•  
  • メール
最終更新日 2020年6月1日
ページID 014534印刷

集合住宅の建築及び管理に関する条例

区では、集合住宅(共同住宅・長屋・寮・寄宿舎等)の居住水準の維持向上・周辺環境への影響の配慮・家族世帯向け住戸の供給の促進等を図るため、住戸面積、管理人室・駐車場・駐輪場の設置等の基準を定め、建築主の方に対し、建築確認申請等を行う前に、建築計画についての事前協議をお願いしています。

手続きの対象となる建築物

特定集合住宅

  • 階数が3以上かつ住戸数が12戸以上の集合住宅

集合住宅とは、共同住宅・長屋・寮・寄宿舎その他これらに類するものです。また、新築だけでなく増築・用途変更等により上記の規模の集合住宅になる場合も条例の対象となります。

小規模特定集合住宅

  • 住戸数が6戸以上12戸未満の集合住宅
  • 階数が3未満で住戸数が12戸以上の集合住宅
    集合住宅とは、共同住宅・長屋・寮・寄宿舎その他これらに類するものです。また、新築だけでなく増築・用途変更等により上記の規模の集合住宅になる場合も条例の対象となります。

主な規制内容

特定集合住宅

住戸の面積に関する基準

  1. 住戸の最低床面積
    各住戸の専用面積を25平米以上とすること。(専用面積は壁芯で計算し、ベランダ・バルコニー・パイプスペース・メーターボックスの面積は除く。)
  2. ファミリータイプ住戸の附置
    総戸数から11を減じた数に2分の1を乗じた数(小数点以下の端数が生じる場合は端数切り上げ。)以上の戸数をファミリータイプ住戸とすること。(ファミリータイプ住戸とは、40平米以上で複数の居室を持つ住戸。)

【注意】上記1.2の規定は一定の条件を満たす社員寮や学生寮等には適用されません。また、環境負荷低減に配慮した計画や高齢者の円滑入居に配慮した計画は上記2の規定が緩和・除外される場合があります。
詳しくは、中野区集合住宅の建築及び管理に関する条例中野区集合住宅の建築及び管理に関する条例施行規則及び事務取扱要領をご覧ください。

主な建築に関する基準

  1. 居室の天井高さ
    各居室の天井の高さは、2.3メートル以上とすること。
  2. 隣地境界線との距離
    外壁面から隣地境界線までの水平距離は50センチ以上とすること。(第一種低層住居専用地域、第二種低層住居専用地域、第一種中高層住居専用地域、第二種中高層住居専用地域、第一種住居地域、第二種住居地域、準住居地域の場合)
  3. 管理人室
    (1)管理人室を設け、管理人業務が行える設備(受付小窓、事務机、電話、便所等)を設けること。ただし、巡回による管理体制とする場合は、管理人用詰所を設ければよい。
    (2)24時間常時駐在する管理人による管理体制とする場合は、管理人室の専用床面積を18平米以上とすること。
  4. 自動車駐車場
    総戸数が50戸以上のものは、敷地内の道路に接する部分にサービス用車両が容易に駐車できる専用の屋外駐車施設(4.0×6.0メートル程度)を1箇所以上設ける。
  5. 自転車等置場(バイク置場を含む)
    (1)ファミリータイプ住戸数の2倍に、ファミリータイプ以外の住戸数を加えた数の台数を収容する自転車置場(バイク置き場を含む)を設けること。
    (2)自転車駐輪場は、1台あたり0.5メートル×2.0メートル以上とする。ただし、機械式駐輪設備を設ける場合は規定する台数分を確保すればよい。
    (3)窓先空地等、避難上支障の生じる場所以外に設けること。

【注意】上記以外にもごみ置き場やリサイクル集積場、消防水利の設置等に関して基準があります。詳しくは、手続きパンフレット中野区集合住宅の建築及び管理に関する条例及び中野区集合住宅の建築及び管理に関する条例施行規則をご覧ください。

主な管理に関する基準

  1. 管理体制
    (1)20戸未満:定時巡回による管理等の適切な管理
    (2)20戸以上30戸未満:週5回程度、1日につき日中4時間以上の駐在管理
    (3)30戸以上50戸未満:週5回程度、1日につき日中8時間以上の駐在管理(ただし、駐在管理を行う以外の時間を機械警備による管理にする等、常駐管理と同等以上と認められる管理を行う場合は、1日につき日中4時間以上以上の駐在管理とすることができる。)
    (5)50戸以上:常駐管理(ただし、駐在管理を行う以外の時間を機械警備による管理にする等、常駐管理と同等以上と認められる管理を行う場合は、1日につき日中8時間以上の駐在管理とすることができる。)
  2. 管理人氏名等の表示
    管理人の氏名・連絡先等を記載した表示板を、建築物の出入口付近の見やすい場所に設置する。
  3. 管理規則の作成・遵守等
    (1)入居にあたっての注意事項(特に騒音発生、ごみの不適切排出、違法な路上駐車・駐輪等迷惑行為の防止)を定めた管理規則を作成し、入居者に遵守させること。
    (2)入居者の表札の明示及び転入・転出に当たっての住所に関する届出を励行するよう、入居者を指導すること。
  4. ごみ・資源の排出に関する協議
    ごみ・リサイクル資源の排出方法について、清掃事務所および資源回収推進係と協議し、その協議結果を建築計画書により区長に報告すること。

小規模特定集合住宅

建築に関する基準

特にありません。

管理に関する基準

  1. 管理体制
    定時巡回による管理等の適切な管理を行うこと。
  2. 管理規則の作成・遵守等
    (1)入居にあたっての注意事項(特に騒音発生、ごみの不適正排出、違法な路上駐車・駐輪等迷惑行為の防止)を定めた管理規則を作成し、入居者に遵守させること。
    (2)入居者の表札の明示及び転入・転出にあたっての住所に関する届出を励行するよう、入居者を指導すること。
  3. ごみ・資源の排出に関する協議
    ごみ・リサイクル資源の排出方法について、清掃事務所及び資源回収推進係と協議し、その協議結果を建築計画書により区長に報告すること。

条例の届出

特定集合住宅

建築確認申請等の30日以上前までに標識を設置し、標識設置後5日以内に標識設置届及び建築計画書を提出してください。
(注意)中野区・東京都紛争予防条例 で15日と規定されている建築物及び中野区・東京都紛争予防条例の対象外の建築物については、「30日以上前」が「15日以上前」となります。

小規模特定集合住宅

建築確認申請等の前に建築計画書を提出してください。

届出様式

届出の様式は集合住宅の建築及び管理に関する条例の届出様式からダウンロードできます。

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(新しいウインドウが開きます)が必要です。

このページについてのお問い合わせ先

都市基盤部 建築課 建築審査係(意匠)

区役所9階 7番窓口

電話番号 03-3228-5596
ファクス番号 03-3228-5471
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後12時、午後1時から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート