•  
  • メール
最終更新日 2009年12月8日
ページID 001745印刷

衛生の基本、手洗い

衛生の基本は手洗です

「洗ったのに、まだ手にバイ菌が」のイラスト 
「ただいま」
「手を洗いなさい」
日常の手洗いの習慣はとても大切です。
でも、注意して洗わないとせっかく洗ったつもりでも、洗い残しがあったり、バイキンが残っていたりします。
 

衛生の基本 手洗い

手は働き者です。
汚れにまみれて働きます。
汚れた手のまま働き続けると、手の汚れをあちこちにつけることになります。
手には汚れだけでなく、バイ菌もついています。このバイ菌が、食べ物についたり口に入ったら、大変です。
外出から帰った時やお便所に行った後、お料理をつくる前や食事の前には、必ず手を洗いましょう。
健康な生活は手洗いから始まります。

指先から手首まで

手はとても複雑な形をしていますので、どうしても洗い方にムラがでます。

  1. 親指
  2. 指先の腹と背(つめ)
  3. 指の間
  4. 手のひらのしわ

この4箇所が特に洗浄不足になりやすいといわれています。
右の手順を参考に、洗浄不足になりやすい箇所を意識して洗うようにしましょう。

石けんで手を洗いましょう

みなさんはどうやって手を洗っていますか?水で洗い流して終わりにしていませんか。
一見きれいに見えても、汚れやバイ菌は指紋や手のシワの奥にひそんでいます。
石けんを使ってきちんと洗わないと、目に見えない汚れやバイ菌は落ちません。

手洗いの手順

  1. 手のひらを合わせ洗う
  2. 手の甲を伸ばして洗う
  3. 指先、つめの間を洗う
  4. 指の間を十分に洗う
  5. 親指をねじり洗い
  6. 手首を洗う

きれいな手で健康な毎日を
 

このページについてのお問い合わせ先

健康福祉部 生活衛生課 食品衛生係

保健所2階 3番窓口

電話番号 03-3382-6664
ファクス番号 03-3382-6667
メールフォーム
受付時間 月曜日から金曜日までの午前8時半から午後5時まで(土・日・祝日、年末年始を除く)

このページを評価する

ウェブサイトの品質向上のため、このページについてのご意見・ご感想をお寄せください。
より詳しくご意見・ご感想をいただける場合は、お問い合わせ・ご意見フォームからお送りください。

簡易アンケート