•  
  • メール
最終更新日 2017年1月11日
ページID 020616印刷

自転車の盗難にご注意ください

自転車は、便利で身近な乗り物ですが、その一方で盗難被害も後を絶ちません。
都内では、平成26年の1年間で56,085件の自転車の盗難が発生しています。

自転車防犯対策

防犯登録をする

自転車利用者は、法律で「自転車防犯登録」を受けるように義務付けられています。
防犯登録をすると盗難防止に視覚的な効果があり、また、盗まれた自転車の早期発見・返還につながります。
自転車を購入したときや譲り受けたときには必ず防犯登録をしましょう。

自転車盗難   自転車盗難2

必ずカギをかける

少しでも自転車から離れるときは、必ずカギをかけましょう。また、シリンダー錠などの防犯性の高いカギをかけるか、カギを2つ(ツーロック)かけるとより効果的です。

自転車駐車場を利用しよう

カギをかけていても路上に放置したままでは、盗難被害にあう可能性があります。自転車は、自転車駐車場に置くようにしましょう。

中野区では、中野区自転車等放置防止条例に基づき、自転車放置規制区域内にある放置自転車を即時撤去しています。放置規制区域外でも、放置されている状況に応じて、臨時に撤去しています。

放置自転車とは、利用者が自転車から離れてすぐに移動させることのできない自転車を指します。朝から夕方まで置いてある自転車だけではありません。

このページについてのお問い合わせ先

総務部 危機管理課 生活・交通安全係

区役所8階 15番窓口

電話番号 03-3228-8736
ファクス番号 03-3228-5658
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート