•  
  • メール
最終更新日 2019年11月5日
ページID 027722印刷

住民票などに旧姓(旧氏)の記載ができます

住民票、印鑑証明書、マイナンバーカードに旧姓(旧氏)を併記できます。仕事などで旧氏を用いている方が旧姓を公的に証明できることになります。希望する方は、住民登録のある市区町村に本人確認書類と旧姓が確認できる戸籍謄本などをお持ちください。

チラシ表面
(チラシ表面)
チラシ裏面
(チラシ裏面)

旧姓(旧氏)とは

その人の過去の戸籍上の氏のことです。氏はその人に係る戸籍、または除かれた戸籍に記載されています。

記載できる旧姓(旧氏)

  • 旧姓を初めて併記する場合は、過去の氏の中から一つを選んで併記できます。
  • 一度記載した旧姓は、婚姻などにより氏が変わっても引き続き記載できます。
  • 旧姓は他の市区町村に転入しても引き続き記載できます。
  • 必要がなくなった場合には、旧姓を削除できます。

手続き方法

次に記載している手続きに必要なものを持参し、市区町村にある請求書により申請します。

手続きに必要なもの

  1. 戸籍謄本(併記を希望する旧姓から現在までのすべてのもの)
  2. 本人確認書類

マイナンバーカード、住民基本台帳カード(顔写真付きのもの)、運転免許証、日本国発行のパスポート、官公署が発行した顔写真付き身分証明書、健康保険証あるいは年金手帳

詳しくは、こちらのページ(住民票に旧氏(名字)の記載ができます)をご覧ください。

問い合わせ先

戸籍住民課 住民記録係
電話番号03-3228-5500
ファクス03-3228-5653

このページについてのお問い合わせ先

中野区 

東京都中野区中野四丁目8番1号

電話番号 03-3389-1111
ファクス番号
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝日を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート