•  
  • メール
最終更新日 2008年4月20日
ページID 007417印刷

防災だより 第15号(2008年3月発行)

平成19年度防災講習会

 今年度は「防災に対する知識と技術の向上」をテーマに2月16日~17日の二日間の日程で行いました。
 

第1日目

 第1日目は中野区役所において「防災に対する知識の向上」をテーマに防災講演会を行い、過去の震災被害映像などを見ながら、災害に備える重要性と自助・共助の大切さを防災職員が解説しました。
 「ボランティアとしての阪神・淡路大震災」では、石神正義中野区副区長が神戸・三宮においておこなったボランティア活動の実体験から、「被災者の皆さんが本当に必要としてしたこと」、「ボランティアの働きや、その活動を支援するための人々の働き」などを聞き、被災地の現状を学んでいただきました。
 第2日目・第二部では「外出先で地震にあったら」をテーマに動画での説明と、参加者の皆さんとのやり取りを交え、日常生活の中での対処方法を中野消防署・防災指導担当・市川係長が分かりやすく説明されました。
 

第2日目

 第1日目は「防災技術の向上」がテーマ。中野消防署・野方消防署を会場に、「普通救命講習」を受講しました。
 初めて講習を受講される方や、以前に受講された方もいらっしゃいましたが、講師の方の説明が終り、グループ分けをして実技指導になると和やかな中にも真剣さがみなぎりました。
 心肺蘇生・AED操作などの救命技術を学んでいただき、緊急時の冷静な対応と有効な技術を身につけ「救命技能認定証」を参加した皆さんが取得しました。
 中野区防災講習会は1年に1回の開催ですが、東京消防庁では各種の救命技能講習を毎月実施していますので、受講希望の方はお近くの消防署へおたずねください。
 また、防災訓練や防災講演会を実施したいという方は、中野区防災分野へご相談ください。
 今年度は、10代の方から70代の方、71名の参加があり、資格を取得しました。
 来年度は民間資格である「防災士」の養成をテーマに実施していきますのでぜひご参加ください。

訓練報告

上高田地区総合防災訓練

 平成20年3月2日に上高田地区合同総合防災訓練が実施されました。去年の上高田二丁目公園から、今年は第五中学校に会場を移しました。
 会場の第五中学校では、避難所の備蓄資機材を使用した間仕切りの設営・仮設トイレ組立・浄水機の使用法などの訓練を行い、例年実施していた、炊き出し訓練・バケツリレー・応急救護訓練・軽可搬消火ポンプ操法訓練などと一緒に取り組むことが出来ました。
 また、第五中学校の生徒も多数参加し、防災会の人と一緒に身体を動かし、訓練に積極的に参加していました。
 消防署からは住宅用の火災警報器の展示が行われ、大型のテントの中ではビデオの放送や家具の転倒防止器具などを実際に手にとって見ることもできました。
 軽可搬消火ポンプ操法においては消防団の模範操法をもとに、各防災会、中学生による操法が行われました。
 最後に日赤奉仕団による炊き出しを食べ、活気ある訓練となりました。

訓練報告

若宮三丁目アパート自治会防災部図上訓練

 平成20年2月10日に若宮三丁目アパート自治会防災部で図上訓練が実施されました。
 この図上訓練では、アパートでの地震災害を想定して、防災会の役員さんが震災時にどういう行動をすれば良いのか、どんな問題が起こるかなどを話し合い、考えながらシナリオを作成しました。
 当日は参加者が、次から次へと出てくる問題に対して話し合い、解決策や様々な提案をして白熱した議論をしました。
 図上訓練は、参加者もシナリオ作成者も災害時の対応を理解できる訓練です。
 図上訓練を希望する団体は防災分野までお声がけください。

避難所備蓄物資のお知らせ

NTT災害時特設公衆電話

 仮設電話と避難所内にあるモジュラージャック(差込口)をつなぎ通信します。
 災害時には情報の伝達、収集が大切になります。訓練などで仮設電話の場所とモジュラージャック(差込口)の位置を見て確認しておきましょう。

このページについてのお問い合わせ先

総務部 危機管理課 地域防災係

区役所8階 12番窓口

電話番号 03-3228-8930
ファクス番号 03-3228-5658
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート