環境講座・イベント

ページID:223490049

更新日:2023年10月27日

環境月間行事

毎年6月5日は国連が定めた「世界環境デー」です。日本でも、6月の1か月間を「環境月間」とし、誰もが環境保全の重要性を理解し、身近なところから行動するきっかけとするため、様々な行事が行われます。

中野区では、中野区環境基本条例に基づき、環境保全について理解を深めるための取り組みとして、毎年環境月間パネル展を開催しています。
2019年度は、6月17日から6月20日に区役所1階ロビーにて開催しました。

環境月間パネル展-1
「環境月間パネル展」

環境月間2
区内事業者のリサイクル事業を紹介


冬季の省エネキャンペーン期間行事

冬季の省エネルギーの取組を促進するため「省エネルギー・省資源対策推進会議省庁連絡会議」を契機として、経済産業省は11月から3月を「冬季の省エネキャンペーン期間」と定めています。

冬季は暖房等によるエネルギー消費が増大します。中野区では、家庭などで出来る省エネ・節電対策の事例や区の地球温暖化対策を紹介するための取り組みとして、冬季の省エネルギ―対策パネル展を令和2年1月27日から1月30日に区役所1階ロビーにて開催しました。

冬季の省エネルギ―パネル展
冬季の省エネルギー対策パネル展

冬季の省エネ対策パネル展
区の環境施策を紹介


環境講座

地球温暖化などの環境問題を学ぶと共に、平成20年5月に策定された環境基本計画で掲げる環境像「脱温暖化の取組みが根付いたエコシティなかの」の実現のために、区民や区内事業者1人ひとりが、地球温暖化の要因である二酸化炭素の削減に向けて取り組める具体的な事業として開催します。

省エネ研修会(中小事業者対象)

省エネルギーによる地球温暖化防止と経費節減のメリットを事業所に還元する手法をわかりやすく説明し、省エネ対策で省コストの実現を目指す研修会です。

平成30年度は、6月29日に東京都地球温暖化防止活動推進センター技術専門員 村瀬 光一 氏による省エネについての講義の後、Professional BOX TOKYO パナソニック株式会社のショールーム見学会を合わせて開催し、省エネにつながる最新の照明技術を広く学べる研修会となりました。

省エネ研修会
講義中の風景


夏休み子どもエコ講座

エコ講座

子どもたちの身近な生活を通して、環境問題をわかりやすく理解する講座です。

2019年度は、「みんなで新しいエネルギーを体験しよう!」 というテーマで、7月28日(講師 東京ガス株式会社中央支店 田辺 謙二 氏)と8月3日(講師 株式会社アムラックストヨタ メガウェブインフォメーション) の2日間にわたり講座を実施しました。
7月28日の講座では、間伐材のクラフトキットで工作体験をし、樹のぬくもりを感じながら森を育てる大切さと地球環境を守る大切さを学び、続いて、燃料電池を搭載したミニカーに水素ガスを注入し、走らせる実験等を通して、クリーンエネルギーの可能性と環境問題について楽しく学びました。

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「第1回 夏休み子どもエコ講座」の様子は、こちらから事業記録をご覧ください。(PDF形式:653KB)

エコ講座_写真1
講座の様子

エコ講座_写真2
間伐材の工作体験


エコ講座_写真3
燃料電池ミニカーの走行実験


8月3日の講座では、電解液や燃料電池キットを使って水素の生成と電気の発生を体験し、水素が簡単に作れることを学び、続いて、水素RCを使った燃料電池カーの操縦体験と、MIRAIの外部ジャックから模型ハウスに電力供給できる実験を通して、MIRAIの仕組みを楽しく理解することができました。

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「第2回 夏休み子どもエコ講座」の様子は、こちらから事業記録をご覧ください。(PDF形式:569KB)

エコ講座(トヨタ)1
講座の様子

エコ講座(トヨタ)2
電解液で水素生成実験


エコ講座(トヨタ)3
水素RCの操縦体験


イベント

中野の森バスツアー

平成30年度10月28日になかの里・まち連携自治体の群馬県みなかみ町の牧場跡地に設けた「中野の森」(約15ヘクタール)での植樹体験バスツアーを行いました。当日はみなかみ町様から町についてご説明いただき、利根沼田森林組合様や、利根川源流森林整備隊様にご協力いただき植樹を行いました。

植樹2
みなかみ町様からのお話

植樹体験
植樹を体験


昼食は、中野の森のふもとにある「遊神館」での、地元の野菜を使った手打ちそばセットでした。
また、午後は、たくみの里内にある「森の恵みと学びの家」で、みなかみ町発祥のカスタネット絵付け体験をしました。サクラ、クリ、ブナ、ミズキの4種類の樹から、色と木目、音、手触りなどの違いを肌で感じてから各自選んで、自由に絵付けを楽しんでいただきました。

カスタネット説明
樹種による違いを学習

カスタネット作品
素敵な作品ができました


なかのエコフェア

区内団体・企業・公共団体が、環境に配慮した製品の展示や家庭で出来る節電対策の説明、区内自主団体の取り組みの紹介などを行い、みなさまが地球温暖化防止の取り組みを始めるきっかけづくりを行います。

平成30年度は、11月17日に中野四季の森公園イベントエリアで開催しました。
ステージでは、「ごみと資源の分別クイズ」、「なかのエコポイント&あまりものレシピ表彰式」を行いました。
また、会場内では「清掃車によるごみの積み込み実演」、「水素自動車の展示」を行いました。
また、アンケートに答えていただいた方全員に参加賞を進呈しました。

なかのエコフェアの様子の画像
なかのエコフェアの様子

ステレンジャーショー
「清掃車によるごみの積み込み実演」


打ち水

東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた夏の暑さ対策として、江戸の知恵・東京のおもてなしである「打ち水」を行いました。
2019年度は、7月23日と7月24日に弥生区民活動センター前・中野区役所正面玄関前・野方商店街ふれあい広場の3か所で実施し、会場ごとに町内会や商店街、専門学校の協力を得て打ち水の体験や打ち水のやり方チラシを配布を行いました。
打ち水の結果、気度は2~3℃ほど下がりました。

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。「打ち水イベント」の様子は、こちらから事業記録をご覧ください。(PDF形式:737KB)

打ち水1
弥生区民活動センター前にて

打ち水2
中野区役所正面玄関前にて


打ち水3
野方商店街ふれあい広場にて


関連ファイル

お問い合わせ

このページは環境部 環境課が担当しています。

本文ここまで

サブナビゲーションここから
サブナビゲーションここまで