•  
  • メール
最終更新日 2020年6月3日
ページID 028993印刷

新型コロナウイルスに対する次亜塩素酸水等の使用における注意点

「次亜塩素酸ナトリウム」と「次亜塩素酸水」は違うものです。ご注意ください。

次亜塩素酸「ナトリウム」は、塩素系漂白剤などの主成分として用いられる、アルカリ性の物質で、従来から新型コロナウイルスの消毒に使用されており、有効性が確認されています。
一方、「次亜塩素酸水」は、電気分解などの手法で作られる酸性の液体で、新型コロナウイルスへの有効性については、現在検証中であります。(有効性は現時点で確認されていません。

また、消毒剤(次亜塩素酸ナトリウムも含む)の空間噴霧について、WHO等は、「有害である可能性があり、感染者の飛沫や接触によるウイルス感染力を低下させることにはならない」という見解を示しています。
詳細については、以下のリンク先をご確認ください。
次亜塩素酸水の空間噴霧について (ファクトシート) (PDF形式:292KB)

新型コロナウイルスに対して有効なアルコール以外の消毒方法

独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)が、経済産業省の要請に応じ、消毒方法の有効性評価を実施しています。
新型コロナウイルスにおける有効な界面活性剤の公表について(経済産業省)(新しいウィンドウで開きます。)
新型コロナウイルスに対しての有効性が確認されている家庭用洗剤リスト(NITE)(新しいウィンドウで開きます。)
ご家庭にある洗剤を使って身近なものを消毒しましょう。(PDF形式:261KB)

このページについてのお問い合わせ先

中野区 

東京都中野区中野四丁目8番1号

電話番号 03-3389-1111
ファクス番号
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝日を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート