•  
  • メール
最終更新日 2019年4月1日
ページID 023696印刷

「中野区防災リーダー養成事業」について

1 本事業の実施目的

首都直下型地震等の発生が危惧されている中、大規模災害時に、発生した初期災害から自分たちのまちを守るのは地域にお住まいの皆さまであり、災害に強いまちづくりを目指すには、区民一人ひとりの防災力の向上が必要不可欠です。
区民一人ひとりの防災力の向上のためには、地域の中に「自助・共助」について深い知識と技術を有し、いわば「防災の知恵袋」として、平時から地域住民に対して適切な指導やアドバイスが出来る「人材」が必要であり、また、災害時に円滑な避難所運営等を行っていくためには、地域防災住民組織(以下、「防災会」という。) の役員等は全体の指揮に専念し、現場レベルでの調整等を任せられる「人材」を確保する必要があります。その役割を担う「人材」が防災リーダーです。このような存在を増やし、区全体の防災力の向上を図っていくために本事業は実施されています。

「地域防災住民組織」とは?
町会・自治会などをベースに、区内全域で115組織あり、平時から、地域防災訓練の企画・運営、街頭にある消火器の管理、避難所運営会議の開催等、地域の防災力の向上のために日々活動されています。
町会・自治会とは異なり、年齢・性別・国籍を問わず、区民全員が防災会員という考え方となります。 

2 中野区防災リーダーとは?

防災会の一員として防災会の活動に属し、平時は、地域の防災訓練や研修等で防災に関する技術や知識を防災会員へと伝える役割、災害発生時には、実働的なリーダーとして防災会員を指揮し、初期消火・救出救護・安否確認・避難誘導等、減災のための活動の指導者としての役割を担うため、区が主催する「中野区防災リーダー養成講座」を受講することで、「防災士」の資格の習得等、地域の防災活動の担い手になるための正しい知識や技術を習得した者のことを中野区防災リーダーと呼びます。

3 防災リーダーの役割

平時(地域防災力向上のための活動)

1 地域の自主訓練の企画・提案、資機材の操作訓練等の指導を行う。

2 地域の避難所運営会議に参加し、避難所開設・運営訓練等への提案・支援を行う。

3 区の実施する訓練(総合防災訓練等)に参加し、訓練補助を行う。

災害発生時(地域を守るための活動)

1 初期消火・救出救助・応急救護・要支援者の安否確認等の発災初期対応に対する提案を行い、
地域の初動体制の指揮・命令系統の補助的役割を担う。

2 発災初期対応では、地域防災会の中核的存在として現場での実働リーダーを担う。

3 避難所運営役員へ避難所の開設・運営についての提案・補助を行う。

4 「中野区防災リーダー養成講座」について

実施状況

・平成28年度の実施状況はこちらからご覧ください。
・平成29年度の実施状況はこちらからご覧ください。
・平成30年度の実施状況はこちらからご覧ください。

1 区主催訓練(登録初年度のみ受講)

区が実施する全4回の訓練(防災資機材等操作訓練、図上訓練、座学訓練等)

2 フォローアップ講座(登録後毎年度受講)

区が実施する年数回の訓練(防災資機材等操作訓練、図上訓練、座学訓練等)

3 防災士養成講座(登録初年度のみ受講)

区が委託実施する防災士養成講座及び普通救命講習(未受講者)

※ 防災士資格取得試験を受験し、合格者は日本防災士機構へ防災士の資格登録を行います。

5 「防災リーダー養成講座」修了後の活動について

フォローアップ講座への参加

引き続き、区が実施する講座を受講することで、「防災リーダー養成講座」で得た知識や技術の維持・向上に努めます。

避難所運営会議や地域の防災訓練等への参画

避難所運営本部の一員として避難所運営会議に参画することで、避難所の運営の在り方等について防災会役員と共に考えるとともに、避難所開設・運営訓練等の企画・提案を行います。
また、地域の防災訓練の企画・運営等を通じて、「防災リーダー養成講座」で養った知識や経験を防災会員へと伝えます。

区主催の防災訓練等への参加協力

「中野区総合防災訓練」や「中野区防災講演会」など、区が主催する防災事業について、区からの要請があった場合には、積極的にこれに協力します。

6 防災リーダーの構成について(平成31年3月現在)

防災リーダーの内訳

防災リーダーの内訳

地域(防災会数)

人数(人)

地域(防災会数)

人数(人)

南中野(15)

14

上高田(9)

5

弥生(7)

10

新井(5)

6

東部(14)

26

江古田(6)

8

鍋横(6)

6

沼袋(3)

8

桃園(9)

7

野方(6)

13

昭和(8)

8

大和(5)

10

東中野(2)

6

鷺宮(16)

17

上鷺宮(4)

11

総数:15地域(115防災会)

計155人

年齢構成

年齢構成

年代(満年齢)

人数(人)

構成率(%)

(年代数/全体数)

20代

3

1.9%

30代

7

4.5%

40代

32

20.7%

50代

35

22.6%

60代

38

24.5%

70代

36

23.2%

80代

4

2.6%

7 お問い合わせ先

〒164-8501 中野区中野四丁目8番1号
中野区総務部 危機管理課 地域防災係
<電話番号>03-3228-8932
<ファクス番号>03-3228-5658
<メールアドレス> kikikanri@city.tokyo-nakano.lg.jp

このページについてのお問い合わせ先

総務部 危機管理課 地域防災係

区役所8階 12番窓口

電話番号 03-3228-8930
ファクス番号 03-3228-5658
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート