•  
  • メール
最終更新日 2014年8月4日
ページID 002967印刷

防災会(地域防災住民組織)

 地域防災住民組織である「防災会」は区内に115組織あります。
 阪神・淡路大震災では、倒壊家屋などからで自力で脱出できなかった被災者のうち80%近くの方が、近隣の人たちの協力により救出されています。いざという時には、防災会のみなさんによる組織的な行動が地域社会を守ります。
 地域にお住まいの一人ひとりが地域社会を災害から守る担い手であり、防災会の構成員です。
 

防災会の活動

 防災会では、災害に備えて、日ごろから防災知識の普及・啓発活動や防災訓練を消防署や警察署、中野区と協力・連携して実施しています。冬季には火災予防活動として、夜警を実施している組織もあります。
 

防災活動拠点と資機材

防災活動拠点

 区では、地域の公園・広場等を地域防災会の災害時の防災活動拠点としています。防災活動拠点には、防災資材倉庫・防火水槽・軽可搬消火ポンプ等を備えており、平常時には防災会の防災訓練等に使用されています。
 

資機材

 防災資材倉庫には倒壊家屋からの人命救助を目的とした次のような資機材が配備してあります。
軽可搬消火ポンプ、小型発電機、投光機、組立式リヤカー、車椅子、担架、油圧ジャッキ、バール、とびくち、のこぎり、手斧、ハンマー、救援ロープなど

防災活動助成(地域防災住民組織活動助成制度)

 防災会には災害発生時の初期消火活動のほか、救出・救護、高齢者などの災害要援護者の救援や避難所開設・運営など多くの役割が期待されています。
 区では、このような活動を担う防災会へ助成を行い、その活動を側面から支援することで、地域の防災行動力の強化を図っています。

このページについてのお問い合わせ先

総務部 危機管理課 地域防災係

区役所8階 12番窓口

電話番号 03-3228-8930
ファクス番号 03-3228-5658
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート