•  
  • メール
最終更新日 2016年7月26日
ページID 022748印刷

学校と地域が連携した取組「鷺宮寺子屋自主学習会」【平成28年7月】

中野区教育委員会では、地域の方や学生などに、学校のニーズに応じたボランティア活動をしていただくことで、中野区立小学校・中学校及び幼稚園の教育活動の充実を図り、家庭、地域、学校が一体となって地域ぐるみで子どもたちの生きる力を育むとともに、地域に開かれた特色ある学校づくりを推進しています。
今回は、鷺宮小学校が取り組んでいる、地域の方が協働し子どもたちを支援する「鷺宮寺子屋自習会」の様子と、学校支援ボランティア・コーディネーターとして、学校と地域との橋渡しとなり、保護者や地域の団体の方が楽しく子どもたちを支援できる場をつくられている黒木さん、そして学校の声を紹介します。
※学校支援ボランティア・コーディネーターとは
 次世代育成委員の方で、中学校の通学区域ごとに配置されています。学校のニーズに応じて、ボランティア活動ができる、地域の方等を紹介します。学校と地域、学校とボランティアとの連携を図り、ボランティアの活動を推進し、楽しく活動できるよう調整する役割を担っています。

地域のボランティア(鷺宮小学校)

勉強1
(自主学習の様子)

鷺宮小学校では、6月から3月までの水曜日(不定期)の放課後に学校図書室で、保護者や青少年育成地区委員、白鷺音読の会など地域の方が「鷺寺みまもりたい」として、子どもたちが宿題や読書、音読をする様子を見守る活動をしています。

活動内容を教えてください

水曜日の放課後、子どもたちが図書室で宿題、読書など自主学習をする様子を見守っています。子どもたちは事前に家庭で自主学習の内容を決めて参加します。宿題をしたり黙々と読み書きの練習をしたりする子、図書を楽しむ子、音読の練習をする子などさまざまです。
子どもたちは、学習内容が記載された鷺寺カード(参加カード)を持参し受付を済ませた後、好きな席で自主学習を進めます。「みまもりたい」は子どもたちの様子を見ながら、自主学習がスムーズに進むよう声掛けなどをしています。自主学習の時間が終わると、子どもたちは鷺寺カードを受け取り下校します。下校の際は、「みまもりたい」が子どもたちを昇降口まで見送ります。子どもたちを見送った後は、その日の子どもたちの様子や改善点などを話し合います。
隣の図書準備室では、白鷺音読の会の方により、毎週金曜日の中休みに行っている音読・暗唱活動を行っています。金曜日と同様に、暗唱ができたら合格シールを台紙に貼り、子どもたちの達成感と励みにつなげています。

受付
(受付で鷺寺カード提出)
勉強2
(宿題と格闘)
勉強3
(覚えた詩を暗唱)

活動のきっかけは何ですか

勉強4
(取り組む眼差し、真剣です)

平成24年度に当時の校長先生から依頼を受け「鷺宮寺子屋自習会」を立ち上げました。最初は、夏のプール指導期間中に学校に通ってくる子どもたちが、図書室で宿題、調べ学習、読書等、自分で勉強したい物を持参して自主学習する様子を地域のボランティアが見守る形で活動を始めました。この夏休みの寺子屋自習会が好評だったこともあり、水曜日の放課後にも自主学習教室、通称「鷺寺(さぎてら)」を実施することとなりました。また、鷺宮小で長い間、音読・暗唱のボランティア活動をしている白鷺音読の会のみなさんにもお願いし一緒に活動を行っています。「みまもりたい」には、保護者や青少年育成地区委員のみなさん、民生・児童委員などさまざまな地域の方が参加してくれています。日程調整など大変ですが、子どもたちと知り合いになれる機会ということで、いろいろな方が協力してくれて、放課後自主学習教室と夏休みの自主学習会の活動を4年間続けられています。

活動をして良かったことはありますか

子どもたちと知り合いになれることが一番良いところです。また、ボランティアとして、保護者の方、青少年育成地区委員会、民生・児童委員のみなさんが協力をしてくれるので、地域の人たちのつながりも生まれています。場所が学校なので、先生方とも顔見知りになれます。活動時に先生方が見に来てくださることがあり、その時は子どもたちの真剣な表情を見ることもできます。

下校
(帰りの受付)
下校2
(みんなで下校、昇降口へ)
反省会
(ボランティアさんの反省会)

今後やってみたいことはありますか

放課後自主学習教室は保護者のみなさんにも好評です。子どもの頑張っている様子を見られるので、多くの保護者の方にも見守りボランティアとして参加いただけるとよいと思います。 今は室内での活動なので、今後はスポーツなど、みんなが参加できるものもやってみたいです。

学校の声

校長先生

勉強5
(宿題終了後は、楽しく図書)

放課後の時間帯は、教員は会議や研究会への出張、翌日の授業準備などで、なかなか子どもたちと関わる時間をとることができない状況があります。地域の方が、放課後自主学習教室の運営を担ってくれて、子どもたちが自主学習を進める環境をつくってくださることを非常にありがたく感じます。子どもの様子を見てもらえることも助かっています。気にかけている子の様子を聞けることもあります。また、自主学習で培った集中力や理解力などが普段の授業でも発揮されていると感じることもあります。 
金曜日の中休みに音読・暗唱活動をしてくださっている白鷺音読の会のみなさんにもご協力いただき、子どもと地域の方との交流の場にもなっていると感じます。
鷺宮小では、音読・暗唱活動、放課後自主学習教室をはじめ、ふれあい給食会などの学校行事でも地域の方にご協力いただいており、地域と協働した、地域に根差した学校運営となっています。今後も、地域の方が学校の教育活動に参加していく形を大事にしていきたいです。

このページについてのお問い合わせ先

教育委員会事務局 子ども・教育政策課(教) 学校再編・地域連携係

区役所5階 3番窓口

電話番号 03-3228-5548
ファクス番号 03-3228-5679
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時半から午後5時まで(祝日を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート