•  
  • メール
最終更新日 2012年11月23日
ページID 015550印刷

各学校の取り組み(平成24年11月)

 このページでは、中野区立学校の特色ある教育活動や、児童・生徒たちの活動を掲載しています。
 青字のリンクをクリック していただくと、動画をご覧いただけます。
 (再生が始まります。音が出ますのでご注意ください。)

 

平成24年度 中野区立小学校フラッグフットボール大会(11月18日)

 11月18日(日曜日)、若宮小学校にて区立小学校11校合同のフラッグフットボール大会が行われました。
 今年度は、谷戸、江古田、鷺宮、上高田、啓明、北原、新井、大和、若宮、平和の森、緑野小学校の11校から、18チームが参加しました。
 フラッグフットボールは、選手が腰に付けているフラッグを取ることをアメリカンフットボールでのタックルの代わりとしたフットボールです。選手同士の身体的接触が少なくなることで、より安全なプレーができ、より幅広い層の人が参加できます。
 当日は快晴の秋空の下、応援の歓声でにぎわう中、元気に競技する子どもたちの姿を見ることができました。フラッグフットボールは、1回の攻撃を終えるごとに作戦会議タイムがあることも大きな特徴です。チームでしっかりと作戦を共有して、メンバーやチームの特性を生かしたプレーも見られ、一人ひとりが自分の役割をしっかりと果たしていました。 

若宮小校庭の写真
お天気にも恵まれ、絶好のフットボール日和でした

腰にフラッグを付ける児童たちの写真
腰にベルトをし、2本のフラッグを付けます

 

 

コートサイドで試合を見守る人たち
ボンボンを手に、応援も気合十分です

選手宣誓の様子
選手宣誓。トロフィーはどのチームの手に?

 

フラッグフットボール試合中の様子
 両サイドからフラッグをねらう鋭いプレーです

フラッグフットボールの試合の様子
敵チームの網をくぐり抜けて…

フラッグフットボール大会表彰式の写真
各ブロックの優勝チームに賞状が贈られます

フラッグフットボール大会閉会式の写真
勝敗にかかわらず、みんなよくがんばりました!

 


 

 

 

平成24年度 中野区立中学校連合音楽会(11月5日)

 11月5日(月曜日)、なかのZERO大ホールにて区立中学校の連合音楽会が開催されました。
 全校全学年が一堂に会し、それぞれの活動の成果を発表し合いました。合唱や合奏、吹奏楽、和太鼓、管弦楽など、プログラムの内容は多岐に渡っていました。生徒一人ひとりが自分の役割を果たし、各団体の個性が存分に発揮され、豊かな音色が大ホールいっぱいに響いた一日となりました。
 こうした連合行事は、生徒たちの学校での活動を連合で発表する場を設けることで、子どもたちの心身の成長の機会とするとともに、学校間の交流を深め、連帯感を高めることを目的として行っているものです。
 作り上げてきた成果を発表することはもちろん、普段はなかなか知ることのできない他校の生徒たちの頑張りを見る機会でもありました。この経験から感じたことや学んだことを、自分たちの糧にしていってほしいと思います。

 動画で見る中学校連合音楽会の様子
 情報提供 JCN中野
 

桃園第二小学校 桃二思いやりいっぱいプロジェクト(11月12日)

~思いやりの心を増やして、いじめにつながる行為をなくそう~

 桃園第二小学校では、若手教員研修会でいじめ問題を研修テーマとし、取り組んできました。
 いじめとは何かを考え、子どもたち一人ひとりが、思いやりの心を育んでいくことが、いじめをなくすことにつながるということを伝えようと、「桃二思いやりいっぱいプロジェクト」を企画し、全校朝会で若手教員が、子どもたちに向けて発表しました。
 思いやりの心とはどういうことかという寸劇や、先生自身によるいじめを受けた体験談の紹介、身近な思いやりを紹介する「おもいやりBOX」の設置など、若手教員研修会で修めた成果を生かし、「桃二小の先生は、いじめを絶対に許さない!」「桃二小を思いやりでいっぱいにしよう」という思いを、子どもたちに訴えました。

若手教員による発表の一場面
 思いやりの心が大きく育ちますように
若手教員による寸劇の一場面
子どもたちの心に訴えかけるために、寸劇で表現します

発表する先生たちと聞き入る児童の写真
先生たちの願いをしっかりと受け止めよう


 

第四中学校 中学生と区長との対話集会(11月10日)

 11月10日(土曜日)2・3校時に「中学生と区長との対話集会」が行われ、2年生が参加しました。区長と直接対話するという緊張感の中、区長の区政への熱意や中野区の街作り・防災・教育等に関して、生徒から質問が挙がりました。それらの質問に対して、とても丁寧で分かりやすい説明をしていただき、生徒たちは大変満足した様子でした。

<生徒の感想文>
 今日は色々教えていただきありがとうございました。今回の対話集会で中野区の現状や誇れる点を知ることができて良かったと思います。中野区はたくさんの交通機関があって便利だと改めて思いました。防災については、道が狭いので心配していましたが、広くする対策に取り掛かっていることを知り安心しました。また、私たちの学力は私たちも頑張っていかないとだめなんだと思いました。中野区は人口密度がとても高いと知りました。確かに家が密集している所が多いと思います。でもその分、人と人との交流が深いと思います。だから、近所の人ともたくさん交流し、中野区が豊かになっていくといいなと思いました。この町がこれからも住んで良かったと思われるような町づくりを頑張ってください。

区長と生徒たちの対話集会の様子
区長の話を聞き、各々いろんな感想を抱いてくれたようです


 

第三中学校 赤ちゃんとのふれあい教室(11月10日)

 11月10日(土曜日)の学校公開日に合わせ、本校の体育館において、赤ちゃんとの「ふれあい教室」が実施されました。地域の方々のご協力により、生後3か月から1歳3か月の赤ちゃん8人とそのお母さんやお父さんに来校してもらいました。
 赤ちゃんのお母さんやお父さんから出産時の心境や子育ての話を聞いた生徒たちは、命の尊さや人を思いやる心など多くのことを学びました。
 また、生徒たちは、実際に赤ちゃんを抱いて触れ合うことで最高の笑顔になり、全体の空気も和み、楽しい時間を過ごすことができました。

生徒と赤ちゃんと地域の方々のふれあいの様子
地域のお父さんお母さんが貴重なお話を聞かせてくれました
生徒と赤ちゃんと地域の方々のふれあいの様子
赤ちゃんの愛らしさに緊張もほぐれてきます

生徒と赤ちゃんのふれあいの様子
 「私にも抱っこさせて!」
生徒と赤ちゃんのふれあいの様子
 赤ちゃんには、みんなを笑顔にする不思議な力があるね

お母さんに支えてもらいながら赤ちゃんを抱く男子生徒
命の重みを感じることができたかな

このページについてのお問い合わせ先

教育委員会事務局 子ども教育政策課(教) 

中野区中野四丁目8番1号

電話番号 03-3228-8857
ファクス番号 03-3228-5679
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日の午前8時半から午後5時まで(祝日を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート