•  
  • メール
最終更新日 2012年3月15日
ページID 005141印刷

東京都指定名勝 哲学堂公園 区指定文化財建物群 東洋大学創始者井上円了デザインの公園

哲学堂公園

 哲学堂公園は、明治39年に東洋大学創立者井上円了博士によって精神修養の場として開設されました。哲学や社会教育の場として整備された全国に例を見ない個性的な公園といえます。昭和50年に中野区立公園となってからも、古建築物の修復、整備を重ね、又区内でも有数の花の名所として親しまれる公園となっています。

園内ガイドマップ

哲学堂公園案内図
 

哲学堂

沿革  

由来

 哲学者、東洋大学創立者の井上円了博士が、明治37年小石川原町(文京区白山)に開設された哲学館大学(現東洋大学)を記念して「四聖堂」を建設し、これが「哲学堂」とも称されたのが、哲学堂の名の起こりです。

歴史

源頼朝の重臣、和田義盛の城址

  • 明治32年 井上円了博士 土地購入
  • 明治37年 「四聖堂」建設
  • 明治39年 「精神修養公園」とする
  • 明治42年~45年 哲理門、六賢臺、三學亭、常識門、髑髏庵、無盡藏建設
  • 大正2年~4年 宇宙館、絶對城、鬼神窟建設
  • 昭和19年 東京都に寄付
  • 昭和21年 都立公園として開園
  • 昭和22年 都は運動施設部分を追加開園
  • 昭和50年 都は東洋大学から残地を買収
  • 昭和50年 都から中野区に移管「中野区立哲学堂公園」となる
  • 昭和59年 古建築物6棟(哲理門、四聖堂、六賢臺、三學亭、宇宙館、絶對城)を中野区有形文化財に指定
  • 昭和60年~63年 文化財6棟の修復工事を実施
  • 昭和63年 前記6棟以外の古建築物6棟と公園自体(時空岡、唯心庭、唯物園の区域)を中野区有形文化財に指定
  • 昭和63~平成4年 哲学堂公園ルネッサンス構想を策定し、公園全体を再整備し、消失していたものを復元 
  • 平成21年 東京都名勝指定 群像彫刻「哲学の庭」設置

面積

52,494.08平方メートル 

特徴

中野区文化財指定 古建築物12棟 

東京都指定名勝

主な施設 

 公園全体は哲学に由来する空間に分けられており、創設者井上円了博士の構想に基づく施設や、建物が配置されています。

 哲学堂域 「哲学堂七十七場」として哲学に由来した名称がつけられている77の施設が園内に散在しています。(このうち3つの施設は文献がなく復元されていません。)以下に代表的な施設を紹介します。

公園内における商業目的での無断撮影は禁止とされています。

時空岡 じくうこう

 哲学堂として最初に創設された場所で、公園の中心的存在です。丘上の平坦をもって哲学の時間空間を表現しています。

時空岡(じくうこう)の写真
時空岡(じくうこう)

四聖堂 しせいどう

木造平屋建・方形・桟瓦葺・一重 

 釈迦・孔子・カント・ソクラテスの「四聖」を東西の哲学者の代表として祀るために建立された。哲学の将来的発展を祈念し哲学祭を開催した円了の意図が具現化された建物です。三間四面の小堂で四面とも正面。中央には哲学の起点、基礎となる二つの象徴として、心即ち精神は円形で光るものとして電球、物即ち物質は心を汚すものとして香炉がおかれています。これは、心が物欲で汚されても修養を積めば清浄な心は失われないことを表していて、内部、天井中央に装飾額があり、釈迦涅槃像(和田嘉平作)が堂内に安置してあります。堂内に南無絶対無限尊と刻んだ石柱、しょう唱ねんとう念塔をおいています。四聖の像(橋本雅邦画)「孔釈瑣韓」の四字額(副島種臣書)があり11月の哲学堂祭に掲額されます。

六賢臺 ろっけんだい

木造六角塔・外観2層・内部3層・相輪・一重・二重・桟瓦葺・外部板張 

 聖徳太子・菅原道真(日本)・荘子・朱子(中国)・龍樹・迦毘羅仙(印度)の六人を東洋的「六賢」として祀ってあります。赤色塗り、六角形の周囲六間の建物で、四聖堂の西に建っています。六賢の肖像を各面に扁額として掛け、名称を鋳刻してありましたが現在は見ることはできません。屋根の上に相輪と九つの法輪(九輪)があり、最上部に宝珠を付け屋根の棟瓦の一端に天狗がついています。

六賢臺(ろくけんだい)の写真
六賢臺(ろっけんだい)

三學亭 さんがくてい

木造平屋建・三角形「あずまや」配付・一重・本瓦葺 

 四聖堂が世界的、六賢臺が東洋的なものとされたのに対して、日本的なものとして建築された円柱3本で正三角形をつくる平屋のあずまやです。碩学を重んじ、平田篤胤(神道)・林羅山(儒道)・釈凝然(仏道)の三者を祀るものです。三角と音が通じることから、三角づくしの意匠とし、天井に石額(田中良雄刻)を掛けてあります。宇宙館の横、三角形の小さな丘は三角山とよばれ、その頂上に建っています。

三學亭(さんがくてい)の写真
三學亭(さんがくてい)

宇宙館 うちゅうかん (講堂)

木造平屋建・方形・桟瓦葺・二重・出隅に切妻ポーチ 

 哲理門を抜けた左手にあり、建物脇に幽霊梅(ゆうれいばい)があります。哲学が宇宙の真理を研究する学問であるとの観点にもとづき、さらに円了の考案で内部横斜めに皇国殿という八畳敷の一室を哲学の講習の講義室として設けられました。聖徳太子立像(和田嘉平作)が堂内に安置され屋根上部の棟部分に烏帽子がついています。

哲理門 てつりもん (妖怪門)

三間一戸木造平屋建・八脚門・本瓦葺切妻型・一重 

 四聖堂の正門にあたり、仁王の代わりに門の右側に天狗、左側に幽霊の彫刻像(田中良雄刻)を置いています。もとこの地に天狗松と幽霊梅があったことにちなみます。天狗は物的・陽性で、幽霊は心的・陰性なもので物質界・精神界とも根底に不可思議が存在している、という円了の妖怪観にもとづき、不可解の象徴とみなしました。瓦当には「哲」の字を用いています。

哲理門(てつりもん)の写真
哲理門(てつりもん)

絶對城 ぜったいじょう (図書館・読書室)

木造2階建・寄棟(腰折屋根)越屋根付・桟瓦葺一部鉄板葺・二重・外壁鉄板張・玄関陸屋根平屋・鉄板葺

 万巻の書を哲学界の万象とみたて、それを読み尽くせば「絶対の妙境」に到達するという寓意から図書館を絶対城と名づけました。円了の蔵書を中心とした図書館で、内部右側に国書・漢書を左側に仏書を収蔵していましたが、図書館本来の目的は果たさず今日に至っています。階上は観念脚と呼ばれる閲覧室になっており、現在はとりこわされている屋上には観察境と呼ばれる展望台がありました。

無盡藏 むじんぞう(陳列所)

2階建・瓦葺寄棟 

 階上を向上楼、階下を万象庫と名づけ、圓了が集めた諸国の記念物を陳列していました。

髑髏庵 どくろあん (休憩所・事務所)

平屋瓦葺 常識門隣り 

 往時、休憩室にあてられ、来客は俗塵に汚れた精神を清めて哲学的雰囲気に浸るものとして髑髏は俗心の死を表しています。

常識門 じょうしきもん

正門である哲理門に対する通用門

硯塚 すずりづか

硯をかたどった石碑

鬼神窟 きしんくつ(迎賓室)

2階建 髑髏庵から復活廊を通り、この屋に至れば精神は俗界を離れて霊化するとして、内室を接神室、楼上を霊明閣と呼びます。

靈明閣 れいめいかく

集会室として利用できます。

百科叢 ひゃっかそう 

時空岡に対して草木の茂る様の場所を名づけました。 

演繹観 えんえきかん

木造傘型 一本柱あずまや

四阿 切

唯心庭 ゆいしんてい

 世界の根源は精神であるとする唯心論を象徴した区域で、唯心論的呼称の各所が点在します。

唯心庭
唯心庭(ゆいしんてい)

心字池 しんじいけ

 唯心庭の中心的存在を成す池で心の形に掘られています。

倫理淵 りんりえん

 池の縁にあり川が臨める場所で、心を王とすれば倫理は左大臣とみたてています。

理性島 りせいじま

 倫理と心理の間の小島で、理性は心の奥底にある本性であることを示しています。

鬼燈 きとう

 人の心中に宿る鬼にも良心の光明は存するとする人心観を寓しています。人生観を例える狸燈に対したものです。

概念橋 がいねんきょう

 理性に達する道程には概念が存するとされました。

先天泉 せんてんせん

 心の奥深くに高妙尊厳な気持ちに接する感じをもつことを、先天の命令といい教育や経験を超越した最高のものとしています。泉の水が池に流れる様を先天の命令が心中に伝わりくる様子に例えました。

主観亭 しゅかんてい

 客観盧に対する名称で心界の休息所の意味であり、一休みして心界の風光を観察するのに最高の場所です。

唯物園 ゆいぶつえん

 唯心に対して、世界の根源は物質であるとする唯物論的寓意を象徴した区域で二大名勝のひとつです。

物字壇 ぶつじだん

 物という字がリュウノヒゲで造形されています。

客觀盧 きゃくかんろ

 客観とは耳目に触れる物界のことをいい、これに対する心を主観といいます。ここで一休みし、耳目に触れる音や物を観察し楽しむところです。

進化溝 しんかこう

 進化の根本は極め尽くせば神秘に帰するもので唯物論の究極もしかりというのを例えたものです。

神秘洞 しんぴどう

 進化溝の源の石窟で、暗黒は自然の幽玄深秘を表したものです

狸燈 りとう

 人間の心情には狸に類するものがあり、時には光輝ある霊性を発することもあるとして、腹中に燈篭を仕込んでいます。

後天沼 こうてんしょう

 後天とは哲学用語で人が生まれた後に経験を積み教育を重ねて発展することで、扇の形状をもって表しました。

原子橋 げんしきょう

 後天沼にかかる橋で、通称扇骨橋。万物の原子が自然の力により集合発展して末広く世界人文を開発する点を扇面で暗示しています。

自然井 しぜんせい

 自然に湧き出ている水で、天地自然より世界の原動力が間断なく発場する様子を例えています。

懐疑巷 かいぎこう

 唯物園と唯心庭のどちらにも行ける辻で「行こうか唯物、返ろうか唯心、此処が思案の懐疑巷」と言われる分岐点です。

さくらの広場区域

 区民に親しまれる桜林です。

つつじ園、菖蒲池区域

 池・流れのある空間として哲学堂域と園内で連絡し、創立の構想にはあったが実際には整備されなかった須弥苑の一部を須弥泉として築造しています。

つつじ園、菖蒲池区域の写真
つつじ園、菖蒲池区域

児童遊園区域

 常時開放区域です。

梅林区域

 妙正寺川をはさんで南側エリアにあり、梅の花の楽しめる区域です。

運動施設

野球場2面、テニスコート6面、弓道場

群像彫刻 哲学の庭 

「哲学の庭」はハンガリー共和国出身の故ワグナー・ナンドール氏の群像彫刻作品です。

2009年は日本とハンガリー共和国の外交関係140周年・国交回復50周年の記念の年にあたり、記念事業の一環としてハンガリー共和国から中野区に寄贈されました。

哲学の庭

撮影には管理者(日本体育施設グループ)への申請が必要になります。(撮影内容によってはワグナー・ナンドール記念財団に確認をとる場合があります。)

利用案内

 公園の管理・運営は「日本体育施設グループ」(新しいウィンドウが開きます)で行っています。

場所

中野区松が丘一丁目34番28号(公園事務所 電話番号 03-3951-2515)

交通

  • 西武新宿線新井薬師駅より徒歩12分
  • JR中野駅北口よりバス 江古田駅 池袋駅西口行き「哲学堂」下車
  • JR中野駅北口よりバス 丸山営業所 江古田の森 中村橋行き「哲学堂下」下車
  • JR中野駅南口よりバス 練馬駅 南蔵院行き「哲学堂下」下車

開園時間

時期によって開園時間が異なっておりますので、管理事務所(03-3951-2515)に、お問い合わせください。

入園料

無料

集会室(靈明閣)

 お問い合わせ・お申込みは、「日本体育施設グループ」へお願いします。

 施設案内 哲学堂公園

このページについてのお問い合わせ先

都市基盤部 公園緑地課 公園維持・管理係

区役所8階8番窓口

電話番号 03-3228-8032
ファクス番号 03-3228-5677
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート