•  
  • メール
最終更新日 2018年4月1日
ページID 002146印刷

樹木・樹林・生け垣の保護指定制度

区では「中野区みどりの保護と育成に関する条例」に基づいて、地域にゆかりある緑を保全するために、一定の基準を満たす樹木・樹林・生け垣を保護指定しています。
保護指定された樹木の維持管理に要する費用の一部を、所有者・管理者の方に対して区が助成しています。

平成30年4月1日より、助成金額を増額いたしました。
詳細につきましては、以下の各項目をご覧ください。

保護樹木の例
保護樹木の例

樹木の保護指定

一定の大きさを超える樹木を対象にします。
現地調査の上、検討いたします。

保護指定基準

  • 地上1.5メートルのところの幹回りが120センチ以上あること
  • 良好な景観であること

その他場所に応じて検討あり。

助成金額

  • 1本あたり10,000円 

樹林の保護指定

一定面積の樹木の集団(樹林)を対象にします。
現地調査の上、検討いたします。

保護指定基準

  • 面積300平方メートル以上の樹木集団(樹林)

その他場所に応じて検討あり。

助成金額

  • 300以上500平方メートル未満…30,000円
  • 500以上1,000平方メートル未満…40,000円
  • 1,000以上2,000平方メートル未満…60,000円
  • 2,000平方メートル以上…80,000円

生け垣の保護指定

手入れが行き届き、景観が優れた生け垣を対象にします。
現地調査の上、検討いたします。

保護指定基準

  • 生け垣の樹木の高さが1メートル以上あること
  • 延長が10メートル以上あること
  • 葉が密にあり、良好な景観を備え、かつ、管理が行き届いていること
  • 幅4メートル以上の道路に面していること(道路幅が4メートル未満の場合でも、道路中心線から2メートル後退〈セットバック〉して設置されていれば指定対象となりますのでご相談ください。)
    その他場所に応じて検討あり。

助成金額

  • 生け垣の延長1メートルあたり1,000円。


なお、新規に生け垣を設置する場合の助成については、下記関連ページの「生け垣等設置の助成制度」をご覧ください。

保護指定手続きの流れ

1 所有者からの指定相談 2 現場確認 3 所有者の同意・申請 4 保護指定決定通知 5 標識設置 6 翌年度より助成
詳しくは、下記関連ファイルの保護指定の手引き(PDF形式:319KB)をご覧ください。

なお、保護指定された樹木・樹林・生け垣の管理は、所有者(管理者)自身に行っていただきます。
また、助成は保護指定年度の翌年度からです。

保護指定樹木・樹林賠償責任保険について

保護指定樹木・樹林の倒木や枝折れによって第三者(物)に損害を与え、所有者が法律上の賠償責任を負った場合に備えて、賠償責任保険に加入しています。
この保険への加入及び保険料の負担は、区が行います。

関連ファイル

PDFファイルの閲覧には、Adobe Reader(新しいウインドウが開きます)が必要です。

このページについてのお問い合わせ先

都市基盤部 公園緑地課 緑化推進係

区役所8階9番窓口

電話番号 03-3228-5554
ファクス番号 03-3228-5677
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(祝休日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート