歴史民俗資料館 コーナー展「旧豊多摩監獄表門 関連展示2023」

ページID:668590074

更新日:2024年2月7日

開催期間

令和5年11月28日(火曜)から令和6年1月14日(日曜)

展示内容

旧豊多摩監獄は、江戸時代の小伝馬町牢屋敷の流れをくむ市谷監獄が中野に移転し、大正4年に竣工しました。

その後は豊多摩刑務所、中野刑務所と時代を経る中で名称を変えていき、昭和58年に廃庁。施設は表門を残して解体されて、表門は令和3年6月4日に中野区指定有形文化財となりました。表門は曳家(ひきや)の技術で移設が予定されています。

本展では、旧豊多摩監獄の歴史にまつわる資料とともに、表門を写した写真も展示します。

※掲載の展示・イベント等中止または延期、内容などが変更される場合があります。

お問い合わせ

このページは区民部 文化振興・多文化共生推進課が担当しています。

本文ここまで