•  
  • メール
最終更新日 2012年7月2日
ページID 014870印刷

牛の肝臓(レバー)の生食用としての提供は禁止されました

 食品衛生法に基づいて平成24年度7月1日より、飲食店や販売店などの関係事業者がレバーを生食用として販売、提供することが禁止されました。
 レバーを含む食肉を生で食べることは食中毒のリスクがあります。中心部まで十分加熱して食べましょう。 目安は75℃1分以上です。

 食肉販売店、小売店等で未加熱のレバーを消費者に販売する場合、または飲食店でお客様が調理し、飲食する場合にはお客様に対し
 「加熱用です」
 「調理の際に中心部まで加熱してください」
 「食中毒の危険性があるため生ではたべられません」
等を店内やメニューに掲示して下さい。
 飲食店でレバーを原料として調理する場合は、レバーの中心部まで十分に加熱して下さい。

このページについてのお問い合わせ先

健康福祉部 生活衛生課 食品衛生係

保健所2階 3番窓口

電話番号 03-3382-6664
ファクス番号 03-3382-6667
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(土・日・祝日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート