。
3 電子署名を必要とする手続や、電子納付に対応している手続があります。
4 手続によっては必要な書類を郵送していただく場合や、証明書を受け取りに窓口にお越しいただく場合もあります。受取方法など詳しくは、申請画面及び申請後に 送信される通知等をご確認ください。
5 証明書などの交付にかかる郵送料は申請者負担となります。

申請者IDでのログインについて

一部の手続では、電子申請を行う際に申請者IDが必要です。
申請者者IDは、次のリンク先(東京共同電子申請・届出サービス)から取得できます。
新規ウインドウで開きます。申請者IDを取得する(外部サイト)

電子署名および電子証明書について

電子署名とは、データの発信元を証明するために、電子的に記録された署名のことです。送受信するデータの信頼性と、間違いなく本人から送信されたものであるということを保証する仕組みです。電子署名により、他人による「なりすまし」や「改ざん」が行われていないことを証明できます。東京電子自治体共同運営サービスで電子署名を利用するには、「公的個人認証サービス」による「電子証明書」の取得が必要です。
新規ウインドウで開きます。公的個人認証サービスについて(外部サイト)

電子署名利用に当たっての注意点

電子署名を利用するためには、電子申請時にマイナンバーカード(署名用電子証明書(公的個人認証サービス)を搭載したもの)及びICカードリーダライタ、パソコンの環境設定が必要です。
詳しくは下記のページをご覧ください。
新規ウインドウで開きます。電子申請サービスサイト『動作環境』(外部サイト) の「3.署名ありの手続をご利用の場合に必要となる環境」
新規ウインドウで開きます。電子申請サービスサイト『はじめて利用する方へ』(外部サイト) の「手順5 電子証明書を入手する(必要に応じ)」
新規ウインドウで開きます。よくある質問(外部サイト)

電子納付

電子納付とは、パソコン(インターネットバンキング)や携帯電話(モバイルバンキング)及び一部金融機関のATM(現金自動預払機)から手数料等を納付する方法です。パソコンや携帯電話から電子納付を利用するためには、Pay-easy(ペイジー)が利用できる金融機関とインターネットバンキングの登録等が必要です。詳細は各金融機関へ問合せください。
新規ウインドウで開きます。 Pay-easy(ペイジー)について(外部サイト)
新規ウインドウで開きます。Pay-easy(ペイジー)の使い方(外部サイト)

電子署名及び電子納付に対応している手続一覧

・寄付の申込み
・特別区民税・都民税証明書交付申請
・軽自動車税納税証明書交付申請(譲渡用)
・軽自動車税納税証明書交付申請(車検用)
・住民票の写し交付申請
・住民票記載事項証明書交付申請
・戸籍に関する証明書(附票)交付申請
・印鑑登録証明書交付申請
・身分証明書交付申請
・不在籍証明書交付申請
・不在住証明書交付申請
・住居表示変更証明書交付申請
・戸籍謄本(全部事項証明)・抄本(個人事項証明)交付申請
・国民健康保険料証明書交付申請
・中野区環境基金への寄付申込み
・中野区環境基金「身近な緑を守り育てるコース」への寄付申込み
※東京電子自治体共同運営電子申請サービスで受付中の「新規ウインドウで開きます。手続一覧(外部サイト)」はこちらをご確認ください。

お問い合わせ

このページは総務部 DX推進室情報システム課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから